国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

楽しい理科研究 : みんなでやろう

情報
操作方法

目次・巻号

  • 楽しい理科研究 : みんなでやろう [147]
    • もくじ
    • まえがき・毎日新聞社学生新聞編集部長 高柳武/1
    • 第一部 理科研究のしかた
    • 1. 樂しい理科研究―研究とはどんなことか/2
    • 2. 理科の研究問題/3
    • 3. 研究のすすめ方/5
    • 4. 研究のまとめ方/6
    • 5. 大切な理科研究―研究で身につく科学性/8
    • 第二部 中学生の研究
    • 1. 気象に関する研究/13
    • (1) 言い伝えの天気予報は正しいだろうか/13
    • (2) 寒冷前線第一号について/18
    • (3) 私の家の気温観測/21
    • (4) 雲量と気温は関係があるか/25
    • (5) 日本の夏の気温はどうなっているか/29
    • (6) 天気予報はどのくらい当っているか/31
    • 2. 地質・鉱物に関する研究/35
    • (1) 校庭の清水は,なぜわき出るか/35
    • (2) 貝の化石の種類と年代について/39
    • (3) 双沼の浮島はどのようになっているか/44
    • (4) 貝化石の採集と調査―現在の貝とどんな関係があるか/46
    • 3. 植物に関する研究/55
    • (1) 生垣にはどんな植物が用いられるか/55
    • (2) タケはどのように成長するか/58
    • (3) ヒマワリはどのようにして種子をつくるか/64
    • (4) 植物はどのようにして成長するか/67
    • (5) 葉脈はどのようになっているか/71
    • (6) 花粉はどんな形をしているか/76
    • (7) アサガオの葉の炭酸同化作用/79
    • (8) ナスの花から果実になるまで/83
    • (9) ホウセンカの種子はどのように散るか/88
    • (10) キウリの温度は気温とどんな関係があるか/92
    • (11) ジャガイモの茎の中のデンプンはどんな大きさか/95
    • (12) インゲンマメはどうすればよく発芽するか/98
    • (13) 種子は食塩水の中で発芽するだろうか/102
    • (14) 肥料をやりすぎると作物はなぜ枯れるか/106
    • (15) 雑草はどのように群落をつくるか/110
    • (16) スンプ法プレパラートの作り方/116
    • (17) 食物にはどんなカビが生えるか/119
    • (18) 空中にはどのくらいバクテリアがいるか/123
    • 4. 人体に関する研究/127
    • (1) 運動によって脈はくはどのように変わるか/127
    • (2) 私の体温の一日の変化/131
    • (3) ぼくたちのまわりで遺伝はどのように現われているか/134
    • (4) 食物で体重はどのように変わるか/139
    • (5) デンプンをかむとどのように糖化が進むか/143
    • 5. 動物に関する研究/147
    • (1) クモの網はどのようになっているか/147
    • (2) オタマジャクシはどのように発音するか/152
    • (3) トンボの羽化の観察/155
    • (4) ハエの飼育観察/159
    • (5) 私の村の野鳥の観察/163
    • (6) ハチの採集と分類/167
    • (7) カワリメダカの発見と飼育観察/173
    • (8) ナメクジはほんとうにとけるか/179
    • (9) アゲハチョウの一生/185
    • (10) アカタテハの変態/188
    • (11) 卵の鮮度は日がたつとどう変わるか/192
    • (12) ヒキガエルの骨格標本の製作/196
    • 6. 物理変化に関する研究/201
    • (1) どんな着物が温かいか/201
    • (2) 染料の色は日光でどのようにあせるか/205
    • (3) ふろ水はどのように熱くなるか/209
    • (4) つけものおけの水はなぜ凍りにくいか/214
    • (5) シャボン玉はなぜ球になるか/217
    • (6) 表面張力をはかるにはどうすればよいか/220
    • (7) 光度をはかるくふう/224
    • (8) 簡易照度計の製作と教室の明かるさの測定/227
    • (9) 電熱器の熱はどのくらい有効に使われるか/231
    • (10) ニッケルメッキはどうすればよくできるか/233
    • (11) ゲルマニウムを使った携帯受信機の作り方/239
    • 7. 化学変化に関する研究/243
    • (1) 神田川の水質検査/243
    • (2) 学校付近の井戸水の水質検査/247
    • (3) プールの水はどのようによごれているか/253
    • (4) デンプンは植物の種類でどのようにちがうか/258
    • (5) 果物にはビタミンCがどのくらい含まれているか/265
    • (6) ラムネの作り方/268
    • あとがき・東京都教育庁指導主事 北沢弥吉郎/272

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1622820/1

この資料は、著作権の保護期間中であるか、著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開をしていません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館または図書館送信参加館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

図書館送信参加館にご来館になる場合は、来館予定の図書館へ利用方法の確認をお願いいたします。
「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク) 」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

図書館向けデジタル化資料送信サービス(図書館送信)について
図書館送信参加館一覧
遠隔複写サービス の申し込み方

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。