国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

漢方の臨床. 45(11)(531)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 漢方の臨床
    • 1950~1959 (60)
    • 1960~1969 (115)
    • 1970~1979 (115)
    • 1980~1989 (119)
    • 1990~1999 (120)
      • 1990 (12)
      • 1991 (12)
      • 1992 (12)
      • 1993 (12)
      • 1994 (12)
      • 1995 (12)
      • 1996 (12)
      • 1997 (12)
      • 1998 (12)
        • 45(1)(521) [91]
        • 45(2)(522) [67]
        • 45(3)(523) [63]
        • 45(4)(524) [75]
        • 45(5)(525) [75]
        • 45(6)(526) [67]
        • 45(7)(527) [75]
        • 45(8)(528) [71]
        • 45(9)(529) [71]
        • 45(10)(530) [67]
        • 45(11)(531) [159]
          • 目でみる漢方史料館 (126) 北京図書館蔵、多紀元堅ら手沢の古医籍(二) / 真柳誠/p2~4
          • 東亜医学協会創立六十周年記念号に寄せて / 大塚恭男/p11~11
          • 日本漢方医学会の創立時の記録――東亜医学協会の芽生え / 矢数道明/p12~14
          • 傷寒論の三陰三陽(六病位)の由来を尋ねて / 山田光胤/p15~26
          • 『傷寒論』を読みつつ昔の腸チフス診療を回顧する / 長谷川弥人/p27~33
          • 月湖編纂『全九集』の諸問題――『月湖抜粋医学迪蒙』からの再検討 / 遠藤次郎 ; 中村輝子/p35~46
          • 『本草綱目』の日本初渡来記録と金陵本の所在 / 真柳誠/p47~55
          • 『史記』扁鵲倉公列伝の三家注の注音について / 宮川浩也/p57~72
          • 向井元升の事蹟とその家族 / 難波恒雄/p73~96
          • 二味の薬徴による薬方の展開図と方意・方格 / 田畑隆一郎/p97~114
          • 台湾の伝統医学 / 宮崎瑞明/p115~124
          • 突発性発疹症に対する白虎加人参湯の解熱効果 / 阿部勝利 ; 田中清/p125~130
          • 私の好きな処方、茯苓四逆湯 / 井上淳子/p131~138
          • 桑菊飲の使用経験 / 木下恒雄/p139~144
          • 葛根黄苓黄連湯の三治験例と腹証について / 森由雄/p145~149
          • 慢性膵炎の疼痛に対する漢方薬の効果 / 土方康世/p150~155
          • 茯苓沢瀉湯の応用 / 南利雄/p156~159
          • 炎症性耳下腺腫瘤の一例 / 小泉久仁弥/p160~162
          • 疾病史から見た『傷寒論』 / 中村昭/p163~187
          • 『康平傷寒論』の格写について / 玉置英成/p188~201
          • 奥田謙蔵著『傷寒論講義』をめぐって / 鎌田慶市郞/p202~204
          • 「痰飲」考 / 小髙修司/p205~213
          • 「精・気・神」補遺 / 吉元昭治/p214~217
          • 生姜類について / 鈴木堯/p218~223
          • 原点に戻りたい!! / 王瑞雲/p224~226
          • 漢方薬は世につれ、世は漢方薬につれ ~揺れ動く庶民の漢方観 / 吉岡信/p227~233
          • 再生の医学・希望の医学 / 笠原栄司/p233~234
          • 五行鍼の活用 / 柿田秀明/p235~243
          • 女子医大雑話 (63) 高齢者の3症例 / 新井信 ; 盛岡頼子 ; 溝部宏毅/p244~250
          • 漢方治療中に著しい改善を見た胃底腺ポリポージスの一症例 / 岡田耕造/p251~256
          • 東洋堂経験余話 (98) 関節リウマチに防風通聖散合通導散料ほか / 松本一男/p257~259
          • 漢方診療おぼえ書 (180) 不眠症に養心湯ほか / 緒方玄芳/p260~261
          • 多紀元堅の傷寒論講義 (1) (存誠塾傷寒論記聞) / 岡利幸/p262~268
          • 山田業広著『金置要略集注』訓読 (12) / 千葉古方漢方研究会/p269~276
          • 腎気、天癸、衝任の検討及び産婦人科との関係 / 小野正弘/p277~285
          • 中国の雑誌「医学与哲学」について (上) ―その歴史・内容・評価 / 図亜 ; 津谷喜一郎/p286~293
          • 中国衛生部前部長崔月犁先生の逝去を悼む / 矢数道明/p294~295
        • 45(12)(532) [155]
      • 1999 (12)
    • 2000~2009 (12)

漢方の臨床の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3394687/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。