国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

湿田改良暗渠排水法要論

情報
操作方法

目次・巻号

  • 湿田改良暗渠排水法要論 [143]
    • 標題
    • 目次
    • 第一章 緖論/1
    • 第一節 耕地の變遷と其對策/1
    • 第二節 明渠排水と暗渠排水の比較/3
    • 第三節 暗渠排水の組織/7
    • 第四節 暗渠排水法の種類/8
    • 第五節 暗渠排水法の目的/9
    • 第二章 粗朶暗渠/9
    • 第一節 粗朶暗渠の特徵/9
    • 第二節 乾濕田に於ける水稻生育の狀態/10
    • 第三節 地下水位の檢定並に共程度/12
    • 第四節 地下水流の測定/13
    • 第五節 濕田の形態/16
    • 第六節 粗朶暗渠の溝深/18
    • 第七節 粗朶暗渠支線の配置法/19
    • 第八節 粗朶暗渠支線掘鑿法/23
    • 第九節 支線の粗朶布設法/25
    • 第十節 幹線の粗朶及管布設法/28
    • 第十一節 幹支線の配置法/30
    • 第十二節 粗朶暗渠の勾配/33
    • 第十三節 計畫の順序/34
    • 第十四節 排水法に於ける用水の保護/36
    • 第十五節 水閘据付法/38
    • 第十六節 水閘の使用法/41
    • 第十七節 難工法/42
    • 第十八節 掘鑿器具/43
    • 第十九節 管の切斷法/43
    • 第二十節 降雪地方に於ける管の保護/44
    • 第二十一節 降雪地方に於ける二毛作の栽培に就いて/45
    • 第三章 管暗渠/46
    • 第一節 管暗渠の特徵/46
    • 第二節 管暗渠の掘鑿並に布設法/46
    • 第三節 地下水の單位排水量/48
    • 第四節 管暗渠の排水量/54
    • 第五節 石礫暗渠其他/56
    • (一) 石礫暗渠
    • (二) 丸太暗渠
    • (三) 木箱暗渠
    • 第四章 揚水機並に原動機/68
    • 第一節 ポンプの種類/68
    • (一) 渦卷ポンプ
    • (二) 往復動ポンプ
    • (三) 軸流ポンプ
    • (四) バーチカル、ポンプ
    • 第二節 渦卷ポンプと往復動ポンプとの比較/72
    • 第三節 原動機と動力機/73
    • (一) 電動機
    • (二) 石油發動機
    • (三) ヂーゼル機關
    • (四) ガソリン發動機
    • 第四節 原動機の大さ/79
    • 第五節 重油機關と電動機との經常費比較槪說/84
    • 第六節 機場の基礎工事に就いて/96
    • 第七節 ポンプの据付並取扱及故障/101
    • 第五章 風車の槪說/108
    • 第一節 暗渠排水と風車/108
    • 第二節 風車の沿革/109
    • 第三節 現代に使用されつゝある風車/109
    • 第四節 風の階級/115
    • 第五節 風速と風壓/115
    • (イ) 風速の變化
    • (ロ) 風向の變化
    • 第六節 風車の馬力と廻轉數の大要/118
    • (イ) 馬力
    • (ロ) 風車の廻轉數
    • 第七節 風車塔の高さ/124
    • 第六章 宮城縣に於ける暗渠排水二、三の實例/132
    • 暗渠排水工事の仕樣書例
    • 第七章 暗渠排水工事助成規程/167
    • 第一節 暗渠排水の獎勵/167
    • 第二節 宮城縣下に於ける暗渠排水の助成規程/168
    • 第三節 福島縣下に於ける暗渠排水の助成規程/174
    • 第四節 山形縣下に於ける暗渠排水の助成規程/196
    • 第五節 岩手縣下に於ける耕地事業助成規程/198
    • 第六節 秋田縣下に於ける暗渠排水の助成規程/204
    • 第八章 事業資金/209
    • 第一節 預金部低利資金/209
    • 第二節 遞信省簡易生命保險積立金及郵便年金積立金/216
    • 一 簡易生命保險積立金
    • 二 郵便年金積立金
    • 第三節 普通資金/218
    • 第四節 耕地整理組合の債劵發行/220
    • 附錄
    • (一) 降雪地方に於る暗渠排水事業の實績報告/223
    • (二) 暗渠排水地區米糓實收比較表/225
    • (三) 土管並に混凝土管代價表/229
    • (四) 長崎村に於ける暗渠排水事業 門傳勝太郞/233
    • (五) 冷旱害對策としての暗渠排水事業 門傳勝太郞/240

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1220137/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館にご来館いただくか、送信サービスをご利用ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

個人向けデジタル化資料送信サービス(個人送信)を利用するには、サービスにログインする必要があります。以下のページからログインしてください。
デジタル化資料送信サービス(ログイン画面)
個人向けデジタル化資料送信サービスについて

ログインしても個人向けデジタル化資料送信サービスを利用できない場合は、以下のページをご覧いただき、「11-5 困った時は」に記載の表の「確認する点」に該当するケースがないか、ご確認ください。
国立国会図書館オンライン(ヘルプ(11.デジタル化資料送信サービス))

図書館向けデジタル化資料送信サービス(図書館送信)を利用する場合は、来館予定の図書館送信参加館へ利用方法の確認をお願いします。
図書館向けデジタル化資料送信サービス
図書館送信参加館一覧

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。
遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。