国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

慶應医学. 16(12)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 慶應医学
    • 1920~1929 (113)
    • 1930~1939 (130)
      • 1930 (14)
      • 1931 (14)
      • 1932 (13)
      • 1933 (13)
      • 1934 (13)
      • 1935 (12)
      • 1936 (12)
        • 16(1) [77]
        • 16(2) [71]
        • 16(3) [87]
        • 16(4) [120]
        • 16(5) [132]
        • 16(6) [75]
        • 16(7) [92]
        • 16(8) [104]
        • 16(9) [59]
        • 16(10) [120]
        • 16(11) [96]
        • 16(12) [157]
          • 人ノ松果腺ノ組織病理 Histopathologie der Menschlichen Zirbeldrüse. / 生田秀雄/p1883~
          • 農村民及ビ其生活ノ調査及ビ考察 第一編 總說 及ビ 第二編 地誌 Investigations on the People and Their Life in Farming Communities. Section 1. Introduction & Section 2. Topography / 小泉丹/p1999~2010
          • 十二脂腸蟲ノ重複經膚感染ニ關スル硏究 Repeated Cutanous Infection Experiments of Ancylostoma duodenale. / 笹田丁二/p2011~2048
          • 寄生蟲體抗元ニ關スル免疫學的硏究 局處過敏症ニ於ケル蟲體煮沸抗元ノ性狀ニ就テ Studies on Helminth Antigens. (On the nature of the Antigen from Boiled Body in Local Hypersensitiveness) / 村上眞/p2049~2056
          • 蛔蟲卵內仔蟲ノ感染能力ニ關スル硏究 Experiment on the Infectivity of the Larva of Ascaris. / 千葉隆/p2057~2067
          • 食品ノ加里及ビ曹達含有量ニ就イテ On the Potassium and Sodium Contents of Food Stuffs. / 遠藤外與人/p2069~2074
          • 十二指腸蟲病ノ臨牀的硏究(其四)十二指腸蟲病貧血ニ對スル鐵突擊療法並ニ肝臟療法ノ效果ニ就テ Clinical studies on Hookworm Disease. IV. On the Effect of “Eisenstoss” Therapy and Liver Therapy for Anaemia in Hookworm Disease. / 松坂光夫/p2075~2122
          • 大腦皮質刺戟ニヨル癲癇樣痙攣及ビ耳下腺唾液分泌ニ就イテ Üeber den epileptischen Krampf durch die Grosshirnrindenreizung und die Speichelsekretion der Glandula parotis. / 三神佑/p2123~2129
          • 刺戟ノ斷續ト條件反射唾液分泌トノ關係 Über die Beziehung zwischen der Unterbrechung des Reize; und der Speichelsekretion bei dem bedingten. / 三神佑/p2131~2134
          • 剔出單一神經纖維ニ於ケルRanvier氏括約輪ノ直流刺戟ニヨル實驗的硏究 第一報 基礎實驗 Experimental Studies on the Node of Ranvier of an Excised Single Nerve Fibre with Galvanic Currents. Report I. Fundamental Experiments. / 弓削中/p2135~2144
          • 剔出單一神經纖維ニ於ケルRanvier氏括約輪ノ直流剌戟ニヨル實驗的硏究 第二報 比較實驗 Experimental Studies on the Node of Ranvier of an Excised Single Nerve Fibre with Galvanic Currents. Report II. Comparative Experiments. / 弓削中/p2145~2152
      • 1937 (13)
      • 1938 (13)
      • 1939 (13)
    • 1940~1949 (52)
    • 1950~1959 (58)
    • 1960~1969 (72)
    • 1970~1979 (60)
    • 1980~1989 (60)
    • 1990~1999 (60)
    • 2000~2009 (6)

慶應医学の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3396136/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。