国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

World Engineering Congress, Tokyo 1929 = 萬國工業會議 : proceedings. VOLUME5

情報
操作方法

目次・巻号

  • World Engineering Congress, Tokyo 1929 = 萬國工業會議 : proceedings [328]
    • Proceedings of the World Engineering Congress VOLUME V Precision Machines and Instruments Aeronautics and Aeronautical Engineering (Section II of Congress)
    • Contents
    • 1. Precision Machines and Instruments for the Measurement of Length(No.335):BY G.K.BURGESS,DR.(U.S.A.)/1
    • 2. The“Ultramicrometer”,a New Instrument for Measuring Very Small Displacement or Motion,and Its Various Applications(No.184):BY J.OBATA,RH.,PROF.(JAPAN)/79
    • 3. On Calibration of the Cambridge Extensometer(No.169):BY T.FUKUHARA,PROF.(JAPAN)/93
    • 4. 精密機械器具に就て(Precision Machines and Instruments)(No.384):BY J.IMAI(JAPAN)/99
    • 5. Precision Instruments and Machines(No.709):BY K.AKASHI(JAPAN)/109
    • 6. Pyrometer Manufacture in Japan(No.663):BY S.SHIMIZU,G.ASAHARA,RH.(JAPAN)/121
    • 7. Piezo‐electricityを利用せるBalancing Machine(Balancing Machine using Piezo‐Electricity)(No.633):BY T.MIYAMOTO(JAPAN)/127
    • 8. A New Design of the Cathode‐Ray Oscillograph and Its Application in the Measurement of Piezo‐Electricity(No.632):BY S.WATANABE(JAPAN)/141
    • 9. A New Ultra‐Speed Kinematographic Camera taking 40,000 Photographs per Second(No.735):BY T.SUHARA,KH.,PROF.(JAPAN)/157
    • 10. The Magnoscope,our Electrical Stethoscope(No.701):BY A.SATO,PROF.,H.NUKIYAMA,PROF.(JAPAN)/171
    • 11. A Magnetic Field Determining Apparatus(No.665):BY S.SHIMIZU(JAPAN)/183
    • 12. The Work of the Aeronautic Research Institute at the Imperial University of Tokyo(No.724):BY BARON C.SHIBA,KH.,PROF.(JAPAN)/195
    • 13. Ueber den Einfluss von eingebauten Motorgondeln auf die Luftkrafte eines Tragflugels(No.203):BY C.WIESELSBERGER(JAPAN)/201
    • 14. On the Induced Velocity due to the Oscillation of Main Plane(No.655):BY K.WADA,KH.,PROF.(JAPAN)/211
    • 15. 不連續流に依る翼理論に關する實驗(Some Experiments on the Aerofoil Theory by the Method of Discontinuous Flow)(No.391):BY R.FUKATSU(JAPAN)/225
    • 16. A Contribution to the Theory of the Aerofoil(No.182):BY T.NODA(JAPAN)/241
    • 17. The Spinning Nose Dive of Aeroplanes(A Theoretical Investigation)(No.696):BY V.S.PYSHNOV,PROF.(U.S.S.R.)/257
    • 18. The Development of the Flying Boat in Great Britain(No.260):BY W.O.MANNING(G.B.)/315
    • 19. The Design,Production and Use of Steel Aircraft(No.263):BY H.N.WYLIE(G.B.)/335
    • 20. The Case for the Monoplane(No.264):BY H.DAVIES(G.B.)/367
    • 21. The Practical Application of Navigation(No.262):BY E.L.JOHNSTON(G.B.)/375
    • 22. La Stabilisation Automatique des Avions,la “Perte de Vitesse”et la Girouette Constantin(No.733):BY H.ENGELHARDT(FRANCE)/393
    • 23. On the Role of Turbulence in Technical Hydrodynamies(No.504):BY L.PRANDTL,DR.PHIL.,DR.ING.,PROF.(GERMANY)/405
    • Discussion/418
    • 24. Flight Path for Minimum Time in Uneven Distribution of Wind(No.788):BY T.SUHARA,KH.,PROF.(JAPAN)/421
    • 25. 與へられたる Aerofoil の Lift Coefficientを求むる實用計算法(A Practical Method of Calculation for Lift Coefficient of a given Aerofoil)(No.70):BY T.ASANO,H.HYMASHITA(JAPAN)/423
    • 26. The Development of the Automatic Slot for the Control of Aircraft(No.619):BY G.LACHMANN,DR.ING.(JAPAN)/433
    • 27. On Overloading the Aeroplane(No.761):BY T.OGAWA(JAPAN)/447
    • 28. The Needs and Problems of the Airplane Designer(No.721):BY E.P.WARNER,PROF.(U.S.A)/465
    • 29. The Use of Air Cooled Engines for Civil Aircraft(No.261):BY A.H.R.FEDDEN(G.B.)/475
    • 30. Aerodrome and Air Route Lighting(No.259):BY C.E.WARD,CAPTAIN(G.B.)/525
    • 31. On a New Method of Flying Test(No.6):BY R.FUJII(JAPAN)/543
    • 32. Luftbildwesen und Luftbildmessung in Deutschland(No.410):BY EWALD,DR.ING.(GERMANY)/567
    • 33. Improvement of Fiat Engine Design and Construction(No.579):BY C.F.BONA(ITALY)/631

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1700640/1

この資料は、著作権の保護期間中であるか、著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開をしていません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館または図書館送信参加館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

図書館送信参加館にご来館になる場合は、来館予定の図書館へ利用方法の確認をお願いいたします。
「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク) 」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

図書館向けデジタル化資料送信サービス(図書館送信)について
図書館送信参加館一覧
遠隔複写サービス の申し込み方

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。