国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

日本癌治療学会誌 = The journal of Japan Society of Clinical Oncology. 21(4)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 日本癌治療学会誌 = The journal of Japan Society of Clinical Oncology
    • 1960~1969 (21)
    • 1970~1979 (55)
    • 1980~1989 (95)
      • 1980 (8)
      • 1981 (7)
      • 1982 (8)
      • 1983 (8)
      • 1984 (10)
      • 1985 (10)
      • 1986 (10)
        • 21(1) [106]
        • 21(2) [254]
        • 21(3) [89]
        • 21(4) [124]
          • ヒト脾細胞を用いた抗腫瘍エフェクター細胞の誘導とその臨床応用に関する基礎的研究 / 高木宏己 他5名/p721~727
          • 外陰扁平上皮内癌の臨床病理学的検討 / 齋藤俊章 他5名/p728~735
          • Bリンパ腫細胞株におけるブレオマイシンの致死的障害からの回復に対するアクチノマイシンDの阻止効果 / 錦織優 他2名/p736~743
          • 肺癌における腫瘍マーカーの臨床的評価――TPAを中心として / 松原義人 他9名/p744~751
          • 放射線治療が奏効した脊椎転移による歩行不能の2症例 / 御厨修一 他3名/p752~759
          • グリオーマ患者におけるLAK活性とIFN-γの産生能 / 清水恵司 他9名/p760~766
          • 遠隔転移を有する腎細胞癌に対するHuman Lymphoblastoid Alpha-Interferon療法 / 木内利明 他6名/p767~772
          • 肝細胞癌に対するリピオドール・アドリアマイシンエマルジョン動注療法 / 園山輝久 他7名/p773~779
          • フッ化ピリミジン系制癌剤の生体内活性物質濃度に及ぼすOK-432の影響 / 岡本康比古 他2名/p780~785
          • RCT sarcoma肺転移に対する予防的全照射の有効性と副作用に関する実験的研究 / 松井寿夫/p786~796
          • DMBA乳腺腫瘍に与えるEstrogenとProlactinの影響(第2報) / 川崎徹 他2名/p797~804
          • 5-FluorouracilのBiochemical ModulatorとしてMethotrexateを併用した進行胃癌症例への臨床応用――いわゆる中等量MTX-5-FU Sequential Therapyの治療成績,生存期間,副作用の検討 / 卜部健 他2各/p805~813
          • 第23回日本癌治療学会総会/p815~907
          • 第23回日本癌治療学会総会 シンポジウム 1 制がん剤感受性試験 //p815~845
          • 第23回日本癌治療学会総会 総括意見 / 新田和男 ; 田口鐵男/p815~815
          • 第23回日本癌治療学会総会 1)アイソトープを用いる制がん剤感受性試験法の臨床適用 / 市橋秀仁 ; 近藤達平/p816~819
          • 第23回日本癌治療学会総会 2)食道癌の制癌剤感受性からみた手術補助療法 / 正木康史 ; 石上浩一 ; 岡正朗 ; 松本憲夫 ; 本間喜一 ; 内山哲中/p819~820
          • 第23回日本癌治療学会総会 追加発言 動的形態学にもとづいたin vitro制癌剤作用予測試験法(Predictive Activity Assay) / 小黒昌夫/p820~821
          • 第23回日本癌治療学会総会 3)Clonogenic assayとScintillation assay / 谷川允彦/p821~822
          • 第23回日本癌治療学会総会 4)Human Tumor Clonogenic Assay(HTCA)による制癌剤感受性試験の基礎および臨床的検討 / 佐々木康綱 ; 西條長宏 ; 江口研二 ; 新海哲 ; 富永慶晤 ; 官澤文彦 ; 星昭夫/p822~824
          • 第23回日本癌治療学会総会 5)Renal Carcinomaを用いたSoft-Agarose Colony Formation Assayの基礎的検討 / 塚本泰司 ; 大村清隆 ; 熊本悦明 ; M.C.AIIey ; M.M.Lieber/p824~825
          • 第23回日本癌治療学会総会 追加発言 Clonogenic assayに関する実験的研究――ヌードマウス可移植性ヒト癌株に対する抗癌剤のin vitro,in vivo抗腫瘍効果の対比を中心として / 久保田哲朗/p826~828
          • 第23回日本癌治療学会総会 追加発言 Human Tumor Clonogenic Assayによる制癌剤感受性試験 / 平木俊吉/p828~829
          • 第23回日本癌治療学会総会 追加発言 骨軟部悪性腫瘍におけるHuman Tumor Clonogenic Assayの有用性 / 富田勝郎/p829~832
          • 第23回日本癌治療学会総会 6)ヌードマウスを用いた制がん剤感受性決定とその臨床評価 / 野宗義博 ; 西山正彦 ; 山口昌宏 ; 平林直樹 ; 谷忠憲 ; 新本稔 ; 服部孝雄/p832~833
          • 第23回日本癌治療学会総会 7)制癌剤感受性試験へのヌードマウス・人癌移植系および腎被膜下移植法の応用 / 藤田昌英 ; 田口鐵男/p833~835
          • 第23回日本癌治療学会総会 8)マウスの腎被膜下移植法による制がん剤感受性試験 / 根本良介/p835~836
          • 第23回日本癌治療学会総会 9)Subrenal Capsule Assay法による脳腫傷の制癌剤感受性試験 / 山田潔忠 ; 伊藤俊二 ; 斎藤伸二郎 ; 中井昂 ; Neuropathologisches Institut ; Universität Düsseldorf ; FRG W.Wechsier/p836~838
          • 第23回日本癌治療学会総会 追加発言 新しい抗癌剤感受性試験Subrenal Capsule Assay / 坂井保信 ; 佐々木常雄 ; 岩本昌平 ; 小池盛雄/p839~841
          • 第23回日本癌治療学会総会 特別発言 制癌剤感受性試験 / 近藤達平/p842~843
          • 第23回日本癌治療学会総会 指名発言 受精鶏卵を用いた薬剤感受性試験法 / 西川耕平 ; 福間久俊 ; 田中基裕 ; 内田博之 ; 遠藤良夫 ; 佐々木琢磨/p844~845
          • 第23回日本癌治療学会総会 シンポジウム 2 BRM //p846~869
          • 第23回日本癌治療学会総会 総括意見 / 漆崎一朗 ; 藤井源七郎/p846~846
          • 第23回日本癌治療学会総会 1)BRMの作用形態に基づいたがん免疫療法の開発 / 峠哲哉 ; 友田修三 ; 荒谷清司 ; 亀田彰 ; 柳川悦朗 ; 服部孝雄/p847~848
          • 第23回日本癌治療学会総会 2)Nocardia rubra cell-wall skeletonを用いた成人急性骨髄性白血病の免疫化学療法 / 大野竜三 ; 小寺良尚 ; 中村博行 ; 正岡徹 ; 山田一正/p848~850
          • 第23回日本癌治療学会総会 3)BRMの効果と宿主の栄養状態,内分泌環境との関係 / 秋元実 ; 西平哲郎 ; 阿部力哉 ; 葛西森夫/p850~851
          • 第23回日本癌治療学会総会 発言 OK-432刺激によるLGLの殺腫瘍細胞増強効果の作用機序 / 星野孝 ; 内田温士/p851~853
          • 第23回日本癌治療学会総会 発言 BRM投与の胸管リンパ球におよぼす影響について――臨床例ならびに動物実験による検討 / 花上仁 ; 黒澤努 ; 宮川貞昭 ; 北野善昭 ; 根本明久 ; 箭本浩 ; 浅越辰男 ; 四方淳一/p853~854
          • 第23回日本癌治療学会総会 4)Recombinant interleukin-2(r-IL-2)とLymphokine activated killer(LAK)細胞による癌治療のstrategy / 西條長宏 ; 尾崎彰 ; 石原潤一 ; 桜井雅紀 ; 佐々木康綱 ; 高橋秀暢 ; 佐野哲郎 ; 星昭夫/p855~856
          • 第23回日本癌治療学会総会 5)複数のBRM―OK 432とIL-2培養リンパ球―による癌治療の試み / 菅典道 ; 堀泰祐 ; 大垣和久 ; 稲本俊 ; 児玉宏 ; 小澤和恵 ; 戸部隆吉/p857~858
          • 第23回日本癌治療学会総会 6)recombinant-IL 2(R-IL2)を用いた受動免疫療法に関する検討 / 杉山保幸 ; 鷹尾博司 ; 佐治董豊 ; 坂田一記/p858~861
          • 第23回日本癌治療学会総会 7)免疫反応に及ぼすIFN-α,IFN-β及びIFN-γの作用の比較 / 青木矩彦/p861~863
          • 第23回日本癌治療学会総会 8)Tumor Necrosis Factor(TNF)の作用機序と抗腫瘍性 / 渡辺直樹 ; 新津洋司郎/p863~865
          • 第23回日本癌治療学会総会 9)プロスタグランジン合成阻害剤による癌治療のモデル研究 / 成沢富雄 ; 丹羽誠 ; 升田鉄三 ; 高橋政弘 ; 永沢治/p865~867
          • 第23回日本癌治療学会総会 指示発言 泌尿性器悪性腫瘍におけるnovel dye exclusion methodを用いた抗癌剤感受性試験 / 内藤克輔/p867~869
          • 第23回日本癌治療学会総会 シンポジウム 3 温熱療法――その基礎と臨床 //p870~884
          • 第23回日本癌治療学会総会 総括意見 / 古賀成昌 ; 柄川順/p870~870
          • 第23回日本癌治療学会総会 1)温熱による癌治療の生物学的基礎 / 水野左敏/p871~871
          • 第23回日本癌治療学会総会 2)加温と測温の物理学 / 斎藤正男/p872~872
          • 第23回日本癌治療学会総会 3)温熱併用放射線療法――基礎的,技術的課題を中心に / 柳川繁雄 ; 築山巌 ; 梶浦雄一 ; 秋根康之 ; 柄川順/p872~874
          • 第23回日本癌治療学会総会 4)温熱併用放射線治療の臨床評価――深在性腫瘍を中心として / 高橋正治 ; 平岡眞寛 ; 徐志堅 ; 芥田敬三 ; 西村恭昌 ; 阿部光幸/p875~876
          • 第23回日本癌治療学会総会 5)温熱併用放射線治療の臨床評価――浅在性腫瘍を中心に / 松田忠義 ; 田中良明 ; 竹下祥敬/p876~877
          • 第23回日本癌治療学会総会 6)食道癌に対する高温・化学・照射療法 / 杉町圭蔵 ; 甲斐秀信 ; 松藤英正/p877~880
          • 第23回日本癌治療学会総会 7)心電図変化と循環動態 / 横山正義 ; 和田寿郎 ; 中島秀嗣 ; 斉藤真知子/p880~881
          • 第23回日本癌治療学会総会 8)全身温熱療法の現況と問題点 / 前田迪郎 ; 古賀成昌 ; 清水法男 ; 浜副隆一 ; 若月俊郎/p881~883
          • 第23回日本癌治療学会総会 追加発言 温熱療法と制癌剤の併用 制癌剤等による温熱耐性出現阻止及び温熱感受性増感 / 加納永一 ; 新田和美 ; 古家雅代/p883~884
          • 第23回日本癌治療学会総会 追加発言 泌尿性器進行癌に対する8MHz,RF加温療法 / 久住治男/p884~884
          • 第23回日本癌治療学会総会 シンポジウム 4 話題の腫瘍マーカー //p885~895
          • 第23回日本癌治療学会総会 総括意見 / 服部信 ; 武田和久/p885~885
          • 第23回日本癌治療学会総会 1)糖鎖の癌性変化――γ-GTPをモデルとして / 山下克子/p886~888
          • 第23回日本癌治療学会総会 2)血液型物質に関連した癌糖鎖抗原 / 広橋説雄/p888~888
          • 第23回日本癌治療学会総会 3)Basic Fetoprotein(塩基性胎児蛋白) / 石井勝 ; 神田裕三 ; 服部信/p889~891
          • 第23回日本癌治療学会総会 4)Interactions of monoclonal antibodies with epitopes on alpha fetoprotein:Development and implementation of a radioimmunoassay / J.R.Wands/p891~891
          • 第23回日本癌治療学会総会 5)Studies of an antigen(DU-PAN-2)defined by a monoclonal antibody to pancreatic adenocarcinoma cells / R.S.Metzgar ; M.S.Lan ; O.J.Finn/p891~891
          • 第23回日本癌治療学会総会 6)ヒト白血病培養細胞株培養液上清中に見い出された細胞増殖因子 / 春日雅人 ; 山内俊一 ; 浅野知一郎 ; 高久史麿 ; 対馬敏夫/p892~893
          • 第23回日本癌治療学会総会 7)胃低分化腺癌に対するモノクローナル抗体 / 落合淳志 ; 田原栄一/p893~895
          • 第23回日本癌治療学会総会 シンポジウム 5 腫瘍組織の血流増量とがんの診療的意義――その基礎と臨床応用 //p896~907
          • 第23回日本癌治療学会総会 総括意見 / 佐藤春郎 ; 涌井昭/p896~896
          • 第23回日本癌治療学会総会 1)腫瘍血管新生の形態学的研究 / 秦順一/p897~897
          • 第23回日本癌治療学会総会 2)腫瘍血流量の選択的増加と化学療法 / 鈴木磨郎/p897~898
          • 第23回日本癌治療学会総会 3)腫瘍血流増量の臨床例における実態――血管撮影・核医学的手技による観察 / 加藤敏郎/p898~899
          • 第23回日本癌治療学会総会 4)昇圧化学療法による癌の臨床 / 佐藤春彦/p900~902
          • 第23回日本癌治療学会総会 5)腫瘍血管の特性を利用した動注癌化学療法 / 今野俊光 ; 前田浩/p902~904
          • 第23回日本癌治療学会総会 追加発言 DDP,Angiotensin II併用動注療法 / 光畑直喜/p904~905
          • 第23回日本癌治療学会総会 追加発言 肝癌に対するアンギオテンシンII(AT-II)動注時の肝内血流分布の変化と,AT-II動注の有用性について――動注化学療法への応用にあたって / 佐々木洋 ; 今岡真義 ; 岩永剛 ; 長谷川義尚 ; 中野俊一/p905~907
          • 第30回新潟癌治療同好会 //p908~913
          • 第7回栃木県癌治療懇話会 //p914~918
          • 第18回制癌剤適応研究会 //p919~927
        • 21(5) [160]
        • 21(6) [103]
        • 21(7) [116]
        • 21(8) [352]
        • 21(9) [97]
        • 21(10) [110]
      • 1987 (10)
      • 1988 (12)
      • 1989 (12)
    • 1990~1999 (100)
    • 2000~2009 (2)

日本癌治療学会誌 = The journal of Japan Society of Clinical Oncologyの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3400616/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。