国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

看護教育 = The Japanese journal of nursing education. 36(5)(430)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 看護教育 = The Japanese journal of nursing education
    • 1960~1969 (94)
    • 1970~1979 (120)
    • 1980~1989 (129)
    • 1990~1999 (127)
      • 1990 (13)
      • 1991 (13)
      • 1992 (13)
      • 1993 (13)
      • 1994 (13)
      • 1995 (13)
        • 36(1)(426) [65]
        • 36(2)(427) [89]
        • 36(3)(428) [52]
        • 36(4)(429) [51]
        • 36(5)(430) [51]
          • 特集 やさしさと思いやりの育成 //~417
          • やさしさ,思いやりをどう育成するか 実習場面における分析 / 嘉屋優子 ; 門間正子/p395~399
          • 看護の思いやり行動モデルの作成 / 一戸妙子 ; 石川恵美子 ; 川合育子 ; 清野喜久美/p400~404
          • 職業的能力としてのやさしさの育成 看護学生のやさしさ概念と行動についての調査からの一考察 / 大谷和代 ; 木村久美子/p405~410
          • コールバーグ理論を用いた職業的態度の育成 / 平田幸子 ; 塩見眞琴 ; 平田登志子 ; 大石浩子/p411~417
          • 調査・研究 清潔に対する看護者の意識調査 / 佐藤道子 ; 夏目みつ子 ; 小竹愛子 ; 石牧純子 ; 青山誘子 ; 守屋滝乃/p428~434
          • 調査・研究 看護学生の実習着の取り扱いについて 関東地区における実態調査 / 西山智春 ; 岡部幸枝 ; 柴田静子/p435~439
          • 少子・高齢社会看護問題検討会報告書について 看護教育との関連から / 田村やよひ/p418~421
          • 特別講義 更年期をクリアする 働く女性へのアドバイス / 池本桂子/p440~445
          • 新連載 新米教員―七転び八起き ・1 震災で強まった看護婦アイデンティティ / 勝原裕美子/p392~393
          • 癒しの環境 ・5 無認識 / 高柳和江 ; クミコ・クリストフ/p388~391
          • 学生のための看護診断入門 ・14(最終回) 清潔隔離中の神経芽細胞腫患児の看護診断 / 田畑裕子 ; 堤由美子 ; 中馬成子 ; 中俣直美 ; 三浦陽子 ; 別府博子 ; 柴田恭亮 ; 鹿島友義/p446~452
          • 看護学教育研究実践への提言 ・14 老人看護学教育研究の動向と今後の課題 / 小川妙子 ; 定廣和香子/p454~459
          • 病床環境理解のための12の課題 ・2 人間集合と病室空間 課題1:多床室におけるプライバシー[前編] / 川口孝泰/p460~464
          • グラフ 巣立ちの日―阪神大震災から50日 甲南病院看護専門学校第18回卒業式行なわれる //p386~387
          • NEWS FLASHBACK ・2 / 田尾恭子/p410~410
          • 書評 看護教員としてともにあゆむ日々 / 金子道子/p426~426
          • 書評 看護教員のための 授業設計ワークブック / 高橋みや子/p427~427
          • 書評 安楽死事件 模擬裁判を通してターミナルケアのあり方を問う / 豊澤英子/p453~453
          • JNEニュース 第2回癒しの環境研究会開かれる //p421~421
          • JNE Digest 状況の変化を反映した教育方法 Journal of Nursing Education33巻(1994年)7号から8号前半までの概要 / 上野昌江/p422~425
          • 看護学生フォーラム“ねんど”のページジャック ・17 患者さんへの過剰な関わりって何?の巻 ねんど //p466~469
          • INFORMATION //p417~417,459~459
          • 次号予告・投稿規定・編集後記 //p468~468
        • 36(6)(431) [51]
        • 36(7)(432) [51]
        • 36(8)(433) [77]
        • 36(9)(434) [51]
        • 36(10)(435) [51]
        • 36(11)(436) [52]
        • 36(12)(437) [68]
        • 36(13)(438) [61]
      • 1996 (13)
      • 1997 (12)
      • 1998 (12)
      • 1999 (12)
    • 2000~2009 (12)

看護教育 = The Japanese journal of nursing educationの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3394102/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。