国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

看護 = Journal of the Japanese Nursing Association : 日本看護協会機関誌. 28(3)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 看護 = Journal of the Japanese Nursing Association : 日本看護協会機関誌
    • 1950~1959 (111)
    • 1960~1969 (121)
    • 1970~1979 (124)
      • 1970 (12)
      • 1971 (12)
      • 1972 (13)
      • 1973 (13)
      • 1974 (12)
      • 1975 (12)
      • 1976 (12)
        • 28(1) [101]
        • 28(2) [106]
        • 28(3) [105]
          • 今月のことば 小学生のころと看護婦さん / 吉本隆明/p2~3
          • 特集 訪問看護の現状 //p4~55
          • 日本における訪問看護の展望 / 季羽倭文子/p4~11
          • 2年間の成果をふりかえって――堀川病院 / 城ケ野芙美子/p12~22
          • 診療所からみた継続看護へのねがい / 菅原恵子/p23~28
          • 新宿区立区民健康センターにおける訪問看護の実態 / 新津ふみ子 他/p29~37
          • 横浜市ではじめた訪問看護――潜在看護婦を活用して / 蕪木秀枝/p38~43
          • 減っている家庭訪問――保健所保健婦の場合 / 花田ミキ/p44~51
          • 訪問看護料――2つの例から / 福田洋子/p52~55
          • 対談 看護そのものをみつめる目――『看護のなかの死』をめぐって / 薄井坦子 ; 寺本松野/p57~69
          • 助産婦の定義/自然分娩と母乳 第17回ICM大会報告から(1) / 藤田八千代/p113~117
          • 神奈川県立看護教育大学校――専門看護学科人工透析看護課程の教育目標と問題点 / 大谷昌美 他/p118~123
          • 顔 毎日新聞の日本研究賞に論文入賞 川村佐和子さん / す/p104~105
          • 口絵 西陣地区の人々とともに――堀川病院の訪問看護 /
          • パーキンソン氏病公開講座(7)パーキンソン氏病患者の訪問記録 / 酒井ツネ ; 安森恵子/p72~79
          • 慢性関節炎患者の看護(3)慢性関節リウマチ / 吉松俊一 他/p80~86
          • 頭頸部がんの術前・術後の看護(6)口腔領域のがん / 佐々木昭子 他/p87~96
          • 薬剤の副作用(終)よく使われる薬とその主な副作用 / 関隆/p70~71
          • 医学小話(35)赤ちゃんのミルク利用/病室の清掃 / 渋澤喜守雄/p110~111
          • あしたの白衣像(終)あしたのために / 朝海さち子/p97~103
          • 青春の風景 若き日の思い出・明日をめざして (3) / 菅原恵子/p130~133
          • 本棚のトピックス 有機農業革命―汚れなき土に播け 誰のために子どもを産むか 私憤から公憤へ―社会問題としてのワクチン禍 永遠なる青春―ある保健婦の昭和史 週刊誌のすべて / 斎藤英夫/p106~109
          • ICNのページ 国際看護婦の日 / 尾田葉子/p124~125
          • ICNのページ 看護職の労働と生活条件について説いたICN元社会経済福祉部長ミス・クイン来日の想い出 / 千野静香/p126~129
          • かんじゃかい 新光会(難聴者団体) ワクチン禍研究会 / 編集部 ; 吉田俊子 ; 吉原賢二/p134~136
          • 日本看護協会だより 准看護婦養成廃止に向けて結束を目指す(3) 第5回理事会報告 第5回准看護婦養成廃止推進会議 / 小島ユキエ/p148~153
          • 看護関係雑誌文献目録 1976(3) //p137~142
          • 今月の動き 医療・看護・福祉・婦人 //p144~147
          • 「看護」4月号予告 //p51~51
        • 28(4) [105]
        • 28(5) [105]
        • 28(6) [105]
        • 28(7) [101]
        • 28(8) [105]
        • 28(9) [109]
        • 28(10) [109]
        • 28(11) [109]
        • 28(12) [107]
      • 1977 (13)
      • 1978 (12)
      • 1979 (13)
    • 1980~1989 (138)
    • 1990~1999 (147)
    • 2000~2009 (15)

看護 = Journal of the Japanese Nursing Association : 日本看護協会機関誌の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3392709/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。