国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

おかねと国民生活

情報
操作方法

解題/抄録

書誌の解題/抄録
今の世の中で現実におかねがどういうはたらきをしているかを物価や財政、企業等の事実にふれ解説。 (日本図書館協会)

目次・巻号

  • おかねと国民生活 [114]
    • もくじ
    • おかねというふしぎなもの―今の世の中は、交換によってなりたっている。おかねは、無数の交換がなめらかにおこなわれるための油のようなものである。/3
    • もののねうちをはかる単位―交換は同じねうちのものどうしの間でおこなわれる。だからおかねは、いろいろなもののねうちをはかるものさしであるといってもよい。/14
    • お札と硬貨―おかねの形でものを保存し、おかねの形で資本をうごかす。経済生活が進むにしたがって、おかねはさらに広いやくめをはたすようになる。/21
    • なぜ金や銀がおかねとなったか―最初のおかねは首かざりや刀や布のようなもので、実用にも使われていた。それが金や銀となり、ニッケルや銅となり、やがて紙幣があらわれる。/28
    • 物価をうごかすもとの力―たとえば魚や野菜のように、季節によってねだんのかわるものがある。また景気は物価を左右するが、いずれも需要と供給の関係のためである。/42
    • インフレーションと物価―日本では、戦争中と戦後に物価がもうれつにあがり、現在の物価は戦前の三五八倍になっている。これはインフレーションのけっかであった。/55
    • おかねと家計―人びとははたらいて収入を得る。収入の種類とその金額はどのくらいかをみよう。人によって、収入に大きなちがいがあることがわかる。/68
    • びんぼうと社会保障―みんなが平等に、幸福にくらす権利をもっている。これを実現するのが社会保障制度の目的だが、日本ではまだじゅうぶんに発達していない。/85
    • 国の台所、それは財政である―国が仕事をするためにも、おかねが必要である。国の政治や経済が発展するにしたがって、その額はだんだん大きくなってゆく。/94
    • 租税のとりかたが問題―四兆三一〇〇億円をどうしてあつめるか。これは国民の生活に直接ひびく大問題である。だから租税のとりかたが財政の中心になるといえよう。/106
    • 教育・文化費がふえた―戦争をしない日本では、軍事費は激減した。そして教育や文化のための費用や、困っている人の生活をたすける費用が、しだいにふえてきている。/119
    • 国と国とのとりひき―世界に対する国の経済関係は、国際収支によってあらわされる。国際収支が健全かどうかが、その国の経済のバロメーターである。/129
    • 輸出と輸入のつりあい―いつまでも輸入超過がつづけば、日本の経済は破産するほかはない。輸出をもっと増加できるかどうかに、日本の繁栄がかかっている。/142
    • 特需の収入と外資にたよる国―戦争をさかいにして、国際収支の内容はかわった。本来の貿易収支は赤字となり、いつ断たれるかわからない特需の収入と外国資金の導入だけにたよっている。/156
    • 事業につかうおかね―事業をいとなんで利益をえるためには、おかねを資本という形で使わなければならない。こんにちの事業は、株式会社のしくみがおおい。/166
    • 大きな企業と小さな企業―経済社会の競争がはげしい。大企業は大きな勢力をふるい、生活や金融などの面で、少数会社の独占という状態がつくられるようになる。/176
    • 銀行のもつやくわり―個人や企業からおかねをあつめ、それをまた事業にかしてやるのが銀行のやくめである。銀行のほかにも、いろいろな金融機関がある。/188

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1654656/1

この資料は、著作権の保護期間中であるか、著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開をしていません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館または図書館送信参加館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

図書館送信参加館にご来館になる場合は、来館予定の図書館へ利用方法の確認をお願いいたします。
「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク) 」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

図書館向けデジタル化資料送信サービス(図書館送信)について
図書館送信参加館一覧
遠隔複写サービス の申し込み方

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。