国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

朝日ジャーナル. 24(25)(1219)

情報
URL表示
操作方法

目次・巻号

  • 朝日ジャーナル
    • 1950~1959 (42)
    • 1960~1969 (528)
    • 1970~1979 (523)
    • 1980~1989 (225)
      • 1980 (52)
      • 1981 (53)
      • 1982 (52)
        • 24(1)(1195) [81]
        • 24(2)(1196) [57]
        • 24(3)(1197) [57]
        • 24(4)(1198) [61]
        • 24(5)(1199) [61]
        • 24(6)(1200) [58]
        • 24(7)(1201) [57]
        • 24(8)(1202) [61]
        • 24(9)(1203) [61]
        • 24(10)(1204) [58]
        • 24(11)(1205) [61]
        • 24(12)(1206) [89]
        • 24(13)(1207) [71]
        • 24(14)(1208) [61]
        • 24(15)(1209) [59]
        • 24(16)(1210) [60]
        • 24(17)(1211) [59]
        • 24(18)(1212) [61]
        • 24(19)(1213) [61]
        • 24(20)(1214) [57]
        • 24(21)(1215) [57]
        • 24(22)(1216) [62]
        • 24(23)(1217) [75]
        • 24(24)(1218) [79]
        • 24(25)(1219) [61]
          • ニュースの目 国会軍縮決議の舞台裏 //6
          • ソ連KGB議長の書記局入り //8
          • 敗北のしかた--「ピ-ス缶爆弾」の真相を明かす / 牧田吉明/p21
          • 解説 牧田証言の衝撃 / 高木正幸/p24
          • 「ソフト社会」には大失業の"爆弾"も / 酒井武史 ; 川田泰弘 ; 飯田隆/p10
          • 日本はかなり悪くなっている? / 飯田経夫/p17
          • 先端技術がもたらす光と影 / 牧野昇/p18
          • ロ-ラ-スケ-トとスワッピング / 石川喬司/p19
          • "減分主義"から政策路線の右旋回へ--第二次臨調の政治的役割 / 小島昭/p96
          • 舞台裏で入り乱れる政・財・官の思惑--臨調を動かすのは誰か / 朝日 ジャ-ナル 編集部/p100
          • 福祉を切り捨てる臨調の「活力信仰」--社会保障をどうとらえるべきか / 暉峻淑子/p104
          • 野坂昭如10時間討論 原子力発電を疑う-3-原発は,ピンチに登場のリリ-フ投手なのか / 佐久間稔 ; 野坂昭如/p30
          • 沖縄が沖縄自身を問う現代ユタ論争--"死者との対話"は近代化に有害か / 松田修/p90
          • 立花隆のロッキ-ド裁判報告--「まっ白」はありえない橋本,佐藤と灰色高官 / 立花隆/p110
          • 財田川事件再審裁判報告--重要証拠に冷淡だった鑑識官 / 鎌田慧/p26
          • 東郷茂徳・一外交官の形成-1-戦いの記録--「時代の一面」 / 萩原延寿/p44
          • 日本遠近-5-自治都市的側面 / 久野収/p36
          • 九州民族学研究のクライナ-氏--西日本は民主主義の源流である(ぴ-ぷる・いんたなしょなる) / Josef Kreiner ; 市雄貴/p42
          • 素顔の東ドイツ-12-教会は一牧師の自殺で救われた / 仲井斌/p48
          • 光芒の1920年代-34-ベルリン精神分析研究所--悲劇的最期を遂げたフロイトの弟子たち / 安田一郎/p84
          • カラー われら地球市民-アメリカ-スー族の聖なる山「パハサパ」 / W・R・ビショップ/58~
          • 「杏花爛漫」(23) / 井出孫六 ; 櫻井寛/53
          • 布施鉄治編著「地域産業変動と階級・階層」--注目に値する炭都・夕張の生活構造的解明(思想と潮流) / 中鉢正美/p65
          • 再読未読 『法人海外発展史』 / 矢野暢/67
          • 『アメリカに未来はあるか』Ⅰ・Ⅱ / 阿部斉/68
          • 『幻の花ー和田博雄の生涯』上・下 / 清水慎三/69
          • 『絵本アフリカの人びと』 / 川田順造/71
          • 『正岡子規』 / 尾形仂/73
          • 500字紹介 『数学大明神』ほか //72
          • 本の世界 歴史を参考書から解き放つ 北山茂夫氏 //75
          • 洋書の窓 カナダにラブレー文学あり ほか //76
          • 文化ジャーナル //78
          • 学校をひらく 「内申書裁判」を裁く //63
          • 極点 与那国の山桃酒 / 立松和平/118
          • ランダム・スクウェア'82 //94
          • 読者から //114
        • 24(26)(1220) [57]
        • 24(27)(1221) [66]
        • 24(28)(1222) [62]
        • 24(29)(1223) [59]
        • 24(30)(1224) [73]
        • 24(31)(1225) [62]
          • 参院全国区の比例代表制 //6
          • カンボジア問題に変化の兆し //8
          • 先入観が事実に裏切られるスリル / 加賀乙彦 ; 柳田邦男/p11
          • 11人の第一線実作者は発言する //18
          • 戦後の主要作品年譜 //23
          • 生きるための指針からノゾキ趣味的楽しみまで / 篠田一士/p24
          • 官僚機構と地域エゴがもみくちゃにしたアセスメント--駒ケ根市にみる下水道の政治学 / 中西準子/p108
          • 堀木訴訟最高裁判決にみる「暗部」 / 佐藤進/p104
          • 「韓国語・朝鮮語」問題を考える / 崎谷哲夫/p92
          • 平和統一への一歩はまず用語から / 徐竜達/p93
          • このユニ-クで,魅力あふれる言語 / George O. Totten/p97
          • ソウルの"原宿"に見た若者たちの覇気--「辱歯の間」を埋めるのは誰か(韓国ルポ) / 高瀬昭治/p100
          • ジャワ農村休暇滞在記-上-極貧を抱え込む共同体には精霊と動物も参加していた / 小泉允雄/p40
          • 日本映画はよみがえるか--ニュ-ウェ-ブの旗手20氏に聞く-上- / 酒井武史 ; 長嶺高文/p32
          • 東郷茂徳・一外交官の形成-7-奉天--大陸政策の前哨基地 / 萩原延寿/p48
          • アート・バックウォルドの逆説世界 喉絞めへの疑問の数々 / 平尾圭吾/115
          • 朝鮮系米人の歴史学者李さん--日本は,強制連行の負債を払え(ぴ-ぷる・いんたなしょなる) / 市雄貴 ; 李雲子/p38
          • 素顔の東ドイツ-18-四つの衛星政党従えた一党支配 / 仲井斌/p44
          • 特派員リレ-エッセ---ロサンゼルス 汽車に揺られて / 菊地育三/p28
          • 光芒の1920年代-39-自動車文化--アメリカ的個人主義を完成させた装置 / 粉川哲夫/p86
          • カラー われら地球市民-中国-シルクロードの遊牧民・キルギス族 / 藤木高嶺/58
          • 「杏花爛漫」(29) / 井出孫六 ; 櫻井寛/53
        • 24(32)(1226) [57]
        • 24(33)(1227) [61]
        • 24(34)(1228) [71]
        • 24(35)(1229) [61]
        • 24(36)(1230) [61]
        • 24(37)(1231) [57]
        • 24(38)(1232) [57]
        • 24(39)(1233) [66]
        • 24(40)(1234) [62]
        • 24(41)(1235) [61]
        • 24(42)(1236) [57]
        • 24(43)(1237) [59]
        • 24(44)(1238) [62]
        • 24(45)(1239) [62]
        • 24(46)(1240) [58]
        • 24(47)(1241) [57]
        • 24(48)(1242) [62]
        • 24(49)(1243) [57]
        • 24(50)(1244) [62]
        • 24(51)(1245) [57]
        • 24(52)(1246) [62]
      • 1983 (54)
      • 1984 (14)

朝日ジャーナルの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1725962/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示するその他ボタンをクリックして[URL]ボタンをクリック*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※HLS(HTTP Live Streaming)による配信・再生に対応するブラウザ・プレイヤーをお使いの場合はシークバーのドラッグが可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。