国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

月刊海洋 = Kaiyo monthly. 27(4)(298)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 月刊海洋 = Kaiyo monthly
    • 1980~1989 (12)
    • 1990~1999 (120)
      • 1990 (12)
      • 1991 (12)
      • 1992 (12)
      • 1993 (12)
      • 1994 (12)
      • 1995 (12)
        • 27(1)(295) [37]
        • 27(2)(296) [39]
        • 27(3)(297) [35]
        • 27(4)(298) [34]
          • 1.漁業生態系モデルによる水産資源評価--シンポジウムの記録 / 立川賢一 ; 松田裕之 ; 和田時夫/p197~204
          • 2.生活史モデル / 堀家健司/p204~209
          • 3.漁場生態系モデル / 関根雅彦/p210~214
          • 4.水産資源の評価・管理と栄養動態モデル / 和田時夫/p215~219
          • 5.ベーリング海生態系モデル / 水戸啓一/p220~225
          • 6.漁業生態系モデル研究の実施における諸問題 / 平松一彦/p226~229
          • 7.個体の行動モデル / 山崎秀勝 ; 山崎敦子/p229~235
          • 8.水産資源評価における数値モデルの役割 / 岸道郎/p236~238
          • 9.漁業生態系管理における情報の価値について / 原田泰志/p238~243
          • 10.種間関係と資源評価 / 白木原国雄/p244~248
          • 11.漁業生態系模型による水産資源評価の展望 / 松田裕之/p249~253
        • 27(5)(299) [39]
        • 27(6)(300) [33]
          • 1.南大洋の観測・調査の現状 / 神沼克伊/p327~331
          • 2.南大洋調査の重要性 / 瀬川爾朗/p332~333
          • 3.南極海での地殻熱流量測定と地形データの問題点 / 長尾年恭 ; 青山雄一/p334~339
          • 4.南極海のテクトニクス / 野木義史/p340~344
          • 5.白嶺丸による南極海の観測について / 中尾征三/p345~350
          • 6.南極海の重力観測の現状とその問題点 / 福田洋一/p351~355
          • 7.南極プレートの絶対運動の決定の重要性 / 原田靖 ; 野木義史/p355~359
          • 8.南極海の日本船での海底地震観測 / 島村英紀/p360~364
          • 9.幕が開く北極圏での地球科学観測 / 島村英紀/p365~369
          • 10.南極海の電磁力測定の現状とその問題点 / 野木義史/p370~373
          • 11.南極海の堆積物研究の意味と問題点 / 大河内直彦 ; 阿波根直一 ; 池原実 ; 平朝彦/p374~377
          • 12.ゴンドワナ大陸の分裂と南極大陸縁辺部の発達 / 平朝彦 ; 斎藤実篤/p377~381
        • 27(7)(301) [32]
        • 27(8)(302) [39]
        • 27(9)(303) [39]
          • 1.分子レベル炭素同位体比測定法と地球化学的意義 / 石渡良志 ; 松本公平/p509~511
          • 2.植物の炭素同位体比を支配する要因について / 半場祐子 ; 和田英太郎/p512~516
          • 3.サンゴ骨格年輪から読む大気-海洋の変動性 / 松本英二 ; 阿部理 ; 三ツ口丈裕/p516~519
          • 4.海洋有機物の炭素・窒素同位体による古海洋研究の課題 / 南川雅男/p520~524
          • 5.陸上および海洋堆積物中の長鎖脂肪酸の炭素同位体比:地球化学的サイクルにおける意義 / 奈良岡浩 ; 石渡良志/p525~528
          • 6.過去8.5万年間の日本海の環境変動--n-アルカンから得られる陸生有機物の炭素同位体比と海生有機物の炭素同位体比の変動の同期性 / 山田桂太 ; 石渡良志/p529~533
          • 7.陸起源有機物の海洋への大気輸送とその歴史的変遷:深海堆積物からの復元 / 河村公隆/p533~539
          • 8.最終氷期における海洋の基礎生産力--Paleoproductivity推定のためのトレーサーの進歩 / 本多牧生/p540~544
          • 9.後期第四紀の西太平洋赤道域における基礎生物生産力の変動 / 川幡穂高 ; 江口暢久 ; 西村昭/p545~548
          • 10.北太平洋ヘス海膨から採取された柱状試料(NGC57)の古環境解析--放散虫・有機炭素量および色相計測によるアプローチ / 本山功 ; 中嶋健 ; 川幡穂高/p549~553
          • 11.北西太平洋ヘス海膨周辺海域のセジメントトラップ試料にみられる円石藻群集の季節変化 / 田中裕一郎 ; 川幡穂高 ; 鈴木淳/p554~557
          • 12.太平洋中緯度域での風送塵と有機炭素沈積流量の変動 / 岡本孝則 ; 松本英二 ; 川幡穂高/p558~561
          • 13.造礁サンゴ骨格中の微量元素分布と古海洋環境 / 塚本すみ子 ; 塚本斉/p562~566
          • 14.パラオ諸島サンゴ礁における有機物の堆積過程とその起源 / 山本正伸 ; 山室真澄 ; 茅根創/p567~572
        • 27(10)(304) [39]
        • 27(11)(305) [39]
        • 27(12)(306) [52]
      • 1996 (12)
      • 1997 (12)
      • 1998 (12)
      • 1999 (12)
    • 2000~2009 (12)

月刊海洋 = Kaiyo monthlyの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3213442/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。