国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

内科 = Internal medicine : 臨床雑誌. 79(4)(478)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 内科 = Internal medicine : 臨床雑誌
    • 1950~1959 (26)
    • 1960~1969 (129)
    • 1970~1979 (120)
    • 1980~1989 (120)
    • 1990~1999 (120)
      • 1990 (12)
      • 1991 (12)
      • 1992 (12)
      • 1993 (12)
      • 1994 (12)
      • 1995 (12)
      • 1996 (12)
      • 1997 (12)
        • 79(1)(475) [151]
        • 79(2)(476) [153]
        • 79(3)(477) [153]
        • 79(4)(478) [155]
          • 特集 脳卒中の臨床―解明された病態と診断・治療の最前線 //p602~777
          • 脳卒中の病態解明の進歩と診療の新しい展開 / 水澤英洋/p602~603
          • Special Article 虚血性神経細胞死のメカニズムとその治療戦略 / 松本昌泰/p604~612
          • 脳卒中の病態 脳動脈硬化の分子細胞機構 / 本多真/p613~617
          • 脳卒中の病態 血栓形成の分子メカニズム / 前野伸昭/p618~624
          • 脳卒中の病態 脳梗塞の脳循環・代謝異常 / 滝沢俊也/p625~630
          • 脳卒中の病態 脳出血の発症機序と血管病理 / 髙尾昌樹/p631~635
          • 脳卒中の臨床―主要病型と診療のポイント わが国における脳卒中の変遷と新しい分類 / 藤島正敏/p636~640
          • 脳卒中の臨床―主要病型と診療のポイント 脳卒中診断の進め方 / 棚橋紀夫/p641~646
          • 脳卒中の臨床―主要病型と診療のポイント 一過性脳虚血発作とラクナ梗塞 / 上田進彦/p647~650
          • 脳卒中の臨床―主要病型と診療のポイント アテローム血栓性梗塞と心原性脳塞栓症 / 山口武典/p651~657
          • 脳卒中の臨床―主要病型と診療のポイント 慢性脳循環不全症 / 平井俊策/p658~660
          • 脳卒中の臨床―主要病型と診療のポイント 高血圧性脳症 / 坂本静樹/p661~664
          • 脳卒中の臨床―主要病型と診療のポイント 脳血管性痴呆 / 山之内博/p665~669
          • 脳卒中の臨床―主要病型と診療のポイント 無症候性脳梗塞――その実態と意義 / 小林祥泰/p670~672
          • 脳卒中の臨床―主要病型と診療のポイント 脳内出血とくも膜下出血 / 北井則夫/p673~677
          • 脳卒中の画像診断の進歩 CTとMRI / 峰松一夫/p678~683
          • 脳卒中の画像診断の進歩 血管造影,血管CT,MRA / 小川敏英/p684~687
          • 脳卒中の画像診断の進歩 頸部超音波検査 / 木村和美/p689~694
          • 脳卒中の画像診断の進歩 脳血管障害のPET,SPECT / 百瀬敏光/p695~700
          • 脳卒中の治療―現在のスタンダードと今後の展望 脳卒中急性期治療のスタンダード / 高木誠/p701~706
          • 脳卒中の治療―現在のスタンダードと今後の展望 外科的治療の適応 / 田川皓一/p707~712
          • 脳卒中の治療―現在のスタンダードと今後の展望 抗血栓治療――抗血小板薬,抗凝固薬,血栓溶解薬の効果と適応 / 内山真一郎/p713~719
          • 脳卒中の治療―現在のスタンダードと今後の展望 脳循環代謝改善薬の使い方 / 大友英一/p720~722
          • 脳卒中の治療―現在のスタンダードと今後の展望 頸動脈血栓内膜摘除術と経皮的血管形成術 / 臼井雅昭/p723~727
          • 脳卒中の治療―現在のスタンダードと今後の展望 リハビリテーションの進め方――起居移動,ADL中心の訓練方法 / 柳原幸治/p728~733
          • 脳卒中の危険因子と予防 血圧,糖尿病,心疾患 / 小澤利男/p735~739
          • 脳卒中の危険因子と予防 血小板・凝固・線溶異常とその他の因子 / 松田保/p740~743
          • 脳卒中の危険因子と予防 脳ドック / 丸山勝一/p744~749
          • 若年者の脳卒中 Overview / 秋口一郎/p750~755
          • 若年者の脳卒中 MELAS / 村山繁雄/p756~758
          • 若年者の脳卒中 抗リン脂質抗体症候群 / 塩尻俊明/p759~761
          • 若年者の脳卒中 皮質下梗塞と白質脳症を伴う常染色体優性遺伝性脳動脈症 / 辻省次/p762~765
          • 座談会 脳卒中の最近の話題 / 水澤英洋 ; 東儀英夫 ; 棚橋紀夫 ; 阿部康二/p766~778
          • ベッドサイドのNeurology 13. 痴呆 / 亀田典佳/p783~788
          • 入門 内科医のための漢方医学 4. 治療的診断としての弁証論治 / 岡部哲郎/p789~795
          • Series:目でみるバイオサイエンス プロテアソームの構造と機能 / 田中啓二/p779~781
          • 内科診療におけるPros & Cons BMT vs PBSCT――おのおのの長所と短所 / 神田善伸/p796~798
          • View Spot 安静度と運動度 / 長瀧重信/p688~688
          • TOPICS 冠動脈硬化症の危険因子としての高インスリン血症 / 中井継彦/p799~800
          • Research最前線 第17回日本肥満学会 / 坂田利家/p734~734
          • Photo Report CTで診断した大腸憩室炎の1例 / 塚本隆弘/p782~782
          • 症例 副甲状腺機能亢進症を伴った透析脳症の1例 / 大津留泉/p801~804
          • 症例 後腹膜線維症にステロイドパルス療法が著効した1例――画像診断を含めて / 亀尾順子/p805~808
          • 症例 高A1-P,高γ-GTP血症を呈したSjögren症候群にbezafibrateが有効であった1例 / 福生吉裕/p809~811
          • Book Review 対談 医学の最前線から―分子生物学の臨床への応用― / 杉本恒明/p694~694
          • Book Review ペインクリニック療法の実際―痛みをもつ患者への集学的アプローチ― / 菊地博達/p749~749
          • Book Review 白血病治療マニュアル / 正岡徹/p788~788
          • 新しい疾患&症候群 赤血球増多症を伴う血色素異常症 / 山口潜/p765~765
          • Information 第17回大腸集検研究会 //p624~624
          • Information 第2回病態と治療におけるプロテアーゼとインヒビター研究会 //p630~630
          • Information 第15回日本神経治療学会総会 //p640~640
          • Information 第6回日本癌病態治療研究会 //p677~677
          • Information 別冊整形外科「骨粗鬆症」論文募集 //p739~739
          • Information 第28回日本消化吸収学会 //p758~758
          • 編集手帳 / T. K/p812~812
          • 新刊書案内 //p761~761
          • 次号特集案内 //付録p1~1
          • 編集顧問一覧 //付録p2~2
          • Photo Report原稿募集 //p778~778
          • 寄稿規定 //p804~804
        • 79(5)(479) [150]
        • 79(6)(480) [373]
        • 80(1)(481) [148]
        • 80(2)(482) [156]
        • 80(3)(483) [148]
        • 80(4)(484) [153]
        • 80(5)(485) [148]
        • 80(6)(486) [157]
      • 1998 (12)
      • 1999 (12)
    • 2000~2009 (12)

内科 = Internal medicine : 臨床雑誌の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3399441/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。