国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ
情報
URL表示
操作方法

目次・巻号

  • 醗酵協会誌
    • 1940~1949 (16)
    • 1950~1959 (121)
    • 1960~1969 (118)
      • 1960 (12)
      • 1961 (12)
        • 19(1) [51]
          • アルコール工業発展のために / 水間光次/1~2
          • 年頭所感 / 加藤辨三郎/3~3
          • 年頭の辞 / 石川弥八郎/4~4
          • 年頭所感 / 田中豊/5~5
          • 新春雑感 / 相馬敏夫/6~7
          • 年頭所感 / 川島仟之助/8~8
          • 茶道に楽しみを求めて / 熊田初/8~8
          • 発酵技術者の使命 / 朝井勇宣/9~11
          • 発酵工業の研究の現状 / 務台蔵人/12~16
          • 醱酵とビタミン / 片桐英郎/18~21
          • 新らしい有用菌株育成への期待 / 池田庸之助/22~25
          • 産糖蜜諸国の最近の事情 / 西宮潔/27~32
          • 生甘藷消化の合理化 / 勝目英/33~35
          • アルコール工場の計装化 / 山田浩一/36~38
          • アルコールと生活用品 / 桑木久雄/39~41
          • 亜硫酸パルプ排液の処理 / 野村順次/42~48
          • 本邦産発泡飲料について / 山田正一/49~52
          • 合成清酒技術面の諸問題 / 飯田茂次/53~58
          • ブドウ酒と日本人 / 小原巌/59~61
          • 酵素生産工業の進展 / 小巻利章/62~64
          • グルタミン酸醱酵(その誕生と現状に就いて) / 本下祝郎/65~71
          • イノシン酸工業の抬頭 / 国中明/72~75
          • ジベレリン応用の現状と新分野 / 松田岩雄/76~81
          • 日本農芸化学会関東支部第2回大会関係項目要旨(35.11.12) //82~83
          • 日本農芸化学会関東支部第205回講演会関係項目要旨(35.11.26) //84~84
          • 日本抗生物質学術協議会第123回研究会関係項目要旨(35.11.25) //84~85
          • 大阪醸造学会第12回講演会要旨(35.11.4) //85~85
          • 大阪醸造学会第8回シンポジウム微生物酵素の生産と利用(35.11.5) //86~87
          • アルコール情報 //88~88
          • 海外ニューズ(1)(2) //17~17,26~26
        • 19(2) [38]
        • 19(3) [37]
        • 19(4) [37]
        • 19(5) [39]
        • 19(6) [38]
        • 19(7) [32]
        • 19(8) [35]
        • 19(9) [39]
        • 19(10) [34]
        • 19(11) [45]
        • 19(12) [38]
          • 細菌分類の問題点 / 朝井勇宣/1~11
          • アミロ菌に関する研究-7- / 務台蔵人/12~18
          • アセトン・ブタノール醗酵におけるブタノール・リッチ生産の工業化に関する研究-1の1- / 原田良造/673~678
          • ストレプトマイシンに関する研究-2- / 丸田芳樹/25~32
          • 生甘藷の加工,貯蔵並びにアルコール製造について(第3報) / 福岡通商産業局鹿屋アルコール工場/33~36
          • メタン醗酵に関する研究-21- / 田中正雄/38~41
          • 味噌仕込における統計的手法の応用について / 阿保栄司/42~46
          • 醗酵工業界 日本農芸化学会関東・東北支部合同大会関係項目要旨(36.9.21) //47~49
          • 事務局メモ //37~37
          • 海外ニユーズ(1)(2) //11~11,41~41
          • アルコール情報 //50~50
          • 電子顕微鏡による微生物実験法-3- / 飯塚広/6~7
          • 第19巻総目次 //1~5
      • 1962 (11)
      • 1963 (12)
      • 1964 (12)
      • 1965 (12)
      • 1966 (12)
      • 1967 (12)
      • 1968 (12)
      • 1969 (11)
    • 1970~1979 (57)

醗酵協会誌の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2349947/1

この資料は、著作権の保護期間中であるか、著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開をしていません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館または図書館送信参加館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

図書館送信参加館にご来館になる場合は、来館予定の図書館へ利用方法の確認をお願いいたします。
「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク) 」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

図書館向けデジタル化資料送信サービス(図書館送信)について
図書館送信参加館一覧
遠隔複写サービス の申し込み方

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示するその他ボタンをクリックして[URL]ボタンをクリック*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※HLS(HTTP Live Streaming)による配信・再生に対応するブラウザ・プレイヤーをお使いの場合はシークバーのドラッグが可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。