国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ
情報
操作方法

目次・巻号

  • 科学大系 [207]
    • 標題
    • 目次
    • 第二十編 生物の特性/3
    • 個體は無數に存す、然も自然の體制は唯一のみ/8
    • 無數の種―生の豐富と殺到/8
    • 第二十一編 化學のローマンス/21
    • 化學といふカルタをきること/21
    • 第一章 物質の形態/27
    • 物質の形態/28
    • 第二章 混合物と化合物/33
    • 分子と原子―化學的變化―見えざるものを示すこと/36
    • 第三章 ガスの液化/47
    • 元素の變遷/50
    • 第四章 生物の化學/53
    • 著しき炭素の力―生活現象の調節/55
    • 第五章 物質の循環/59
    • 窒素の循環―接觸素―酸素/60
    • 第六章 結晶/68
    • ダイヤモンド―膠質體―稀土とその用途―ヘリウムの話/68
    • 參考書/78
    • 第二十二編 造物主としての化學者/79
    • 物質不滅―元素の特性の不變―生命の產物を人工的に造り出すこと―自然を出し拔くこと―コールタール染料/79
    • 第一章 香水・ゴム・砂糖/89
    • 人造香料―合成ゴム―砂糖を造ること/96
    • 第二章 化學の魔法/104
    • セルローゼの變化/104
    • 第三章 窒素の捕捉/112
    • 加里の供給―廢物から利殖―槪括/117
    • 參考書/123
    • 第二十三編 氣象學/125
    • 第一章 天候變化の原因は何か/127
    • 大氣の二大層/129
    • 第二章 高空硏究/132
    • 氣球飛揚の觀測―驚くべき事實の發見―生物の存在し得る範圍/135
    • 第三章 大氣の壓力及び溫度/143
    • 第四章 大氣内に於ける空氣動搖の結果/147
    • 貿易風/148
    • 第五章 印度の季節風/150
    • 第六章 氣象記錄/152
    • 氣象硏究の組織―記錄機械―氣象記錄に寫眞術應用―ステイブンリン氏百葉箱/152
    • 第七章 風の記錄/158
    • 雨量の記錄―日照記錄/160
    • 第八章 旋風/164
    • 旋風及び反對旋風―旋風及び反對旋風の發生―英國西海岸の濕氣多き理由/164
    • 第九章 雲/174
    • 大雷雨と降雹―霧の生ずる原因―雲の色―極光/175
    • 第十章 天候の週期的變化/184
    • 天候に關する傳說/185
    • 參考書/189
    • 第二十四編 應用科學/191
    • 一 電氣の驚異/191
    • 電氣の時代―傳送の容易/191
    • 第一章 電流とは何であるか/203
    • 發電機―回線/208
    • 第二章 發電所/214
    • 電流の分布/215
    • 第三章 電氣の貯藏/221
    • 第四章 電氣牽引/224
    • 强力な電動機/227
    • 第五章 電氣應用の壯觀/231
    • ロツキー山脈の攀走/233
    • 第六章 瀑布利用の發電/241
    • 工學的壯觀―水力タービンの運轉―蒸氣タービン/244
    • 第七章 水力の重要/250
    • 第八章 電燈と電熱/253
    • 電熱/256
    • 參考書/259
    • 第二十五章 應用科學/261
    • 二 無線電信電話/261
    • 第一章 無線通信の進步/261
    • 第二章 無線電信の基礎/271
    • 第三章 無線電信機の裝置/280
    • 第四章 電波の長さと整調/288
    • 第五章 無線電話/292
    • 第二十六編 應用科學/299
    • 三 飛行/299
    • 第一章 最初の飛行機/299
    • 第二章 三大飛行/302
    • 第三章 空中航路と天候/309
    • 第四章 無線電話と非軍用飛行/313
    • 第五章 空中路の發見/318
    • 第六章 如何にして飛行機は飛ぶか/321
    • 飛行機の操縦法/323
    • 第七章 曲乘(應用飛行)/326
    • 第八章 空中戰/330
    • 第九章 人間と飛行機/334
    • 第十章 飛行船/338
    • 第十一章 飛行船の將來/340
    • 飛行船の構造―飛行の安全/341
    • 第十二章 將來/344
    • 參考書/348

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1870918/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館にご来館いただくか、送信サービスをご利用ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

個人向けデジタル化資料送信サービス(個人送信)を利用するには、国立国会図書館オンラインで利用規約に同意の上、サービスにログインする必要があります。
国立国会図書館オンライン(ヘルプ(11.デジタル化資料送信サービス 3利用規約))
デジタル化資料送信サービス(ログイン画面)
個人向けデジタル化資料送信サービスについて

ログインしても個人向けデジタル化資料送信サービスを利用できない場合は、以下のページをご覧いただき、「11-5 困った時は」に記載の表の「確認する点」に該当するケースがないか、ご確認ください。
国立国会図書館オンライン(ヘルプ(11.デジタル化資料送信サービス))

図書館向けデジタル化資料送信サービス(図書館送信)を利用する場合は、来館予定の図書館送信参加館へ利用方法の確認をお願いします。
図書館向けデジタル化資料送信サービス
図書館送信参加館一覧

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスも利用できます。
遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。