国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

癌の臨床 = Japanese journal of cancer clinics. 30(8)(355)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 癌の臨床 = Japanese journal of cancer clinics
    • 1950~1959 (40)
    • 1960~1969 (112)
    • 1970~1979 (135)
    • 1980~1989 (150)
      • 1980 (15)
      • 1981 (15)
      • 1982 (15)
      • 1983 (15)
      • 1984 (15)
        • 30(1)(348) [78]
        • 30(2)(349) [78]
        • 30(3)(350) [74]
        • 30(4)(351) [83]
        • 30(5)(352) [74]
        • 30(6)(353) [124]
        • 30(7)(354) [84]
        • 30(8)(355) [75]
          • グラフ 癌の組織像 乳腺腫瘍の組織像 7. 乳癌(3) / 坂元吾偉/p892~893
          • 長崎市における重複がんの疫学像--とくに罹患率と原爆被爆の関係について / 村瀬//邦彦/p871~879
          • 剖検甲状腺にみられた転移性腫瘍の検討 / 高嶋成光・他/p880~884
          • 放射線単独治療による食道癌5年以上長期生存例の検討 / 晴山雅人・他/p885~890
          • 癌性胸膜炎に対するAclacinomycin胸腔内注入療法の臨床効果 / 藤井昌史・他/p895~898
          • 原発性・転移性肝癌に対するcis-diamminedichloroplatinumII(CDDP)の肝動脈内投与 / 前田迪郎・他/p899~904
          • 胃癌細胞の自然螢光測定――Flow Cytometryによる検討 / 佐々木功典・他/p905~906
          • AFP産生胃癌――ヌードマウス移植腫瘍を用いた検討 / 高橋豊・他/p907~911
          • 胃癌患者におけるT細胞増殖因子(TCGF)を用いた免疫抑制T細胞の培養とその細胞表面膜性状のモノクローナル抗体とFluorescence activated cell sorter(FACS)による解析 / 小山捷平・他/p912~924
          • 大腸癌の集団検診――制限食下便潜血3枚+問診法1年間の成績 / 藤田昌英・他/p925~932
          • 頸管円錐切除術による子宮体癌臨床進行期II期の診断 / 福田耕一・他/p933~936
          • 症例 食道粘膜の広範なdysplasiaを伴った粘膜内癌の1例――食道癌と大腸癌の同時性重複癌の1剖検例 / 中村隆二・他/p937~942
          • 症例 剖検にて悪性黒色腫と診断された照射効果良好な食道腫瘍 / 岡崎篤・他/p943~949
          • 症例 アルカリフォスファターゼ産性肺癌の臨床経験 / 則岡美保子・他/p951~954
          • 症例 油性制癌剤と肝動脈塞栓術の併用療法――切除小肝癌2例の臨床病理学的検討 / 徳山勝之・他/p955~964
          • 症例 腎摘後24年目に骨転移が明らかとなった腎細胞癌の1例 / 松本誠一・他/p965~967
          • 症例 腸間膜神経線維腫およびその悪性化を伴ったRecklinghansen病の1例 / 長尾俊彦・他/p968~974
          • 症例 小腸大腸転移を来した肺扁平上皮癌の1剖検例 / 外山久太郎・他/p975~979
          • 新刊書 Peptide and Protein Reviews Vol.2 / 日和佐隆樹/p911~911
          • 新刊書 Formaldehyde――Toxicology・Epidemiology・Mechanism / 高橋勝弘/p974~974
          • 新刊書 甲状腺疾患の診断手順と治療方針 / 細谷哲男/p979~979
          • がん・アナウ[ン]スメント がん集学的治療研究財団昭和59年度第5回一般研究助成金申込み要項 //p950~950
          • 英文抄録〔A-50~55〕 //前付
        • 30(9)(356) [144]
        • 30(10)(357) [77]
        • 30(11)(358) [70]
        • 30(12)(359) [105]
        • 30(13)(360) [88]
        • 30(14)(361) [82]
        • 30(15)(362) [93]
      • 1985 (15)
      • 1986 (15)
      • 1987 (15)
      • 1988 (15)
      • 1989 (15)
    • 1990~1999 (140)
    • 2000~2009 (13)

癌の臨床 = Japanese journal of cancer clinicsの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3385920/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。