国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

服部先生古稀祝賀記念論文集

情報
操作方法

目次・巻号

  • 服部先生古稀祝賀記念論文集 [577]
    • 標題
    • 目次
    • 一 スピノザ哲學に於ける善惡の槪念 安倍能成/1
    • 二 文公家禮に就いて 阿部吉雄/25
    • 三 孔子の敎育法 秋月胤繼/41
    • 四 唐宋の地方誌に就いて 靑山定雄/55
    • 五 詩經に關する考察の一二 安藤圓秀/73
    • 六 朝鮮に於ける水軍の起原及び其の組織 池内宏/89
    • 七 燮理陰陽論 石田代治/105
    • 八 伯希和蒐集燉煌遺書中の三篇 石濱純太郞/117
    • 九 鈔本百二老人語錄及び其の著者 稻葉岩吉/121
    • 一〇 政の意義 今村完道/139
    • 一一 孝經贅辨 今井彥三郞/147
    • 一二 尚書孔傳と王肅 宇野哲人/165
    • 一三 周易より見たる政體の本質 鵜澤總明/171
    • 一四 執中小考 内野台嶺/183
    • 一五 五山詩僧の聯句 小野機太郞/195
    • 一六 淸初の三敎 小柳司氣太/203
    • 一七 高昌國に於ける儒學 大谷勝眞/213
    • 一八 重修廣韻以前の廣韻 岡井愼吾/227
    • 一九 孝經思想の倫理的批判 荻原擴/243
    • 二〇 郢爰考 加藤繁/267
    • 二一 姨考 加藤常賢/285
    • 二二 全人論に就いて 加藤盛一/299
    • 二三 鄭氏親屬記增訂 江澣/343
    • 二四 反切の一異例 金澤庄三郞/351
    • 二五 渤海扶餘府考 金毓黻/355
    • 二六 漢字配列法私案 久保猪之吉/369
    • 二七 段懋堂の雙聲說 倉石武四郞/377
    • 二八 心の分極作用に就いて 黑田亮/389
    • 二九 經說二首 吳承仕/399
    • 三〇 淸史商例 吳廷燮/401
    • 三一 朱子實在論探求の一過程 後藤俊瑞/409
    • 三二 杜詩を讀みて 佐久節/431
    • 三三 鄭說に据る感生帝及び其の郊祀 佐藤廣治/441
    • 三四 鄭玄別傳輯考 佐藤文四郞/455
    • 三五 Solomon and Herodotus in Japan 佐伯好郞/469
    • 三六 莊子の佛敎的思想 坂井喚三/493
    • 三七 訂正兩京新記 周叔迦/503
    • 三八 公羊の復讎論 島田鈞一/523
    • 三九 夫餘國の始祖東明王の傳說に就いて 白鳥庫吉/537
    • 四〇 元公牘零拾 杉村勇浩/571
    • 四一 君子字義考 鈴木虎雄/585
    • 四二 沈括以霓裳爲道調法典辨 孫人和/589
    • 四三 三定論 高瀨武次郞/593
    • 四四 帆足萬里考定盤庚 高田眞治/603
    • 四五 朝鮮學者の土地平分說と共產說 高橋亨/613
    • 四六 經傳用之䛐倒文釋 竹田復/631
    • 四七 入阿毘達磨論講疏玄義 張爾田/641
    • 四八 頤志齋鄭譜質疑 杖下隆之/647
    • 四九 宗敎と德 手塚良道/659
    • 五〇 金の李屏山撰「鳴道集說」について 常盤大定/673
    • 五一 渤海國官制補說 鳥山喜一/699
    • 五二 日本儒道の一考察 中山久四郞/715
    • 五三 宋刊單疏本の刊年について 長澤規矩也/731
    • 五四 孔門傳授の心法 成田衡夫/745
    • 五五 敦煌發見唐水部式の硏究 仁井田陞/761
    • 五六 荀子正文稽疑正名篇稿 野村岳陽/789
    • 五七 宋嘉泰重修三謝詩書後 橋川時雄/803
    • 五八 孝經述義の輯錄に就いて 林秀一/811
    • 五九 張子の成學過程に於ける二三の背景的考察 藤澤誠/827
    • 六〇 金阮堂と阮芸臺父子 藤塚鄰/843
    • 六一 孔壁尚書私考 本多龍成/859
    • 六二 乾隆十一年重修「范氏家乘」に就いて 牧野巽/871
    • 六三 上村四郞兵衞版「學的」 松月秀雄/887
    • 六四 日本近世儒林の史學と修史 武藤長平/899
    • 六五 詞源流考 目加田誠/925
    • 六六 字義同緣於構造同例證 楊樹達/941
    • 六七 續詩疑 安井小太郞/959
    • 六八 家の文字に就いて 山口察常/975
    • 六九 王門の薛中離に就いて 山田準/985
    • 七〇 朱子學に於ける識仁定性二篇の地位 吉田賢抗/995
    • 七一 元至元二十一年殘稅籍跋 羅振玉/1011
    • 七二 孔子作孝經證 倫明/1013
    • 七三 文明の行衞今いづこ 渡邊龍聖/1031

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1231617/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館にご来館いただくか、送信サービスをご利用ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

個人向けデジタル化資料送信サービス(個人送信)を利用するには、サービスにログインする必要があります。以下のページからログインしてください。
デジタル化資料送信サービス(ログイン画面)
個人向けデジタル化資料送信サービスについて

ログインしても個人向けデジタル化資料送信サービスを利用できない場合は、以下のページをご覧いただき、「11-5 困った時は」に記載の表の「確認する点」に該当するケースがないか、ご確認ください。
国立国会図書館オンライン(ヘルプ(11.デジタル化資料送信サービス))

図書館向けデジタル化資料送信サービス(図書館送信)を利用する場合は、来館予定の図書館送信参加館へ利用方法の確認をお願いします。
図書館向けデジタル化資料送信サービス
図書館送信参加館一覧

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。
遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。