国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

朝日ジャーナル. 17(36)(861)

情報
URL表示
操作方法

目次・巻号

  • 朝日ジャーナル
    • 1950~1959 (42)
    • 1960~1969 (528)
    • 1970~1979 (523)
      • 1970 (51)
      • 1971 (49)
      • 1972 (54)
      • 1973 (52)
      • 1974 (52)
      • 1975 (56)
        • 17(1)(826) [77]
        • 17(2)(827) [53]
        • 17(3)(828) [53]
        • 17(4)(829) [53]
        • 17(5)(830) [53]
        • 17(6)(831) [53]
        • 17(7)(832) [53]
        • 17(8)(833) [57]
        • 17(9)(834) [53]
        • 17(10)(835) [53]
        • 17(11)(836) [67]
        • 17(12)(837) [53]
        • 17(13)(838) [61]
        • 17(14)(839) [53]
        • 17(15)(840) [53]
        • 17(16)(841) [53]
        • 17(17)(842) [53]
        • 17(18)(843) [31]
        • 17(19)(844) [53]
        • 17(20)(845) [61]
        • 17(21)(846) [53]
        • 17(22)(847) [53]
        • 17(23)(848) [53]
        • 17(24)(849) [53]
          • 革命とは何か その人間模様--明暗を分けた対応の姿勢(解放サイゴン詳報) / 井川一久/p4
          • 日本企業はナミビアから手を引くべし--バンダ国連理事会議長にきく / ルピア バンダ ; 北沢洋子/p10
          • 大衆に依拠する医療--予想以上に素晴らしいがなかなか真似のできぬこと(中国訪問記) / 日比逸郎/p16
          • "理想"の筑波大学2年目の現実--中国語講師をあっさり解雇 モノが言いにくい学生 教師 / 中島雄一/p22
          • 《女が斬る》中村武志 / 小沢遼子 ; 桐島洋子/28
          • ヨ-ロッパと私-4完-ロマネスク美術(海外レポ-ト) / 粟津則雄/p30
          • 詩人のノート(34)深夜の朗読 / 田村隆一/36
          • 矢内原忠雄伝-30- / 矢内原伊作/p38
          • 学校をひらく 身代わり / N/44
          • ゴヤ(3)-20-アトリエにて-1- / 堀田善衛/p45
          • カラー・思索の旅(124)ノルマンのシチリア(イタリア) / 遠藤紀勝/51
          • 日本語の源流を探る--村山七郎・大林太良「日本語の起源」・村山七郎「日本語の語源」・村山七郎「日本語の研究方法」(思想と潮流) / 土田滋/p57
          • 「橘樸と佐藤大四郎」 / 橋川文三/60
          • 「白いアメリカよ,聞け」 / 高橋徹/61
          • 「飛驒白川村」 / 瀬川清子/63
          • 「日本切支丹宗門史」 / 小島信夫/60
          • 〈談話室〉 / 六星/64
          • 〈洋書のしおり〉コーン・ベンディット「大いなるバザール」 / 迷/65
          • 文化ジャーナル //66
          • 派兵 第3部(28) / 高橋治/71
          • 奈良 / 河野アサ/76
          • 広島 / 冬城浩/79
          • 愛媛 / 図子英雄/82
          • 福岡 / 堀勇蔵/85
          • 鹿児島 / 江守善三/89
          • 沖縄 / 池田和/92
          • アジア素描 インドラキラヘ / 美野幸枝/96
          • 状況適合を生命とした佐藤政治 / 富森叡児/p98
          • 表紙のことば / 永原達郎/102
        • 17(25)(850) [53]
        • 17(26)(851) [53]
        • 17(27)(852) [53]
        • 17(28)(853) [61]
        • 17(29)(854) [53]
        • 17(30)(855) [53]
        • 17(31)(856) [75]
        • 17(32)(857) [53]
        • 17(33)(858) [61]
        • 17(34)(859) [53]
        • 17(35)(860) [61]
        • 17(36)(861) [53]
          • 「複合汚染」に救いはあるか / 華山謙 ; 星野芳郎 ; 有吉佐和子/p4
          • "糾弾"された合成洗剤追放運動--島根県大田市の場合 / 中島雄一/p12
          • 「暴力」を裁けなかった現行法--クアラルンプ-ル事件の超法規性 / 井川一久 ; 高瀬昭治/p16
          • 極めて強い平和統一の願望--金日成主席と自民党議員団の会見記 / 田村元/p20
          • 世界の穀倉・南ベトナムになぜ コメを送るか / 清水谷子/24
          • 海外ジャーナル //26
          • アメリカ政治紀行(1973~1975)-2-ラテン系アメリカ人 / 今川瑛一/p28
          • アジア素描 ビッグ・カントリー / 永島保/33
          • 《女が斬る》梶原一騎 / 小沢遼子 ; 桐島洋子 ; 泉谷久美子/34
          • 矢内原忠雄伝-40- / 矢内原伊作/p36
          • 詩人のノート(45)海と人間 / 田村隆一/42
          • 学校をひらく 生徒たちの菜園 / 沖/44
          • ゴヤ(3)-30-「5月の3日」の上 / 堀田善衛/p45
          • カラー・思索の旅(131)エクアドル / 納見明徳/51
          • 教育における論理性の重視--宮城教育大学教授学研究会「教授学研究年報1」,板倉聖宣「科学の学び方・教え方」,佐伯胖「"学び"の構造」(思想と潮流) / 佐藤忠男/p57
          • 「死者たちの日々」 / 高史明/60
          • 「遊戯と労働の弁証法」 / 赤塚行雄/61
          • 「政治的市民の復権」 / 樋口謹一/62
          • 「日本海の謎」 / 安井正/64
          • <文庫本>「アンデルセン童話集」 / 家永三郎/60
          • <談話室> / 六星/65
          • <洋書のしおり>イヴァン・イリッチ「医療の復讐」 / 迷/66
          • 文化ジャーナル //68
          • 派兵 第3部(38) / 高橋治 ; 上條喬久 ; 鬼沢邦/73
          • 「プロ独裁」学習運動下の中国-中-婦女頂半辺天 / 土井正行/p78
          • ラロック氏が広島で見たもの--核戦争回避の研究所設けよう / ジ-ン・R. ラロック ; 和田敏彦/p82
          • ラロック氏が社・公両党に語ったこと--在日米軍基地は撤去できる / 高瀬昭治/p85
          • 反体制の道化師=イッピ- / ジェリ- ル-ビン ; 金坂健二/p88
          • イッピ-=バカ騒ぎの革命家たち / J.K. フィッシャ- ; 市雄貴/p94
          • 自由な百姓 ベイカなど知らん / 山下惣一/98
          • 風声 / 原伊市/96
          • 読者から //99
          • 表紙のことば / 三尾公三/102
        • 17(37)(862) [54]
        • 17(38)(863) [53]
        • 17(39)(864) [53]
        • 17(40)(865) [63]
        • 17(41)(866) [53]
        • 17(42)(867) [53]
        • 17(43)(868) [53]
        • 17(44)(869) [53]
        • 17(45)(870) [53]
        • 17(46)(871) [53]
        • 17(47)(872) [53]
        • 17(48)(873) [53]
        • 17(49)(874) [53]
        • 17(50)(875) [53]
        • 17(51)(876) [53]
        • 17(52)(877) [53]
        • 17(53)(878) [53]
        • 17(54)(879) [51]
        • 17(55)(880) [83]
        • 17(56)(881) [53]
      • 1976 (53)
      • 1977 (52)
      • 1978 (53)
      • 1979 (51)
    • 1980~1989 (225)

朝日ジャーナルの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1725444/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示するその他ボタンをクリックして[URL]ボタンをクリック*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※HLS(HTTP Live Streaming)による配信・再生に対応するブラウザ・プレイヤーをお使いの場合はシークバーのドラッグが可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。