国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

要領を得た国文解釈の総仕上げ

情報
操作方法

目次・巻号

  • 要領を得た国文解釈の総仕上げ [87]
    • 目次
    • 一 主要な慣用語句/p1
    • 一、 「あかなくに」「我ならなくに」「人やりならず」「いへばえに」/p1
    • 二、 「え…ず」「あらぬ」/p2
    • 三、 「ありありて」「ありつる」「うちまかせて」「…もしるく」/p4
    • 四、 「いづくはあれど」「いつとなく」「そこともいはぬ」「そこはかと」/p5
    • 五、 「あるかなきかに」「さるかたに」「さるものにて」「さるは」「さらにもいはず」/p7
    • 六、 「こそ」「ござんなれ」「けしかる」「けしうはあらぬ」「あへなむ」/p10
    • 七、 「かつ…かつ…」「と…かく…」「あふさきるさ」「ともある」/p12
    • 八、 「同じくは」「所おく」「春たつ」「夕さる」「いざさせ給へ」「いざたまへ」/p14
    • 九、 「ものを」「ものから」「ものゆえ」「…み…み」「…を…み」「ねをなく」「いをぬ」/p15
    • 一〇、 「なかなか」「心あてに」「心ことに」「心づきなし」「心はづかし」/p17
    • 二 解釈上特に重要な助動詞・助詞/p20
    • 一一、 「に」/p20
    • 一二、 「を」/p21
    • 一三、 「が」/p23
    • 一四、 「けり」/p24
    • 一五、 「なり」/p26
    • 一六、 「なむ」/p27
    • 一七、 「な」/p28
    • 一八、 「べし」/p29
    • 一九、 「む」「らむ」「むず」「けむ」/p31
    • 二〇、 「まし」「まじ」/p33
    • 二一、 「す」「さす」「しむ」/p35
    • 二二、 「る」「らる」「ゆ」「らゆ」/p36
    • 二三、 「つ」「ぬ」/p37
    • 二四、 「たり」「り」/p39
    • 二五、 「の」「も」/p40
    • 二六、 「や」/p41
    • 二七、 「か」/p43
    • 二八、 「にけらしな」その他/p44
    • 三 記憶すべき形容詞/p46
    • 二九、 「ありがたし」その他/p46
    • 三〇、 「あさまし」その他/p50
    • 三一、 「あいなし」その他/p53
    • 三二、 「おどろ[オドロ]し」その他/p55
    • 四 注意すべき動詞その他/p58
    • 三三、 人静まりて後/p58
    • 三四、 うつろひ住み給ふべき所の/p59
    • 三五、 かやうなりし夜/p60
    • 三六、 よからぬ人は/p61
    • 三七、 事にふれて/p62
    • 三八、 はか[バカ]しき事は/p63
    • 三九、 この猫を/p64
    • 四〇、 「いさ」その他/p65
    • 四一、 「いそぎ」その他/p66
    • 五 練習問題(その一)/p68
    • 四二、 世の中に物語といふものの、その他/p68
    • 六 主語・述語・修飾語の関係と敬語/p73
    • 四三、 祭の頃は/p73
    • 四四、 この式部丞といふ人の/p74
    • 四五、 たれも少しよろしきものどもは/p75
    • 四六、 行き行きて/p76
    • 四七、 人々おどろきて/p78
    • 四八、 四条大納言の/p79
    • 四九、 こゝにおはするかぐや姫は/p80
    • 五〇、 その年の夏/p82
    • 五一、 内より仰せ言ありて/p83
    • 五二、 頭の中将の/p84
    • 五三、 さき[ザキ]も申さむと/p86
    • 七 主要な枕詞と修辞/p88
    • 五四、 日本文芸には(縁語・掛詞)/p88
    • 五五、 古もかゝるためしを菊川の(縁語・掛詞)/p89
    • 五六、 むすぶ手の(序詞)/p90
    • 五七、 枕詞/p92
    • 五八、 主要な枕詞/p93
    • 五九、 一口に比喩的表現といっても(比喩)/p94
    • 八 季題と切字/p97
    • 六〇、 地に落ちし/p97
    • 六一、 金剛の/p98
    • 六二、 季語/p100
    • 九 注意すべき読み方の語とその意味/p103
    • 六三、 「白馬節会」その他/p103
    • 六四、 「網代」その他/p106
    • 六五、 「上達部」その他/p109
    • 一〇 文芸に関する語/p112
    • 六六、 「歌枕」「詞書」「判詞」その他/p112
    • 六七、 「もののあはれ」/p113
    • 六八、 「まこと」/p114
    • 六九、 「幽玄」「さび」「近代文学思潮」/p116
    • 七〇、 「義理・人情」その他/p119
    • 七一、 「虚実皮膜論」「なぐさみ」/p120
    • 七二、 「不易流行説」/p121
    • 一一 主要な現代語彙/p123
    • 主要な現代語(一元・印象その他)/p123
    • 一二 練習問題(その二)/p128
    • 一――三五/p128
    • 三六―四三/p130
    • 解答/p135
    • 索引/p140

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2436945/1

この資料は、著作権の保護期間中であるか、著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開をしていません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館または図書館送信参加館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

図書館送信参加館にご来館になる場合は、来館予定の図書館へ利用方法の確認をお願いいたします。
「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク) 」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

図書館向けデジタル化資料送信サービス(図書館送信)について
図書館送信参加館一覧
遠隔複写サービス の申し込み方

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。