国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

慶應医学. 15(4)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 慶應医学
    • 1920~1929 (113)
    • 1930~1939 (130)
      • 1930 (14)
      • 1931 (14)
      • 1932 (13)
      • 1933 (13)
      • 1934 (13)
      • 1935 (12)
        • 15(1) [69]
        • 15(2) [131]
        • 15(3) [87]
        • 15(4) [132]
          • 電導子間結紮ノ闥閾刺戟強度及疏通制止曲線ニ與フル影響 The Threshold-Interval Curve under Ligature between Cathode and Anode of Stimulating Electrodes. / 勝田泰一/p471~486
          • 中樞神經ニ於ケル制止現象ノ硏究(第十報)Reciprocal Innervationヲ解說ス(反射制止纎維ト脊髓トノ關係 其ノ一) On the Mechanism of Reciprocal Innervation. (The Reration between Reflex Inhibitory Fibres and Spinal Cord. Part I) / 增田良太/p487~499
          • 中樞神經ニ於ケル制止現象ノ硏究(第十一報)反射制止纎維ハ反對側ノ筋收縮ヲ制止スルヤ(反射制止纎維ト脊髓トノ關係 其ノ二) Does the Reflex inhibitory Fibre Inhibit the Contraction of Contralateral Muscle? (The Reration between Reflex Inhibitory Fibres and Spinal Cord. Part II) / 增田良太/p501~508
          • 中樞神經ニ於ケル制止現象ノ硏究(第十二報)反射制止纎維及ビ反射興奮纎維ト單一脊髓前角細胞トノ關係(反射制止纎維ト脊髓トノ關係 其ノ三) Connection of Single Motoneurone with Reflex Inhibitory and Excitatory Fibres in the Spinal Cord.(The Reration between Reflex Inhibitory Fibres and Spinal Cord. Part III) / 增田良太/p509~518
          • 犬ノ絲狀蟲病ノ硏究(其ノ二)Filaria immitisノ仔蟲ノ生物學的性狀及ビFilaria病犬ノ腦以外諸器官ノ變化ニ就キテ Untersuchung über dis Filariasis des Hundes. II. Mitteilung. Über die biologischen Beschaffenheiten der Larven von Filaria immitis,zug-leich über die Veränderungen der verschiedenen Organe des Hundes (das Hirn ausgenommen). / 三村六郞/p519~
          • 蛔蟲體腔液ノ家兎睾丸ニ及ボス作用 On the Action of the Coelomic Fluid of Ascaris upon the Testicule / 山田菊雄/p529~
          • 蛔蟲體腔液ノ血壓ニ及ボス作用ニ關スル硏究補遺 Contributions to the Knowledge of the Actions of the Coelomic Fluid of Ascaris upon the Blood Pressure / 菅能啓一/p657~669
          • 鞭蟲ト十二指腸蟲ノ交叉感染ニ關スル硏究 Cross-Infection Experiments with Trichocephalus vulpis and Ancylostoma caninum / 鈴木淳三/p671~689
          • 蛔蟲體腔液ノ血管作用ニ就テ On the Action of the Coelomic Fluid of Ascaris upon the Blood Vessels / 田中昌記/p691~706
        • 15(5) [78]
        • 15(6) [78]
        • 15(7) [90]
        • 15(8) [75]
        • 15(9) [85]
        • 15(10) [146]
        • 15(11) [69]
        • 15(12) [98]
      • 1936 (12)
      • 1937 (13)
      • 1938 (13)
      • 1939 (13)
    • 1940~1949 (52)
    • 1950~1959 (58)
    • 1960~1969 (72)
    • 1970~1979 (60)
    • 1980~1989 (60)
    • 1990~1999 (60)
    • 2000~2009 (6)

慶應医学の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3396116/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。