国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

Collected papers of Wallace Hume Carothers on high polymeric substances; ed. by H. Mark [and] G. Stafford Whitby. New York, Interscience Publishers, 1940

情報
操作方法

目次・巻号

  • Collected papers of Wallace Hume Carothers on high polymeric substances; ed. by H. Mark [and] G. Stafford Whitby. New York, Interscience Publishers, 1940 [248]
    • CONTENTS
    • Introduction to the Series,“High Polymers”/5
    • Introduction to Volume I/8
    • Table of Contents/13
    • Biography by Roger Adams/15
    • Part One
    • Studies on Polymerization and Ring Formation/1
    • Introduction by H.Mark/3
    • I. An Introduction to the General Theory of Condensation Polymers/4
    • II. Polyesters/17
    • III. Glycol Esters of Carbonic Acid/29
    • IV. Ethylene Succinates/42
    • V. Glycol Esters of Oxalic Acid/54
    • VI. Adipic Anhydride/63
    • VII. Normal Paraffin Hydrocarbons of High Molecular Weight Prepared by the Action of Sodium on Decamethylene Bromide/68
    • VIII. Amides from ε―Aminocaproic Acid/78
    • IX. Polymerization/81
    • X. The Reversible Polymerization of Six―Membered Cyclic Esters/141
    • XI. The Use of Molecular Evaporation as a Means for Propagating Chemical Reactions/154
    • XII. Linear Superpolyesters/156
    • XIII. Polyamides and Mixed Polyester―Polyamides/165
    • XIV. A Linear Superpolyanhydride and a Cyclic Dimeric Anhydride from Sebacic Acid/168
    • XV. Artificial Fibers from Synthetic Linear Condensation Superpolymers/179
    • XVI. A Polyalcohol from Decamethylene Dimagnesium Bromide/190
    • XVII. Friedel―Crafts Syntheses with the Polyanhydrides of the Dibasic Acids/192
    • XVIII. Polyesters from ω―Hydroxydecanoic Acid/195
    • XIX. Many―Membered Cyclic Anhydrides(1)/202
    • XX. Many―Membered Cyclic Esters/212
    • XXI. Physical Properties of Macrocyclic Esters and Anhydrides.New Types of Synthetic Musks/221
    • XXII. Stereochemistry and Mechanism in the Formation and Stability of Large Rings/225
    • XXIII. ε―Caprolactone and Its Polymers/235
    • XXIV. Cyclic and Polymeric Formals/240
    • XXV. Macrocyclic Esters/248
    • XXVI. Meta and Para Rings/259
    • XXVII. Polydecamethylene Oxide/263
    • XXVIII. Preparation of Macrocyclic Lactones by Depolymerization/265
    • Part Two
    • Acetylene Polymers and Their Derivatives/271
    • I. Introduction by G.Stafford Whitby/273
    • II. A New Synthetic Rubber:Chloroprene and Its Polymers/281
    • III. The Addition of Hydrogen Chloride to Vinylacetylene/306
    • IV. The Addition of Hydrogen Bromide to Vinylacetylene,Bromoprene and Dibromobutene/311
    • V. The Polymerization of Bromoprene(Third Paper on New Synthetic Rubbers)/314
    • VI. Vinylethinylmagnesium Bromide and Some of Its Reactions/321
    • VII. Sodium Vinylacetylide and Vinylethinylcarbinols/323
    • VIII. α―Alkyl―β―Vinylacetylenes/329
    • IX. 1―Alkyl―2―chloro―1,3―butadienes and their Polymers(Fourth Paper on New Synthetic Rubbers)/331
    • X. The Chlorination of the Hydrochlorides of Vinylacetylene/335
    • XI. Dichloro―2,3―butadiene―1,3 and Trichloro―1,2,3―butadiene―1,3/340
    • XII. The Addition of Thio―ρ―cresol to Divinylacetylene/344
    • XIII. The Action of Chlorine on Dinvinylacetylene/348
    • XIV. The Dihydrochloride of Divinylacetylene/357
    • XV. Halogen―4―butadienes―1,2.The Mechanism of 1,4―Addition and of α,γ―Rearrangement/361
    • XVI. The Preparation of Orthoprenes by the Action of Grignard Reagents on Chloro―4―butadiene―1,2/368
    • XVII. Mercury Derivatives of Vinylacetylene/372
    • XVIII. 1―Halogen―2―vinylacetylenes/375
    • XIX. The Structure of Divinylacetylene Polymers/378
    • XX. The Addition of Alcohols to Vinylacetylene,etc/381
    • XXI. Homologs of Chloroprene and Their Polymers(Second Paper on New Synthetic Rubbers)/384
    • XXII. The Synthetic Rubber Problem/391
    • Part Three
    • Miscellaneous Papers/399
    • I. Association Polymerization and the Properties of Adipic Anhydride/401
    • II. Ueber die angeblichen Isomerien bei cyclischen Oxalsaeure―estern/402
    • III. ε―Caprolactone/407
    • IV. Polymers and Polyfunctionality/409
    • Bibliography and Patents/423
    • Authors Index/433
    • Subject Index/439

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1677290/1

この資料は、著作権の保護期間中であるか、著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開をしていません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館または図書館送信参加館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

図書館送信参加館にご来館になる場合は、来館予定の図書館へ利用方法の確認をお願いいたします。
「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク) 」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

図書館向けデジタル化資料送信サービス(図書館送信)について
図書館送信参加館一覧
遠隔複写サービス の申し込み方

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。