国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

ダンテの文学思想 : 「神曲」浄罪篇ⅩⅩⅣ,49-63を中心として

情報
操作方法

目次・巻号

  • ダンテの文学思想 : 「神曲」浄罪篇ⅩⅩⅣ,49-63を中心として [121]
    • 目次
    • 序/1
    • I ダンテの文学思想又は批評を組織づけるための基礎/1
    • II ダンテの文学思想の輪廓/9
    • (1) 古典文学に関する批評ローマ詩人中特にVirgiliusについての崇敬。
    • (2) Provençe文学についての意見―イタリアの所謂Poesia d’ArteとProvençe文学との関係―ダンテが選んだProvence詩人の範囲―及びその特色―triumviri―Sordelloについての考察。
    • (3) イタリア文学について―De Vulgari Eloquentiaの地位―その他の資料―
    • (1) Siculo―Provenzale―Sicilianumの意義―文学として興味の深い‘Contrasti’と‘Lamenti’―ダンテが選んだ詩人達―Jacopo da Lentino―過渡期を代表するGuittone d’Arezzo―Brunetto Latini―
    • (2) 新時代の「父」としてGuido Guinizelli―
    • (3) 所謂新詩派―Guido Cavalcanti―Cino da Pistoja―青年ダンテとその他の詩人達。
    • III ダンテの文学に関するマニフェスト/46
    • (1) ‘Le nuove rime’‘il dolce stil nuovo,’
    • (2) ‘dall’uno all’altro’,
    • (3) マニフェストについての再検討
    • IV ‘Le Nuove Rime’と‘Il Dolce Stil Nuovo’./63
    • V Dall’ Uno All’ Altro/68
    • (1) 旧新両派の詩風の区別―ダンテが与えた詩の標準に基づく区別―諸説の不十分なる点―
    • (2) Foreseの言葉に依る示唆―
    • (3) Vulgari Eloquentiaでcanzoneの論究を中絶した理由―
    • (4) ‘Mirabile Visione’の意味―この幻とCommediaとの関係―
    • (5) ‘Donna gentile’とダンテの内的革命―
    • (6) 二人のGuidoとは誰か―Guido GuinizelliとGuido Cavalcantiなりと推定する理由―流派の詩から独創的傑作へ。
    • VI ダンテの所謂Amoreについて/87
    • (1) ダンテに於けるamoreの思想とその展開―有生に於ける親近性と人間に於ける理性―宇宙の大法―人と人,人と自然,人と神との無碍融通―ダンテの体験―
    • (2) Vita NuovaとBeatrice―Beatriceへの愛を契機とするVita NuovaとConvivioとCommediaの親密な関係―ダンテの内的発展との関係―Vita Nuovaの構成要素―amoreの梯子―
    • (3) 聖女donna angelicataの誕生―感性美,智慧光,慈悲光,祝福―Beatrice,Lucia,Maria―
    • (4) ‘Donna gentile’は脇侍的位置―死せる本尊と活ける脇侍との対立と融和―残されてある事実上の問題―
    • (5) Convivioにいう比喩としての女性たる‘Filosofia’―新思想又は真実な智的追究―
    • (6) 地上楽園にてダンテが受けた厳しい問責の謎,これと同じ内容のものと考えられる言葉の意義―三様の解釈,
    • (1) 愛慾と道徳,
    • (2) 智識追求の問題,
    • (3) 詩の性質からの説明―ダンテ一身に於けるSturm―und―Drang.
    • VII イタリア文学に対する批判/116
    • (1) Siculo―provenzale―プロヴァンスのdolci canti d’amoriに於ける功罪―Daniel―シチリア詩派の模倣と陳腐と個性を欠くこと―ダンテが特にシチリア派を重要視した理由―Jacopo da Lentinoの女性礼讃―Guittone d’ Arezzoのamoreに関する思想―彼の重要な位置―詩人としての実際―Bonagiuntaが殊更に選まれたこと―
    • (2) 新興詩派(le vostre penne)
    • (a) Bologna 派を代表する Guinizelli―その性格と詩の特色―amore の思想―canzone:‘Al cor gentil ripara sempre amore’―その影響―
    • (b) 「高雅秀麗なる愛詩」―Guido Cavalcanti―彼とGuinezelli―彼の詩の特色―metafisica amorosa―canzone:‘Donna mi prega,perch’i voglio dire.―その解説と批評―Guidoの‘donna’―流を同じうする詩人達。
    • VIII ダンテの作品について/151
    • IX ダンテのRimeについて/164
    • X 結語/173
    • 註記/186
    • 索引/213

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1692917/1

この資料は、著作権の保護期間中であるか、著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開をしていません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館または図書館送信参加館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

図書館送信参加館にご来館になる場合は、来館予定の図書館へ利用方法の確認をお願いいたします。
「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク) 」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

図書館向けデジタル化資料送信サービス(図書館送信)について
図書館送信参加館一覧
遠隔複写サービス の申し込み方

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。