国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

田山方南先生華甲記念論文集

情報
操作方法

目次・巻号

  • 田山方南先生華甲記念論文集 [411]
    • 田山方南先生華甲記念論文集 目次
    • (口繪)田山方南先生近影
    • 序文 松永安左ェ門
    • 扉書 畠山一淸
    • I部 國史學進展のために
    • 一、六國史と文徳寛録 坂本太郎/p3
    • 二、春日離宮 堀池春峰/p13
    • 三、傳教大師消息について 川崎庸之/p36
    • 四、山陵汚穢に関する一史料 吉村茂樹/p47
    • 五、平安末期の往來物にあらはれた荘園 竹内理三/p55
    • 六、京圖について 田中稔/p72
    • 七、藤原忠通筆書状案・藤原良經書状案と九條道房 辻彦三郎/p83
    • 八、東宮と宋商周良史 森克巳/p95
    • 九、親鸞聖人御因縁並に祕傅抄について 宮崎圓邏/p103
    • 一〇、親鸞の慈信房義絶状について 平松令三/p116
    • 一一、日蓮上人の遺文と眞蹟 山中喜八/p124
    • 一二、後村上天皇の琵琶祕曲傳受の史賓 村田正志/p135
    • 一三、賢俊僧正自筆置文について 荻野三七彦/p146
    • 一四、いたか考 森末義彰/p157
    • 一五、食生活に於ける酒―近衛政家の場合― 是澤恭三/p166
    • 一六、曾海渡海日記について 中村榮孝/p177
    • 一七、神霊矢口の渡 近藤喜博/p197
    • 一八、白山舊社家文書考 下出積與/p215
    • 一九、靑柳種信と三器略說 齋藤忠/p226
    • 二〇、琉球・朝鮮の關係について 小葉田淳/p235
    • II部 國語國文學への奇與
    • 一、古點本の傍訓に就いての一考祭 築島裕/p259
    • 二、金澤文庫本群書治要卷四十所收三略の訓點 小林芳規/p271
    • 三、大鏡と今昔物語との關係再論 平田俊春/p288
    • 四、狹衣物語傳本の性格 三谷榮一/p318
    • 五、代集小考 松田武夫/p337
    • 六、囘文體の詩の書き樣と囘文の和歌 山岸德平/p346
    • 七、不易流行說と血脈論 小西甚一/p360
    • 八、竹馬狂吟集考 木村三四吾/p370
    • 九、小松帶刀書簡について 北野克/p381
    • III部 日本書誌の片鱗
    • 一、韻鏡三話 太田晶二郎/p395
    • 二、金澤文庫蔵鎌倉鈔本周易注疏其他雜抄と老子述義の佚文 阿部隆一/p409
    • 三、五山版十牛圖考 川瀨一馬/p423
    • 四、普門院藏書目錄と元亨釋書最古の寫本 今枝愛眞/p437
    • 五、古林淸茂住保寧寺語錄刊行の周邊 玉村竹二/p471
    • 六、木版本の印刷の先後についての一二の考察 長澤規矩也/p490
    • 七、室町時代刊本の出版費に關する資料の一端 西村淸/p495
    • 八、きりしたん版の來朝とその印刷過程に關する一考察 富永牧太/p504
    • 九、江時代の寫本に寄せて 戶板昌夫/p515
    • IV部 美術史學の論考
    • 一、喪亂帖年代考 西川寧/p521
    • 二、風信帖拾遺 財津永次/p532
    • 三、離洛帖と行成尺牘の執筆年代についての疑い 堀江知彥/p538
    • 四、世尊寺伊行と葦手朗詠 小松茂美/p543
    • 五、茶會と墨蹟 永島福太郎/p559
    • 六、義堂周信の遺墨について 赤松俊秀/p570
    • 七、獨立の臨池述意 中村幸彥/p582
    • 八、良寛私考 宮榮二/p589
    • 九、葡萄文及び葡萄の東漸 野間淸六/p605
    • 一〇、台密の兩界曼茶羅について 高田修/p612
    • 二、石室善玖自畫賛叭々鳥圖說中村溪男/p628
    • 一二、書人藝愛について 松下隆章/p638
    • 一三、洛中洛外圖屛風左右兩隻の異質性 石田尚豐/p648
    • 一四、尾張鐵地藏考 佐々木隆美/p656
    • 一五、陶片ふたつ三つを贈る 梅澤曙軒/p667
    • V部 田山方南を語る
    • 一、方南周邊―明治癸卯のころ― 秋山一石/p681
    • 二、方南以前 大久保利謙/p691
    • 三、田山方南兄を語る 本間順治/p698
    • 四、醍醐寺と田山方南氏 岡田戒玉/p707
    • 五、燈庵先生 墨田領治/p711
    • 六、愛苔会と方南さん 瀨川功 愛苔會員/p717
    • 半生囘顧 田山方南/p725
    • 執筆者一覽/p741
    • 『田山方南先生華甲記念論文集』の後に 諸戶精文 近衞通隆/p743

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3020249/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館にご来館いただくか、送信サービスをご利用ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

個人向けデジタル化資料送信サービス(個人送信)を利用するには、国立国会図書館オンラインで利用規約に同意の上、サービスにログインする必要があります。
国立国会図書館オンライン(ヘルプ(11.デジタル化資料送信サービス 3利用規約))
デジタル化資料送信サービス(ログイン画面)
個人向けデジタル化資料送信サービスについて

ログインしても個人向けデジタル化資料送信サービスを利用できない場合は、以下のページをご覧いただき、「11-5 困った時は」に記載の表の「確認する点」に該当するケースがないか、ご確認ください。
国立国会図書館オンライン(ヘルプ(11.デジタル化資料送信サービス))

図書館向けデジタル化資料送信サービス(図書館送信)を利用する場合は、来館予定の図書館送信参加館へ利用方法の確認をお願いします。
図書館向けデジタル化資料送信サービス
図書館送信参加館一覧

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスも利用できます。
遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。