国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

慶應医学. 15(3)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 慶應医学
    • 1920~1929 (113)
    • 1930~1939 (130)
      • 1930 (14)
      • 1931 (14)
      • 1932 (13)
      • 1933 (13)
      • 1934 (13)
      • 1935 (12)
        • 15(1) [69]
        • 15(2) [131]
        • 15(3) [87]
          • 剔出單一神經纎維支配下筋纎維群(motor unit)ノ興奮ニ就テ 第二報 剔出單一神經纎維筋標本ニ於ケル刺戟強度ト筋働作流トノ關係 On the Excitation of excised single motor unit. II. The relation between the height muscle action current and the intensity of stimulus on the single nerve muscle preparation. / 小野康平/p327~
          • 犬ノ絲狀蟲病ノ硏究(其ノ一)Filaria病犬ノ器官特ニ腦髓ノ病理組織學的硏究 Untersuchungen über die Filariasis des Hundes. I. Mitteilung. Über die Histopathologie der Organe, besonders des Hirns des an Filariasis leidenden Hundes. / 三村六郞/p337~
          • 運動練習ノ組織呼吸ニ及ボス影響ニ就テ(第一報告) The Effects of Muscular Exercise on the Respiratory Activity of Tissues (Part I) / 小川朝吉 ; 渡邊謙一 ; 小野定男/p365~375
          • 「カドミウム」及ビ蒼鉛化合物ノ毒作用ニ就テノ實驗 Experimente über die toxischen Wirkungen der Kadmium- und Bismutverbindungen. / 高橋貞助/p377~390
          • 異宿主消化管內ニ於ケル鷄蛔蟲ノ發育ニ關スル硏究 Infection Experiments of Ascaridia perspicillum in Mice. / 佐藤千代三郞/p391~395
          • 十二指腸蟲ノ重複感染ニ關スル硏究 Repeated Infection Tests of Hook worm. / 銅木淳三/p397~
          • 蛔蟲體腔液ノ毒作用知見補遺 Contributions to the Knowledge of the Toxicity of the Coelomic Fluid of Ascaris. / 菅能啓一/p423~438
          • 蛔蟲ニヨリ誘發セラレタル蟲樣突起炎ノ二例ニ就テ Two Cases of Appendicitis Caused by Ascaris. / 小方則太郞/p439~
          • 蛔蟲體腔液ノ消化管粘膜反應ニ關スル硏究反應ノ成立機轉並ニ反應ニ及ボス諸影響ニ就テ(第二報告) Reaction of the Mucous Membrane of the Gastrointestinal Canal to the Coelomic Fluid of Ascaris. II / 八木胤幸/p445~467
        • 15(4) [132]
        • 15(5) [78]
        • 15(6) [78]
        • 15(7) [90]
        • 15(8) [75]
        • 15(9) [85]
        • 15(10) [146]
        • 15(11) [69]
        • 15(12) [98]
      • 1936 (12)
      • 1937 (13)
      • 1938 (13)
      • 1939 (13)
    • 1940~1949 (52)
    • 1950~1959 (58)
    • 1960~1969 (72)
    • 1970~1979 (60)
    • 1980~1989 (60)
    • 1990~1999 (60)
    • 2000~2009 (6)

慶應医学の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3396115/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。