国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

臨床整形外科. 30(5)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 臨床整形外科
    • 1960~1969 (45)
    • 1970~1979 (120)
    • 1980~1989 (121)
    • 1990~1999 (120)
      • 1990 (12)
      • 1991 (12)
      • 1992 (12)
      • 1993 (12)
      • 1994 (12)
      • 1995 (12)
        • 30(1) [82]
        • 30(2) [85]
        • 30(3) [82]
        • 30(4) [136]
        • 30(5) [78]
          • 視座 教え厳しからざるは師の怠り也 / 国分正一/p573~573
          • 半月板縫合術の臨床成績と癒合率に影響を与える因子の検討 / 朝比奈信太郎・他/p575~579
          • 腰仙部退行性疾患に対する交感神経節ブロック――実験的・臨床的研究 / 矢吹省司・他/p581~587
          • MRIによる腰仙部神経根および後根神経節の解剖学的検討 / 長谷川徹・他/p589~593
          • 骨軟部腫瘍における²⁰¹T1シンチグラフィーの有用性 / 徳海裕史・他/p595~601
          • 膝蓋大腿関節痛症候群の身体所見――正常女性・反復性膝蓋骨脱臼例との比較 / 宗田大・他/p603~607
          • 境界領域 歩行改善を目的とした経皮電極を用いた治療的電気刺激(TES)の経験(第1報) / 亀山順一・他/p609~614
          • 手術手技シリーズ 母指CM関節症に対する手術 / 薄井正道/p615~623
          • 手術手技私のくふう 矢状皮弁による下腿切断術 / 長島弘明・他/p625~628
          • 整形外科英語ア・ラ・カルト 輸血の歴史に関する英語 / 木村專太郎/p630~631
          • 基礎知識知ってるつもり コッドマン三角 / 磯辺靖/p632~632
          • 臨床経験 TAE(transcatheter arterial embolization)にて救命し得た血管損傷を伴う第4腰椎椎体骨折の1例 / 高桑昌幸・他/p633~636
          • 臨床経験 肝機能障害患者に発症し,自然治癒した脊髄硬膜外血腫の1例 / 後藤正則・他/p637~639
          • 臨床経験 右膝蓋前巨大滑液包炎の1例 / 竹松宏・他/p640~641
          • 臨床経験 いわゆるBoxer's Knuckleの2例 / 尼子雅俊・他/p643~645
          • 臨床経験 手三角骨骨折の5例 / 呉玉彬・他/p647~650
          • 臨床経験 頚部リンパ節生検後に発生した副神経麻痺の1例 / 桝谷厚志・他/p651~653
          • 臨床経験 大腿骨頚部内側骨折を合併した外傷性股関節脱臼の2例 / 吉岡茂・他/p655~658
          • 臨床経験 肩鎖関節脱臼用装具の圧迫によると思われる前骨間神経麻痺の1例 / 林成治・他/p661~664
          • 臨床経験 腰椎部の黄色靱帯血腫の1例 / 田偉・他/p665~668
          • 臨床経験 棘下筋・腱が整復障害因子となった外傷性肩関節後方脱臼骨折の1例 / 小川祐人・他/p669~672
          • 臨床経験 t(12;22)染色体が認められた明細胞肉腫の1例 / 吉野恭正・他/p673~676
          • 学会案内 第16回新潟手の外科セミナー //p593~593
          • 学会案内 第12回富山医科薬科大学整形外科立山セミナー //p601~601
          • 学会案内 第29回日本側弯症学会・骨折治療に関する国際セミナー //p608~608
          • 学会案内 第24回リウマチの外科研究会 //p614~614
          • 学会案内 日本手の外科学会第1回秋期教育研修会 //p623~623
          • 学会案内 第4回大阪肩関節鏡フォーラム・第6回安比夏季セミナー(教育研修会) //p629~629
          • 学会案内 第10回日本臨床リウマチ学会・第3回整形外科エコーセミナー //p659~659
          • 次号予告 //p660~660
          • 投稿規定 //p677~677
          • あとがき / 富田勝郎/p678~678
        • 30(6) [80]
        • 30(7) [89]
        • 30(8) [79]
        • 30(9) [80]
        • 30(10) [83]
        • 30(11) [81]
        • 30(12) [89]
      • 1996 (12)
      • 1997 (12)
      • 1998 (12)
      • 1999 (12)
    • 2000~2009 (13)

臨床整形外科の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3390146/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。