国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

慶應医学. 14(11)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 慶應医学
    • 1920~1929 (113)
    • 1930~1939 (130)
      • 1930 (14)
      • 1931 (14)
      • 1932 (13)
      • 1933 (13)
      • 1934 (13)
        • 14(1) [241]
        • 14(2) [255]
        • 14(3) [165]
        • 14(4) [147]
        • 14(5) [117]
        • 14(6) [105]
        • 14(7) [107]
        • 14(8) [189]
        • 14(9) [251]
        • 14(10) [215]
        • 14(11) [177]
          • 同一患者ニテ血中ヨリ腸「チフス」菌、屎尿中ヨリ「パラチフス」B菌ヲ檢出シタル一異例症 Ein abnormer Fall,bei dem die Typhusbazillen im Blut und die Paratyphus-B-Bazillen im Kot und Harn desselben Patienten vorgefunden werden. / 尾崎繁 ; 山田鐡三郞/p1615~1622
          • 開放及閉鎻感應電流ニ依ル閾下刺戟ノ疏通及制止ニ就テ The Facilitation-Inhibition-Relation of subliminal Break and Make Induction Shocks. / 磯部鷹三/p1623~1632
          • 人血液電氣傳導度ニ關スル硏究 第一報 可聽交流ノ周波數ト人血液電氣傳導度トノ關係 On the Electrical Conductivity of Human Blood. 1. The Relation of Frequency of Alternating Current of Audio-frequency to the Conductivity of human Blood. / 堀內忠雄/p1633~1644
          • 人血液ノ電氣傳導ニ關スル硏究 第二報 紫外線、赤外線ノ血液電氣傳導度ニ及ボス影響 On the Electrical Conductivity of Human Blood. 2. Effect of Ultra-violet and Ultra-red Ray upon the Electrical Conductivity of human Blood. / 堀內忠雄/p1645~1656
          • 神經纎維ノ機能ト其ノ太サトノ關係(第一報)(蟇ノ坐骨神經ヲ形成スル脊髓根及ビ他ノ二、三ノ神經幹中ノ有髓神經纎維ノ太サ及ビ數ニ就テ) On the Relation between the Function and the size of Nerve Fibres(Part 1) (On the Size of Nerve Fibres in the Spinal Roots which from the Sciatic Nerve, and in some other Nerve Trunks of the Toad.) / 杉山龍二/p1657~1662
          • 神經纎維ノ機能ト其ノ太サトノ關係(第二報)脊髓前根ヨリ單一運動神經纎維ヲ剔出ス On the Relation between the Functions and the Sizes of Nerve Fibres. (Part 2) Isolation of a Single Motor Fibre from an Anterior Spinal Root. / 井上省三/p1663~1666
          • 人卵巢機能ノ「エネルギー」代謝ニ及ボス影響 On the Influence of the Ovarian Functions on Basal Metabolism. / 樋口寅郞/p1667~1747,1749~1758
          • 男子尿中ニ於ケルTrichomonasノ檢索 Examinations of the Urine of Men for Trichomonas vaginalis. / 三宅薰二郞 ; 山田菊雄/p1759~1762
          • 蛔蟲體腔液ノ經口的投與ニヨル病變ノ硏究 Pathological Studies of actions of Oral Administration of the Coelomic Fluid of Ascaris. / 佐野隆義/p1763~
        • 14(12) [107]
        • 總目次14(1)-(12) [19]
      • 1935 (12)
      • 1936 (12)
      • 1937 (13)
      • 1938 (13)
      • 1939 (13)
    • 1940~1949 (52)
    • 1950~1959 (58)
    • 1960~1969 (72)
    • 1970~1979 (60)
    • 1980~1989 (60)
    • 1990~1999 (60)
    • 2000~2009 (6)

慶應医学の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3396110/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。