国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

看護教育 = The Japanese journal of nursing education. 36(3)(428)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 看護教育 = The Japanese journal of nursing education
    • 1960~1969 (94)
    • 1970~1979 (120)
    • 1980~1989 (129)
    • 1990~1999 (127)
      • 1990 (13)
      • 1991 (13)
      • 1992 (13)
      • 1993 (13)
      • 1994 (13)
      • 1995 (13)
        • 36(1)(426) [65]
        • 36(2)(427) [89]
        • 36(3)(428) [52]
          • 特集 よりよい臨床実習を目指して //~251
          • ちょっと変だぞ,臨床実習 臨床医からみた疑問点 / 小笠原望/p223~226
          • 異文化に触れて考えたこと 臨床実習指導の現場から / 兼平佳子/p227~231
          • 2年課程における臨床実習の工夫 積み上げるべき内容は何か / 森美春/p232~238
          • 患者さんの事実から出発する教育 本校の臨床実習での試み / 江原美智子 ; 川上佐代子 ; 北山瑞枝 ; 後藤由紀子 ; 遠藤絹子 ; 成田しず子 ; 江崎絹枝 ; 片岡和江 ; 天野真知子/p239~244
          • 看護基礎実習における看護観の育ち 「新鮮な体験」に注目した実習展開の試み / 石津みえ子/p245~251
          • 調査・研究 臨床実習における性の援助の指導方法 患者の性的言動に困惑した学生の場合 / 斎藤一江 ; 人見裕江 ; 郷木義子 ; 斉藤美智子/p277~279
          • 調査・研究 看護専門学校への進路決定要因の分析とそれに基づく学校適応状況の解明 看護職優先選択者と非優先選択者との比較から / 竹内千恵子 ; 小玉正博/p280~285
          • 調査・研究 本校における母性看護実習の試み 「母性自主活動」と称する地域看護実習を取り入れて / 渡辺ナツ子 ; 杉谷みつ子 ; 鮎澤とみ子 ; 畑中スミ子/p286~289
          • 私の学校改革 ・3(最終回) 学校を我が手で守れ―1992 / 勝又マリ子/p252~255
          • 日本看護系大学協議会調査報告 ・3(最終回) 専門看護婦(士)養成のための修士課程におけるカリキュラム / 日本看護系大学協議会平成5年度専門分化検討委員会/p257~267
          • 癒しの環境 ・3 被災者の心のケアを / 高柳和江 ; クミコ・クリストフ/p218~221
          • 学生のための看護診断入門 ・12 異常体験のある精神分裂病の患者の看護診断 / 堤由美子 ; 柴田恭亮 ; 三浦陽子 ; 中俣直美 ; 中馬成子 ; 田畑裕子 ; 別府博子 ; 鹿島友義/p272~276
          • 看護学教育研究実践への提言 ・12 看護学教育のカリキュラムに関する研究動向と今後の課題 / 亀岡智美 ; 定廣和香子/p292~297
          • CROSSROAD 初めて臨床実習を受け入れて / 多湖由利/p298~299
          • グラフ 阪神大震災の現場から 第1報 ナースとして体験したこと / 勝田仁美/p214~215
          • グラフ 地域に実習場を求めて 都立大塚看護専門学校の母性自主活動 //p216~217
          • 書評 看護過程にそったケアリングの実践記録 / 井上智子/p256~256
          • JNE Digest Intrapreneurshipという新しい概念 Journal of Nursing Education33巻(1994年)5号後半から6号より / 勝原裕美子/p268~271
          • 看護学生フォーラム“ねんど”のページジヤツク ・15 タバコ,なぜ吸うの,の巻 ねんど //p300~301
          • INFORMATION //p285~285,297~297,299~299,301~301
          • 次号予告・投稿規定・編集後記 //p302~302
        • 36(4)(429) [51]
        • 36(5)(430) [51]
        • 36(6)(431) [51]
        • 36(7)(432) [51]
        • 36(8)(433) [77]
        • 36(9)(434) [51]
        • 36(10)(435) [51]
        • 36(11)(436) [52]
        • 36(12)(437) [68]
        • 36(13)(438) [61]
      • 1996 (13)
      • 1997 (12)
      • 1998 (12)
      • 1999 (12)
    • 2000~2009 (12)

看護教育 = The Japanese journal of nursing educationの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3394100/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。