国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

病院. 57(2)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 病院
    • 1940~1949 (6)
    • 1950~1959 (124)
    • 1960~1969 (126)
    • 1970~1979 (124)
    • 1980~1989 (121)
    • 1990~1999 (122)
      • 1990 (13)
      • 1991 (13)
      • 1992 (12)
      • 1993 (12)
      • 1994 (12)
      • 1995 (12)
      • 1996 (12)
      • 1997 (12)
      • 1998 (12)
        • 57(1) [101]
        • 57(2) [105]
          • 特集 医療界の世代交代/114~140
          • リ-ダ-に必要とされる資質 / 浜田広/114~117
          • てい談 病院管理者の世代交代 / 桑名斉 ; 斎藤芳雄 ; 中沢良英/118~126
          • 医療界における世代交代を考える/127~130
          • 医療界の世代交代--全日本病院協会の場合 / 木下二亮/127~129
          • 変革の時代に求められるリ-ダ-像と世代交代 / 神尾友和/129~130
          • 行政組織としての厚生省の世代交代 / 大谷藤郎/131~135
          • 未来の定年制を考える / 井形昭弘/136~140
          • グラフ 16年の蓄積で次のステップに 第一線医療の向上を常に目指す 医療法人社団三思会東名厚木病院 / 八木保 ; 本誌編集室/p105~
          • 人 都市型地域医療の拠点を新築 医療法人健和会 三浦聡雄理事長/鈴木篤柳原病院長/宮崎康みさと健和病院長 / 松島松翠/p112~112
          • 医療保険改革における期待と現実 / Y/p113~113
          • インタビュ- 村瀬敏郎前日本医師会会長が語る今昔物語(後編)薬価基準制度,かかりつけ医制度--これからの医療のあり方 / 村瀬敏郎/141~145
          • ノ-マライゼ-ションへの道程--共に生きることへの誠意(2) / 大田仁史/146~151
          • シンポジウム パス法の原理と経験の交流(1)/152~158
          • シンポジウム パス法の原理と経験の交流・1 パス法の医療への導入 / 菅田勝也/p152~152
          • パス法とその医療管理における意義 / 郡司篤晃/153~158
          • 医療事故・医事紛争防止とリスクマネ-ジメント(1)総論(1)医療事故防止と紛争化防止 / 川村治子/159~161
          • 癒しの環境 デートができるロビー / 原田充善/p162~163
          • 病院管理フォーラム 診療情報管理はいま ・6 診療情報の活用 / 五十嵐よしゑ ; 細川治/p164~165
          • リエンジニアリング―PFFCの展開 ・2 PFFCを導入するに当たって / 三枝匡/p166~167
          • 病院管理フォ-ラム--看護管理(1)病院組織図のとらえ方 / 竹谷美穂/168~170
          • ア-キテクチャ- 保健・医療・福祉(40)豊橋市民病院 / 石田好 ; 浅野正芳/172~178
          • 豊橋市民病院 使ってみてひと言 / 岡村和彦/p177~177
          • 早期退院計画(5)一般病院における在院日数適正化の試み--名古屋記念病院における在院日数短縮の歩み / 藤田民夫/179~183
          • データファイル 平成8年老人保健施設調査の概況 ・2 / 厚生省大臣官房統計情報部/p184~190
          • 医学ごよみ 2月 / 木村專太郎/p191~191
          • 書評と紹介 中野進『新・医師の世界 その社会学的考察』 / 北原龍二/p151~151
          • 『病院における医療事故紛争の予防第2版』 / 諸橋芳夫/p126~126
          • 『今日の診療CD-ROM Vol.7』 / 黒川清/p140~140
          • 『今日の診断指針第4版』 / 宮城征四郎/p145~145
          • 『医療・看護の変革とインフォームド・コンセント』 / 井部俊子/p171~171
          • 告知板/次号予告/本郷だより / hi ; 中畝 ; 渡辺 ; 角田/p192~192
        • 57(3) [105]
        • 57(4) [103]
        • 57(5) [103]
        • 57(6) [101]
        • 57(7) [95]
        • 57(8) [105]
        • 57(9) [99]
        • 57(10) [105]
        • 57(11) [119]
        • 57(12) [121]
      • 1999 (12)
    • 2000~2009 (12)

病院の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3388100/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。