国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

金瓶梅. 続 下巻

情報
操作方法

目次・巻号

  • 金瓶梅 [177]
    • 第二十五回 皮員外が恨みを含んで訴え出、李師師の風流にも終りがあること/9
    • 第二十六回 汚れた靑樓の地に三敎堂が建ち、大覺寺の橫に百花が亂れ咲くこと/24
    • 第二十七回 二人の美人が佛殿に遊び、年とつた尼が蓮華經の話しをすること/35
    • 第二十八回 邪敎を見て婦人が心を亂し、齊堂で貧乏婿が花嫁にめぐり會うこと/47
    • 第二十九回 嚴父の友人がボロを見付けだし、放蕩息子が美人に血道をあげること/59
    • 第三十回 放蕩息子の父親が腹を立てて命をなくし、美人が母親もろとも嫁に行くこと/73
    • 第三十一回 春を戀つた娘が惡魔にとりつかれ、細君をこわがる若者が鳳凰の眞似をすること/86
    • 第三十二回 女夜叉が今生に暴威をふるい、袁玉奴が夢で前生の恨みを訴えること/95
    • 第三十三回 侯ちんばが妻を貰いたがつて訴訟を起し、丹桂が夜な夜な鬼につかれて魂を失うこと/109
    • 第三十四回 小さいものは役立たず大きいものは容れがたく、風流の鬼が佛門に入ること/121
    • 第三十五回 蓮淨が因果を悟つて香玉を救い、侯ちんばが前生を知つて道士になること/133
    • 第三十六回 毛橘塘が一服の藥で大金を儲け、胡員外が百萬の家を贈物にしようと計ること/152
    • 第三十七回 小人が財寳ほしさに金人に降り、惡人が美人を選んで媚を賣ること/170
    • 第三十八回 胡員外が百姓の怒りを買つて八つ裂にされ、毛橘塘が練兵場で矢の的になること/185
    • 第三十九回 董翠翠が騙されて騙を煮、屠本赤が報いを受けて犬の餌食になること/195
    • 第四十回 雪澗禪師が佛像を割つて宝石を得、趙居士が家財を擲つて寺を建てること/210
    • 第四十一回 年とつた後家が子供を失つて悲嘆にくれ、孝子が母親を尋ねて却つて捕われること/219
    • 第四十二回 金環を換えに行つて夫に出會い、主人にめぐり逢つた下僕が一人寢すること/228
    • 第四十三回 こそ泥が大頭目に僧侶を獻じ、坊さんを婿にしょうとして鞭を贈ること/238
    • 第四十四回 鴛鴦の帳で婿の和尙が經を談じ、虎狼の穴で妻の盜賊が僧衣を贈ること/247
    • 第四十五回 消息を知るために十方堂に紙を貼り、名を聞き誤つて甘露寺まで探しに行くこと/263
    • 第四十六回 めぐり逢つた母子が顏を合わせて氣付かず、緣あつて主僕がうまく行き會うこと/279
    • 第四十七回 罪の償いを終つて子供が母親に逢い、新たな緣が結ばれて旅人が故鄕へ歸ること/292
    • 第四十八回 仁義の人が金を持つて佛の道が興り、孝行と慈悲が具つて宝塔が建つこと/305
    • 下卷主要人物表/321
    • あとがき/323

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1659434/1

この資料は、著作権の保護期間中であるか、著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開をしていません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館または図書館送信参加館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

図書館送信参加館にご来館になる場合は、来館予定の図書館へ利用方法の確認をお願いいたします。
「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク) 」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

図書館向けデジタル化資料送信サービス(図書館送信)について
図書館送信参加館一覧
遠隔複写サービス の申し込み方

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。