国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

看護教育 = The Japanese journal of nursing education. 36(13)(438)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 看護教育 = The Japanese journal of nursing education
    • 1960~1969 (94)
    • 1970~1979 (120)
    • 1980~1989 (129)
    • 1990~1999 (127)
      • 1990 (13)
      • 1991 (13)
      • 1992 (13)
      • 1993 (13)
      • 1994 (13)
      • 1995 (13)
        • 36(1)(426) [65]
        • 36(2)(427) [89]
        • 36(3)(428) [52]
        • 36(4)(429) [51]
        • 36(5)(430) [51]
        • 36(6)(431) [51]
        • 36(7)(432) [51]
        • 36(8)(433) [77]
        • 36(9)(434) [51]
        • 36(10)(435) [51]
        • 36(11)(436) [52]
        • 36(12)(437) [68]
        • 36(13)(438) [61]
          • 特集 「抑制」の重さと看護教育 /
          • 「抑制」と人権教育 人間を看護することの意味と責任,価値 / 久保成子/p1135~1140
          • 老人看護では「抑制」をどのように考え,教えているか / 水戸美津子/p1141~1144
          • 小児看護の中での「抑制」 安全性の視点からの点検と改善を / 桑野タイ子/p1145~1149
          • 抑制=看護する者の人間としての質を問われるもの 精神科看護にかかわる中で / 与座和子/p1150~1154
          • 「抑制」を行なわないという実践 看護婦としての誇りにかけて / 田中とも江/p1155~1159
          • 老人医療の中での「抑制」を考える 看護学としてとらえるとき / 清水那智子/p1160~1164
          • 調査・研究 体温測定技術に関する教育を考える 看護の現状と教育の実態から / 芳賀佐和子 ; 朝比奈佳代 ; 角濱春美 ; 吉武香代子/p1170~1176
          • 調査・研究 臨床実習指導者の指導意識と取り組み / 宇佐美千恵子 ; 小澤道子/p1177~1183
          • 調査・研究 エンカウンター方式によるグループワークの過程分析 授業者の感受性と表現力を高めるために / 細川順子/p1184~1189
          • NURSING EYE 看護の二重構造 / 二重作清子/p1190~1193
          • 癒しの環境 ・12 チームワーク / 高柳和江 ; クミコ・クリストフ/p1128~1131
          • 晴れたらいいね!2足のわらじの自分予報 ・5 変わらなきゃ! / 荒尾晴惠/p1132~1133
          • 病床環境理解のための12の課題 ・9 療養場面とベッドまわり空間 課題5:対人距離とベッド間隔[前編] / 川口孝泰/p1194~1198
          • グラフ 先ずは今年も無事目出度く千秋楽 東邦大学医療短期大学文化講座発表会 //p1126~1127
          • 海外文献にみる看護教育研究 看護婦は熟知していないテクノロジーの不安にいかに反応し,対処しているか 継続教育の有効性 / 皆川美紀/p1168~1169
          • NEWS FLASHBACK ・9 夫婦別姓「子の姓は同一」 / 良村貞子/p1183~1183
          • 書評 今かくあれども / 吉岡充/p1165~1165
          • 書評 精神科看護の方法 患者理解と実践の手がかり / 岩瀬信夫/p1166~1166
          • 書評 フローチャートでみる術式別看護ケア / 小野幸子/p1167~1167
          • 書評 オレム看護論 看護実践における基本概念(第3版) / 藤尾ミツ子/p1167~1167
          • CROSSROAD 学校全体でチェルノイブイリ被災地の看護婦を支援する――長野県須坂看護専門学校紅葉月祭 / 鷹野和美/p1200~1200
          • CROSSROAD 中国の看護教育の展望について / 陳淑英/p1200~1201
          • 看護学生フォーラム"ねんど"のページジャック ・23 実習へのボヤキ 臨床実習中に正直な感想を話し合う,の巻 ねんど //p1202~1203
          • INFORMATION //p1159~1159,1176~1176,1203~1203
          • 次号予告・投稿規定・編集後記 //p1204~1204
      • 1996 (13)
      • 1997 (12)
      • 1998 (12)
      • 1999 (12)
    • 2000~2009 (12)

看護教育 = The Japanese journal of nursing educationの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3394110/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。