国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ
情報
URL表示
操作方法

目次・巻号

  • 醗酵協会誌
    • 1940~1949 (16)
      • 1948 (5)
      • 1949 (11)
        • 7(1) [20]
          • 1949年の展望 / 川島仟之助/1~2
          • 日本學術會議會員に當選して / 朝井勇宣/3~3
          • 今後の醱酵工業に對する希望 / 山田昌/4~5
          • 木材糖化の近況に就いて(其の3) / 小林達吉/6~7
          • 酒精,糖分,乳酸の淸酒酵母,米糠,乳酸菌に及ぼす影響(第4報) / 塚原寅次 ; 佐藤繁雄/8~8
          • 酒精,糖分,乳酸の淸酒酵母,米糠,乳酸菌に及ぼす影響(第5報) / 塚原寅次 ; 佐藤繁雄/9~10
          • 酒精,糖分,乳酸の淸酒酵母,米糠,乳酸菌に及ぼす影響(第6報) / 塚原寅次 ; 中村善吉/11~11
          • 酒精,糖分,乳酸の淸酒酵母,米糠,乳酸菌に及ぼす影響(第7報) / 塚原寅次 ; 中村善吉 ; 佐藤繁雄/12~13
          • アルコール關係文献集(其の12) / 工業技術廳醱酵研究所/14~14
          • 1.連續醱酵 //18~18
          • 2.無水アルコール中の水分測定法 //18~19
          • 3.アルコール醱酵の第2の生産物(副産物)間のバランス //19~19
          • 4.アルコールの貯藏(蒸發損失量) //19~19
          • 5.木材の糖化に關する抄錄 //19~20
          • 6.無水アルコール製造の經濟的方法 //20~20
          • 7.亞硫酸パルプ廢液よりのアルコールの增收 //20~20
          • 8.蜂蜜アルコール //20~20
          • 9.アルコール醱酵の最高速度 //20~21
          • 10.實驗室的原料處理及び醱酵方法 //21~21
          • 11.アルコール醱酵による砒酸鹽と亞砒酸との轉換 //21~21
          • 12.工業的醱酵作用 //21~21
          • 13.醱酵研究に於ける試料の連續的採取法 //21~21
          • 14.アルコール蒸溜廢液よりの副產物の回收 //21~21
          • 15.アルコール醱酵に於ける有機鹽基 //21~21
          • 16.煙道で蒸溜廢液を粉煙乾燥する廢液の利用 //21~21
          • 1.アルコール生產計畫並其の實績 //21~22
          • 2.昭和23酒造年度酒類の生産方針 //22~22
          • 3.淸酒に特級酒を設定 //23~23
          • 4.酒類價格改訂 //23~25
          • 5.第1回日本學術會議會員選擧 //25~25
          • 6.良い試藥の確保と商工省試藥檢査所の新設 //25~25
          • 7.外國文献の利用方について //25~25
          • 1.理事會 //25~26
          • 2.講演會 //26~26
          • 3.刋行物編集委員會 //26~26
          • 4.アルコール商工懇話會部會 //26~26
          • 5.同工場見學 //26~26
          • 7.昭和23年度アルコール需要量 //15~15
          • 8.最近10年間のアルコール原料用藷類割當並買入實績 //15~15
          • 9.昭和22年度末アルコール專賣特別會計貸借對照表 //15~15
          • 10.昭和22年度末アルコール專賣特別會計財產目錄 //16~16
          • 11.昭和22年度アルコール專賣特別會計損益計算書 //16~16
          • 12.昭和23年度アルコール專賣特別會計事業益金調 //17~17
          • 13.アルコール專賣特別會計10ヶ年間專賣特益金調 //17~17
          • 14.アルコール賣渡賠償價格推移表 //17~17
          • 15.アルコール專賣特別會計職員配置表 //18~18
          • 本誌第2卷~第5卷總目次 //27~32
        • 7(2) [17]
        • 7(3) [15]
        • 7(4) [15]
        • 7(5) [15]
        • 7(6) [15]
        • 7(7) [15]
        • 7(8) [16]
        • 7(9) [19]
        • 7(10) [19]
        • 7(11) [19]
    • 1950~1959 (121)
    • 1960~1969 (118)
    • 1970~1979 (57)

醗酵協会誌の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2350024/1

この資料は、著作権の保護期間中であるか、著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開をしていません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館または図書館送信参加館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

図書館送信参加館にご来館になる場合は、来館予定の図書館へ利用方法の確認をお願いいたします。
「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク) 」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

図書館向けデジタル化資料送信サービス(図書館送信)について
図書館送信参加館一覧
遠隔複写サービス の申し込み方

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示するその他ボタンをクリックして[URL]ボタンをクリック*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※HLS(HTTP Live Streaming)による配信・再生に対応するブラウザ・プレイヤーをお使いの場合はシークバーのドラッグが可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。