国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

内科 = Internal medicine : 臨床雑誌. 72(4)(436)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 内科 = Internal medicine : 臨床雑誌
    • 1950~1959 (26)
    • 1960~1969 (129)
    • 1970~1979 (120)
    • 1980~1989 (120)
    • 1990~1999 (120)
      • 1990 (12)
      • 1991 (12)
      • 1992 (12)
      • 1993 (12)
        • 71(1)(427 ) [159]
        • 71(2)(428) [156]
        • 71(3)(429) [162]
        • 71(4)(430) [153]
        • 71(5)(431) [156]
        • 71(6)(432) [327]
        • 72(1)(433) [156]
        • 72(2)(434) [154]
        • 72(3)(435) [161]
        • 72(4)(436) [161]
          • 特集 輸液の実際 //p604~744
          • 輸液の過去・現在・未来――体液調節系と輸液 / 黒川清/p604~605
          • 輸液を必要とする患者の体液バランスの評価のしかた 水代謝の評価 / 南学正臣/p606~609
          • 輸液を必要とする患者の体液バランスの評価のしかた ナトリウムバランスの評価 / 齊藤寿一/p610~613
          • 輸液を必要とする患者の体液バランスの評価のしかた 酸塩基平衡の評価 / 和田孝雄/p614~618
          • 輸液を必要とする患者の体液バランスの評価のしかた 栄養の評価 / 山内淳/p619~624
          • 基本的輸液 電解質輸液 / 富田公夫/p625~631
          • 基本的輸液 酸塩基平衡障害の輸液 / 北岡建樹/p632~637
          • 基本的輸液 高カロリー輸液(静脈栄養)――最近の進歩と問題点 / 岡田正/p638~642
          • 基本的輸液 誤りやすい輸液と輸液の合併症 / 上桝次郎/p643~646
          • 基本的輸液 輸液剤の種類と特性 / 北岡建樹/p647~650
          • 基本的輸液 微量元素とビタミンの輸液 / 山本彰/p651~657
          • 基本的輸液 完全静脈栄養法(TPN) / 星野恵津夫/p658~663
          • 病態別にみた輸液 うっ血性心不全の輸液 / 常喜信彦/p665~669
          • 病態別にみた輸液 急性腎不全の輸液 / 田部井薫/p670~674
          • 病態別にみた輸液 肝性脳症の輸液――アルギニンの効果 / 三條健昌/p675~681
          • 病態別にみた輸液 呼吸不全の輸液 / 宮城征四郎/p682~686
          • 病態別にみた輸液 糖尿病性昏睡の輸液 / 七里元亮/p687~692
          • 病態別にみた輸液 炎症性腸疾患の輸液 / 太田慎一/p693~694
          • 病態別にみた輸液 脳血管障害の輸液 / 橋本浩一/p695~697
          • 輸液管理の実際 高齢者の輸液 / 木田寛/p699~701
          • 輸液管理の実際 小児の輸液 / 五十嵐隆/p702~705
          • 輸液管理の実際 ショック時の輸液 / 小川龍/p706~709
          • 輸液管理の実際 重症感染症の輸液 / 永井寛之/p710~713
          • 輸液管理の実際 熱傷の輸液 / 子安英樹/p714~717
          • 輸液管理の実際 末期がん患者の輸液 / 志真𣳾夫/p718~721
          • 輸液管理の実際 術前術後の輸液管理 / 玉熊正悦/p722~724
          • 輸液管理の実際 中毒患者の輸液 / 坂本哲也/p725~730
          • 輸液管理の実際 カテーテル敗血症の予防 / 佐伯文彦/p731~732
          • 座談会 輸液療法におけるチェックポイント / 浅野泰 ; 藪田敬次郎 ; 飯野靖彦 ; 岡田芳明/p733~744
          • カラーグラフ 内視鏡診断チェックポイント 9. 腹膜癒着と門脈圧亢進症 / 宝角衛/p746~750
          • Short Seminar 水・電解質代謝 9. カルシウム(Ca)代謝調節系 / 黒川清/p754~756
          • Series:バイオサイエンス入門 リコンビナントタンパク / 山本一彦/p751~753
          • 内科診療におけるPros&Cons クリプトコッカス髄膜炎治療にFluconazoleはAmphotericin Bよりも有用か? / 長友秀樹/p759~762
          • TOPICS 冠動脈病変における活性化平滑筋細胞と冠動脈アテレクトミー後の再狭窄との関連 / 高橋利之/p763~764
          • TOPICS 頸動脈内膜剝離術は無症候性患者においても虚血発作を予防する! / 田村晃/p764~765
          • TOPICS 糖原病とGaucher病の肝移植後のキメラ状態 / 多田稔/p765~765
          • WHOだより ポリオ根絶活動 / 中嶋宏/p757~758
          • 内科と診療録管理 / 安井昭二/p601~601
          • Photo Report 胆囊癌類似のエコー所見を呈した急性A型肝炎 / 羽鳥和江/p745~745
          • Photo Report 筋肉内出血をきたした二次性ビタミンK欠乏症の1例 / 横井健治/p756~756
          • 症例 気管支喘息発作時に急性心筋梗塞と高アミラーゼ血症を併発した1例 / 田村禎通/p767~769
          • 症例 舌下投与されたNifedipineの吸収が不十分であった1例――嚥下障害患者での観察から / 今村徹/p770~772
          • 症例 結核性腹膜炎の3例――診断過程と検査成績を中心として / 山内博正/p773~776
          • 症例 ウルソデオキシコール酸の投与により肝機能の改善をみた無症候性肝内型原発性硬化性胆管炎の1例 / 松田博人/p777~779
          • 症例 急性腎不全を合併した高齢発症Schönlein-Henoch紫斑病の1例 / 稲富雄一郎/p781~783
          • 症例 膠原病の1家系 / 谷田徹/p784~786
          • 症例 胸腺腫合併重症筋無力症に微小変化型ネフローゼ症候群を合併した1例 / 金原幸司/p787~790
          • 症例 深部静脈血栓症・肺梗塞・急性心筋梗塞を認めた骨髄線維症の1剖検例 / 中瀬恵美子/p791~794
          • 症例 画像診断にて腎血管筋脂肪腫と診断された1例――とくにUS,CT,血管造影所見の特徴について / 三浦義明/p795~797
          • 症例 血液学的慢性期のリンパ節にBilineal Mixed Crisisを呈したCMLの1例 / 坂本幸裕/p798~799
          • Research最前線 第47回食道疾患研究会 / 西澤護/p624~624
          • Research最前線 遺伝子治療研究会セミナー / 大野典也/p664~664
          • Research最前線 第44回日本東洋医学会学術総会 / 後藤由夫/p698~698
          • Research最前線 第14回ホルター心電図研究会 / 立石修/p780~780
          • Book Review 最近のサルコイドーシス / 原澤道美/p623~623
          • Book Review 脳のMRI / 東儀英夫/p753~753
          • Book Review ICUスタッフマニュアル / 高野照夫/p758~758
          • Book Review 消化器疾患最新の治療′93-′94 / 寺野彰/p762~762
          • Information 第17回食道静脈瘤硬化療法研究会 //p631~631
          • Information 日産科学振興財団第30回発表会 //p637~637
          • Information 東京臨床糖尿病医会第61回例会 //p657~657
          • Information 日本透析医会「シンポジウム」 //p783~783
          • Information 平成5年度財団法人赤枝医学研究財団助成公募要項 //p790~790
          • 編集手帳 / T.S./p800~800
          • 今月の新刊書 //p772~772
          • Photo Report原稿募集 //p750~750
          • 次号特集案内 //付録p1~1
          • 寄稿規定 //付録p2~2
        • 72(5)(437) [165]
        • 72(6)(438) [157]
      • 1994 (12)
      • 1995 (12)
      • 1996 (12)
      • 1997 (12)
      • 1998 (12)
      • 1999 (12)
    • 2000~2009 (12)

内科 = Internal medicine : 臨床雑誌の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3399399/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。