国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

デカメロン : 十日物語. 第2

情報
操作方法

目次・巻号

  • デカメロン : 十日物語 [107]
    • 目次
    • 二日目 デカメロンの初日は終り、二日目が始まる。この日は、フィロメーナの主宰の下に『人がさまざまのことで苦しめられた後、希望した以上に喜ばしい結末を得る』という題目で話される。/9
    • 第一話 マルテルリーノは麻痺患者と僞って、サント・アリーゴの死體の上に乘ってそれに觸り、全治したように見せかけたが、その僞りを發見されて、毆打された上、牢獄に入れられ、絞殺されそうな危險に瀕したけれども、最後にやっと危難を免れる。/10
    • 第二話 リナルド・ダスティは追剝に遭って、カステル・グイリエルモに辿りつき、或る寡婦の家に泊り、身に受けた損害を償われて、無事に身を全うして家へ戾りつく。/19
    • 第三話 三人の靑年が自分たちの財產を濫費して窮乏に陷る。彼等の甥は鄕國に歸る路すがら一人の修道士に逢い、それが實はイギリス國王の息女であったことを發見するが、彼女は彼を夫にし、彼の伯父たちにその損害を取戾してやり、再び彼等を裕福にする。/30
    • 第四話 ランドルフォ・ルッフォロは貧乏して海賊になり、ジェノヴァ人に捕えられたが、航海中難船し、高價な寶石の一ぱい詰まった箱にしがみついて難を遁れ、グルフォで或る女に發見され、富裕になって家に歸る。/44
    • 第五話 ペルージャのアンドレウッチョは馬買いにナポリに行き、一晩に三つの危難に遭ってどれからも遁れ、ルビー一個を持って家に歸る。/53
    • 第六話 マドンナ・ベリトーラは二人の息子を失い、或る島で二匹の仔鹿と共に住んでいるところを發見され、ルニジャーナへ行く。其處で息子の一人は彼女の領主に仕え、領主の息女と通じて牢に入れられる。その時、チチリア島民はカロル王に叛逆したが、息子は母親に發見され、領主の息子と結婚し、弟もまた發見され、兄弟とも再び高い地位に戾る。/74
    • 第七話 バビロニアのソルダーノ(皇帝)はガルボの王に娶わせようと自分の息女を送る。彼女は四年間諸所に於いてさまざまの危難に遭い、九人の男の手から手へ轉轉して、最後に處女として父親の手に歸り、所期の如くガルボの王の許へ妃として送られる。/96
    • 第八話 アングェルサ伯爵は寃罪で追放され、二人の子供を英國に別別に殘すが、人知れず歸って見ると、彼等は幸福な境遇にあるのを發見し、自分は廐の馬丁としてフランス王の軍に加わる。その後寃罪であったことがわかり、昔の地位に戾る。/129
    • 第九話 ジェノヴァのベルナボはアンブロジュオロに欺されて財產を失い、罪なき自分の妻を殺害することを命じる。彼女は危難を遁れ、男裝してソルダーノ(皇帝)に仕えるが、詐欺をした男を發見し、ベルナボをアレッサンドリアに來させ、その地で詐欺した男は罰せられる。彼女は再び女裝に戾り、夫と共に富裕になってジェノヴァに還る。/154
    • 第十話 パガニーノ・ダ・モナコがメッセール・リッチャルド・ダ・キンツィカの妻を奪う。リッチャルドは彼女の所在を知り、其處へ行き、パガニーノの友となり、妻の返還を賴む。彼は彼女が歸るのを欲するのなら返還しようと云うが、彼女は夫の許に歸るを欲せず、やがてメッセール・リッチャルドが死ぬに及んで、パガニーノの妻となる。/174
    • 略註/191

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1696908/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。