国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

内科 = Internal medicine : 臨床雑誌. 69(3)(417)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 内科 = Internal medicine : 臨床雑誌
    • 1950~1959 (26)
    • 1960~1969 (129)
    • 1970~1979 (120)
    • 1980~1989 (120)
    • 1990~1999 (120)
      • 1990 (12)
      • 1991 (12)
      • 1992 (12)
        • 69(1)(415) [168]
        • 69(2)(416) [173]
        • 69(3)(417) [172]
          • 特集 消化性潰瘍のトピックス //p404~524
          • 消化性潰瘍をめぐるトピックス / 寺野彰/p404~406
          • 基礎 潰瘍症の概念の今日的意義 / 小林絢三/p407~411
          • 基礎 消化性潰瘍の発症機序をめぐるトピックス / 佐藤信紘/p412~416
          • 基礎 胃酸分泌機序のトピックス / 菅野健太郎/p417~422
          • 基礎 胃粘膜防御機構の新展開 / 矢花剛/p423~429
          • 基礎 消化性潰瘍における消化管ホルモンの新しい位置づけ / 木下芳一/p430~433
          • 基礎 Helicobacter pyloriと消化性潰瘍の関連性 / 高木敦司/p434~436
          • 基礎 消化性潰瘍発症要因検索のための遺伝子学的アプローチ / 東健/p437~442
          • 臨床 潰瘍治癒判定における問題点 / 菊地一博/p443~447
          • 臨床 消化性潰瘍の診断における超音波内視鏡の役割 / 吉田行雄/p448~453
          • 臨床 消化性潰瘍治療の新しい基本戦略 / 宮原透/p454~459
          • 臨床 攻撃因子抑制薬の新しい使い方 / 中村孝司/p460~467
          • 臨床 プロトンポンプ阻害剤の作用機序とその使い方 / 安海義曜/p469~475
          • 臨床 防御因子増強剤の意義と新しい使い方 / 太田慎一/p476~479
          • 臨床 NSAIDs起因性胃病変の病態と治療 / 三澤正/p480~482
          • 臨床 H₂ブロッカー抵抗性潰瘍の実態とその対処法 / 横山善文/p483~487
          • 臨床 消化性潰瘍再発のメカニズムをめぐるトピックス / 峯徹哉/p488~490
          • 臨床 消化性潰瘍再発防止のための新しいアプローチ / 中原朗/p491~495
          • 臨床 上部消化管出血対策に関する新知見 / 三木一正/p497~500
          • 臨床 消化性潰瘍における外科的治療法の今日的意義 / 青木照明/p501~506
          • 座談会 プロトンポンプ阻害剤の登場によって消化性潰瘍の治療は変るか? / 寺野彰 ; 桑山肇 ; 屋嘉比康治 ; 浅香正博/p507~524
          • Let′s Try 左肺門下部異常陰影 / 神崎恒一/p525~527
          • Spot News 医用電子工学からみた潜在性肝性脳症の診断 / 渡辺明治/p534~537
          • Image New Sign Sign 3. 腫瘤形成性膵炎 / 大友邦/p543~543
          • Conference Room 多発性骨髄腫の治療中,意識障害とParkinson病様症状を呈した1例 / 三井記念病院/p529~533
          • Short Seminar 肝機能検査 3. 胆道系酵素 胆汁排出能 / 橋本直明/p544~546
          • シリーズQOL 実践編 慢性腎不全――透析 / 三村信英/p539~542
          • TOPICS 閉経後のエストロジェン治療と循環器疾患 / 川久保清/p548~549
          • TOPICS 虚血性心疾患の診断,治療における男女の性差sex biasについて / 西山信一郎/p549~550
          • TOPICS 慢性うっ血性心不全患者の予後に及ぼすenalaprilの効果 / 前村浩二/p550~551
          • TOPICS グルコーストランスポーター異常症 / 岡芳知/p551~552
          • TOPICS Paraneoplastic cerebellar degeneration(PCD)の分子機構 / 宮武正/p552~554
          • TOPICS 片頭痛,群発頭痛とsumatriptan / 森若文雄/p554~555
          • 内科的治療と外科的治療 / 亀田治男/p401~401
          • Photo Report 出血性胃Angiodysplasiaの1例 / 前田和弘/p528~528
          • Photo Report 脊髄空洞症に合併したKlippel-Feil症候群の1例 / 大西次郎/p538~538
          • 症例 血清CA125値がCEA値より著明な上昇を示した肺腺癌の1例 / 村西寿一/p559~560
          • 症例 長期生存しえた完全大血管転位の1剖検例 / 川田憲一/p561~564
          • 症例 有茎性に管外性発育を示し,術前診断が困難であった巨大胃平滑筋芽細胞腫の1例 / 野村政壽/p565~568
          • 症例 側頭動脈炎の臨床症状を合併した原発性胆汁性肝硬変の1例 / 木田さとみ/p569~570
          • 症例 Furosemide長期大量服用により腎機能障害をきたした1例 / 寺嶋正佳/p571~573
          • 症例 ネフローゼ症候群の完全寛解時の重症肺感染症にrG-CSFが著効を示した1例 / 森本健一/p574~577
          • 症例 高齢発症の成人Still病と思われる1例 / 有本太一郎/p578~580
          • 症例 血管炎による多発性単神経炎を合併した好酸球性筋膜炎の1例 / 野津史彦/p581~584
          • 症例 左右交代性の再発をみたTolosa-Hunt症候群の1例 / 鹿間幸弘/p585~587
          • 症例 Fahr病型基底核石灰化症における石灰化の機序 / 森直幹/p588~590
          • 症例 寛解導入に成功したBurkitt型急性リンパ性白血病(FAB-L3)の1例 / 飯田真介/p591~593
          • 症例 手指のしびれとテタニーのみを症状としNephrocalcinosisを合併したBartter症候群の1例 / 猪野正志/p594~596
          • 症例 縦隔内進展を呈した慢性甲状腺炎の1例 / 石田直/p597~599
          • Book Review 消化性潰瘍と防御因子増強剤 / 寺野彰/p556~556
          • Book Review 分子血液学 / 仁保喜之/p556~557
          • Book Review 《COMMON DISEASE SERIES19》『高脂血症』 / 吉田尚/p557~558
          • Book Review 『てんかんテキスト 理解と対処のための100問100答』 / 江藤文夫/p558~558
          • Research最前線 第4回肝再生研究会 / 藤原研司/p468~468
          • Research最前線 1991年国際エイズシンポジウム The Present and Future of AIDS / 中井益代/p496~496
          • 患者の疑問に答えるアレルギークリニック アトピー性皮膚炎の治療法 / 菅千束/p547~547
          • 新しい疾患&症候群 低形成性骨髄増殖症候群 / 山口潜/p584~584
          • 診療メモランダム 急性型間質性肺炎 / 鵜沢毅/p479~479
          • Information 第3回日本臨床スポーツ医学会総会 //p411~411
          • Information 第29回日本外科代謝栄養学会 //p433~433
          • Information 国際リウマチシンポジウム //p453~453
          • Information 第2回腎と妊娠研究会 //p500~500
          • Information 第65回日本薬理学会総会 //p542~542
          • 編集手帳 / N.Y./p600~600
          • Photo Report原稿募集 //p527~527
          • 今月の新刊書 //p577~577
          • 次号特集案内 //付録p1~1
          • 寄稿規定 //付録p2~2
        • 69(4)(418) [166]
        • 69(5)(419) [172]
        • 69(6)(420) [326]
        • 70(1)(421) [174]
        • 70(2)(422) [165]
        • 70(3)(423) [166]
        • 70(4)(424) [165]
        • 70(5)(425) [170]
        • 70(6)(426) [164]
      • 1993 (12)
      • 1994 (12)
      • 1995 (12)
      • 1996 (12)
      • 1997 (12)
      • 1998 (12)
      • 1999 (12)
    • 2000~2009 (12)

内科 = Internal medicine : 臨床雑誌の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3399380/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。