国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

土木建築工事画報. 7(4)(74)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 土木建築工事画報
    • 1920~1929 (12)
    • 1930~1939 (38)
      • 1930 (12)
      • 1931 (11)
        • 7(1)(71) [51]
          • 『山と海と都市と』 / 表紙
          • 工事畫報名譽賛助員及編輯指導家氏名
          • 題新銳工事號/p2~2
          • 昭和六年を行く/p3~3
          • 南滿洲鐵道會社の甘井子石積込設備工事 / 那波光雄/p4~11
          • 橫濱港內國貿易用岸壁其他 / 鮫島茂/p12~13
          • 橫濱港に於けるブレースドシリンダー工事 / 編輯部/p14~21
          • 山口貯水池工事に就て / 小野基樹/p22~24
          • 山口貯水池堰堤工事視察記 / 記者/p25~31
          • 櫻宮橋架設工事に就て / 福留並喜/p32~35
          • 小口川第三發電所の工事に就て / 土屋祥三/p36~41
          • 冷凍工事と工事/p41~41
          • 新議事堂建築工事グラフ/p42~43
          • 樺太廳鐵道野久線野田泊居間工事竣功 / 鈴木保/p44~45
          • 混凝土材料配合裝置ウオーセクリーターに就て/p46~52
          • 工事タイムス / 編輯部/p53~55
          • 忍術の合理化その他 / 編編部/p53~55
          • 編輯だより/p56~56
        • 7(2)(72) [38]
        • 7(3)(73) [43]
        • 7(4)(74) [37]
        • 7(5)(75) [39]
        • 7(6)(76) [37]
        • 7(7)(77) [41]
        • 7(8)(78) [41]
          • 北上川改修工事福地水門 / 表紙
          • 國土を生かす河川工事その他――題言/p2~2
          • 河川工事の長老中川博士の壽像/p4~4
          • 公共埤圳嘉南大圳組合の大灌漑工事(其一)貯水池篇/p5~13
          • 鬼怒川改修五十里調整池堰堤工事用發電所に就て / 眞田秀吉/p14~17
          • 河川工事の新銳機關ディーゼル機關車と掘鑿機/p18~20
          • 荒川下流改修工事拔萃――小松川と船堀閘門/p21~22
          • 關宿水堰と閘門――(利根改修工事より)/p23~23
          • 關西地方工事特輯號豫吿 / 編輯部/p24~24
          • 竣成せる信濃川補修工事の槪況 / 宮本武之輔/p25~35
          • 北上川改修工事計畫槪要 / 坂本丹治/p36~40
          • 飯野川可動堰/p41~45
          • 飯野川可動堰の模型による實驗 / 靑木楠男/p46~47
          • 脇谷閘門と洗堰/p48~49
          • 脇谷水門/p50~51
          • 福地水門/p52~54
          • 武智式封鎻基礎工に就て / 越賀敏夫/p55~55
          • 工事相談――(ストツププラグに就て)/p56~56
          • 工事タイムス / 編輯部/p57~59
          • 編輯だより/p60~60
        • 7(9)(79) [40]
        • 7(11)(81) [34]
          • 嚴木川屋外自動發電所全景 / 表紙
          • 題言/p2~2
          • 新鐵道次官久保田敬一氏/p3~3
          • 淀川流域と低氣壓との關係に就て / 坂本助太郞/p4~11
          • 特輯 北關東大地震被害/p13~21
          • 道路と橋梁の被害 / 高田貞一
          • 河川工事の被害 / 眞田秀吉/p18~19
          • 鐵道橋梁の被害 / 中山忠三郞/p20~21
          • 東邦電力嚴木發電所工事槪要 / 畠山好伸/p22~30
          • ユニオン式坑道鋼板に就て / 一記者/p31~31
          • 嘉南大圳組合の大灌漑工事(其二)水路篇/p32~37
          • 鬼怒橋架換工事の大要 / 川越篤/p38~39
          • 小牧發電所竣功後の偉容と設備 / 石井頴一郞/p40~46
          • セメントモルタルの吹付工費(2)/p47~48
          • 學者の見た混凝土工事/p49~49
          • 工事タイムス / 編輯部/p50~51
          • 編輯だより/p52~52
        • 7(12)(82) [37]
      • 1932 (8)
      • 1933 (7)
    • 1940~1949 (9)

土木建築工事画報の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1489133/1

この資料は、著作権の保護期間中であるか、著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開をしていません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館または図書館送信参加館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

図書館送信参加館にご来館になる場合は、来館予定の図書館へ利用方法の確認をお願いいたします。
「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク) 」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

図書館向けデジタル化資料送信サービス(図書館送信)について
図書館送信参加館一覧
遠隔複写サービス の申し込み方

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。