国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

看護教育 = The Japanese journal of nursing education. 36(6)(431)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 看護教育 = The Japanese journal of nursing education
    • 1960~1969 (94)
    • 1970~1979 (120)
    • 1980~1989 (129)
    • 1990~1999 (127)
      • 1990 (13)
      • 1991 (13)
      • 1992 (13)
      • 1993 (13)
      • 1994 (13)
      • 1995 (13)
        • 36(1)(426) [65]
        • 36(2)(427) [89]
        • 36(3)(428) [52]
        • 36(4)(429) [51]
        • 36(5)(430) [51]
        • 36(6)(431) [51]
          • 特集 教員に必要な経営的感覚Part1 //~497
          • 看護学校における教育と経営の理念 / 伊藤暁子/p479~483
          • カリキュラムの運営に対する経営的取り組み / 伊藤暁子/p484~488
          • 教職員の組織化と個々の意欲の向上 / 西村千代子/p489~492
          • 経済的側面からみた看護学校の教育と経営 / 関根龍子/p493~497
          • 調査・研究 ターミナル期にある患者を受け持った学生への教師の関わりについて 3事例を通して / 時崎泰子/p510~517
          • 調査・研究 血圧測定技術教育に関する研究 第1報 測定値一致程度と視覚情報との関係 / 林文代 ; 辻川真弓 ; 臼井徳子 ; 松下正子 ; 上本野唱子 ; 草川好子 ; 河合富美子 ; 杉浦静子/p518~523
          • 調査・研究 技術の3領域を統合させる教授方法に事例のイメージ化を行なって 全身清拭の援助技術より / 山中恵利子/p524~529
          • 私と看護の歩んできた道 高橋シュン先生に聞く / 勝原裕美子/p498~504
          • 癒しの環境 ・6 フルタイムの患者からパートタイムの患者へ / 高柳和江 ; クミコ・クリストフ/p472~475
          • 晴れたらいいね!2足のわらじの自分予報 ・2 2足のわらじのそのワケは / 荒尾晴惠/p476~477
          • 看護学教育研究実践への提言 ・15 小児看護学教育研究の動向と今後の課題 / 舟島なをみ ; 定廣和香子/p530~535
          • 病床環境理解のための12の課題 3 人間集合と病室空間 課題1:多床室におけるプライバシー[後編] / 川口孝泰/p536~540
          • CROSSROAD 教育と医療におけるパターナリズムとマターナリズムの考察 / 益田昭吾/p541~541
          • CROSSROAD ミクロネシア連邦国で援助について考えた / 三好智代子/p542~543
          • CROSSROAD 准看護婦の目から見た「少子・高齢社会看護問題検討会報告」 / 田尾恭子/p544~545
          • グラフ 開学時に全スタッフをそろえて山梨県立看護短期大学開学 全教員54名の中,医学系はただ1人 //p470~471
          • JNEニュース 日赤看護大学に待望の大学院・博士課程が誕生 //p483~483
          • NEWS FLASHBACK ・3 / 良村貞子/p529~529
          • 海外文献にみる看護教育研究 根本的変革の成果看護教育への新たな提言 / 佐伯和子/p506~507
          • 書評 臨床看護研究の進歩VOL.6 / 鈴木ルリ子/p509~509
          • 今月の4冊 『岩波ブックレットNo.367脳死と臓器移植医療界の合意は成立したか』『理性から祈りへ苦しみを超える具体的プロセス』『知的生産のためのパソコン技法データ処理と論文・レポート作成法』『天使じゃないのよ ハートフル4コママンガ』 //p508~508
          • 看護学生フォーラム“ねんど”のページジャック ・18 第1回国際ホスピスフォーラムに参加して,の巻 ねんど //p546~547
          • INFORMATION //p497~497,523~523,548+1~548+1
          • 次号予告・投稿規定・編集後記 //p548~548
        • 36(7)(432) [51]
        • 36(8)(433) [77]
        • 36(9)(434) [51]
        • 36(10)(435) [51]
        • 36(11)(436) [52]
        • 36(12)(437) [68]
        • 36(13)(438) [61]
      • 1996 (13)
      • 1997 (12)
      • 1998 (12)
      • 1999 (12)
    • 2000~2009 (12)

看護教育 = The Japanese journal of nursing educationの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3394103/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。