国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

看護 = Journal of the Japanese Nursing Association : 日本看護協会機関誌. 37(10)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 看護 = Journal of the Japanese Nursing Association : 日本看護協会機関誌
    • 1950~1959 (111)
    • 1960~1969 (121)
    • 1970~1979 (124)
    • 1980~1989 (138)
      • 1980 (13)
      • 1981 (13)
      • 1982 (14)
      • 1983 (14)
      • 1984 (14)
      • 1985 (14)
        • 37(1) [125]
        • 37(2) [113]
        • 37(3) [115]
        • 37(4) [109]
        • 37(5) [126]
        • 37(6) [120]
        • 37(7) [114]
        • 37(8) [111]
        • 37(9) [108]
        • 37(10) [110]
          • 今月のことば 病気は心のファンタジー / 川本三郎/p2~3
          • 特集 第18回ICNイスラエル大会 //p4~55
          • 第18回 ICN イスラエル大会 / 編集部/p4~11
          • ICN 会員協会代表者会議報告 各国際機関との協力のもとにICN事業を推進 / 小林ゆき/p12~20
          • 21世紀に向けて世界の看護職がとりくむ課題――全体会・分科会のなかから / 季羽倭文子/p21~29
          • 日本におけるソーシャル・サポートの変化に対応するための看護教育への提言 / 南裕子/p30~35
          • テルアビブの5日間――全体会・分科会傍聴記 / 見藤隆子/p36~40
          • 看護婦――なんのための力か NCFIに参加して / 福嶌知恵子/p41~46
          • 施設見学に参加して / 大関マサ子/p47~49
          • 新しい自己の発見を求めて ICN 大会・みたこと,感じたこと / 赤沢陽子/p50~53
          • 国内における学生部会の充実が課題 ICN学生大会報告 / 加藤麗華/p54~55
          • 4年制大学における看護基礎教育の教育内容の検討とその試案――看護教育制度検討委員会の答申 / 金子道子/p130~136
          • 新連載 看護とカウンセリング――具体的事例をとおして / 吉田哲/p74~81
          • 戦後看護界出来事誌(14)日本助産婦会の独立 / 伊藤隆子/p118~127
          • 動詞と人生(9)ごたく並べて「訣れる」か / べっしょちえこ/p69~73
          • 精選看護論文翻訳紹介シリーズ(8)看護における専門職業務と専門化 / ドロシー E.ジョンソン ; 加藤道子/p101~110
          • アメリカ訪問看護事情(9) / 季羽倭文子/p56~64
          • システム思考による看護管理の総合診断(5) / 看護管理事例研究会/p111~117
          • 医学小話 / 澁澤喜守雄/p82~83
          • 本棚のトピックス / 斎藤英夫/p84~87
          • マイ・ダイアリー / 高橋八代江/p88~91
          • コーヒーブレイク //p92~93
          • このひと月 //p96~99
          • かんじゃかい / 島温徳/p94~95
          • グラフ 第18回ICNイスラエル大会 1985年6月15日~20日 /
          • かお 馬蔭楠さん 半年にわたる日本での看護教育の研修を終えて帰国した / 坂元永 ; 細貝まち子/p65~
          • 看護関係雑誌文献目録 //p137~147
          • 「看護」10月号予告 //p49~49
          • 告知板 //p128~129
          • 編集後記 / 稲田/p160~160
          • 日本看護協会 続発する不祥事の波紋――基準看護総点検のあとにくるもの / 杉谷藤子/p149~152
          • 日本看護協会 ニュース・ファイル //p152~159
          • 表紙のことば / 小林敏也/p129~129
        • 37(11) [110]
        • 37(12) [113]
        • 37(13) [92]
        • 37(14) [111]
      • 1986 (14)
      • 1987 (14)
      • 1988 (14)
      • 1989 (14)
    • 1990~1999 (147)
    • 2000~2009 (15)

看護 = Journal of the Japanese Nursing Association : 日本看護協会機関誌の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3392834/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。