国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

日本生理学雑誌 = The journal of the Physiological Society of Japan. 42(8/9)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 日本生理学雑誌 = The journal of the Physiological Society of Japan
    • 1930~1939 (13)
    • 1940~1949 (21)
    • 1950~1959 (114)
    • 1960~1969 (125)
    • 1970~1979 (111)
    • 1980~1989 (111)
      • 1980 (11)
        • 42(1) [20]
        • 42(2) [20]
        • 42(3) [16]
        • 42(4) [19]
        • 42(5) [19]
        • 42(6) [22]
        • 42(7) [31]
        • 42(8/9) [136]
          • 第57回日本生理学会大会号 //p179~181,183~384
          • 第57回日本生理学会大会記念写真 //p179~179
          • 第57回日本生理学会大会を顧みて――当番幹事 / 岡本彰祐 ; 塙功 ; 松本淳治/p180~180
          • THE 57th ANNUAL MEETING OF THE PHYSIOLOGICAL SOCIETY OF JAPAN //p181~181,183~216
          • Author's Index //p385~396
          • 第57回日本生理学会大会〔英文〕/p217~384
          • 1. 研究方法(1―7) 1. 呈色反応による定量への色度座標系の応用. / 秩父志行/p217~217
          • 1. 研究方法(1―7) 2. 微量液体の測定および記録法の再検討. / 猪股孝四郎 ; 玉川恭子 ; 伊藤克之 ; 中村治雄/p217~217
          • 1. 研究方法(1―7) 3. マイクロプロセッサを利用した刺激装置. / 花井荘太郎/p217~217
          • 1. 研究方法(1―7) 4. 独立駆動マルチ微小電極法について. / 相川貞男 ; 小林勝 ; 太田和子 ; 青木亨子 ; 秋田久直 ; 佐藤昭彦/p218~218
          • 1. 研究方法(1―7) 5. 表面筋電位処理による運動単位数の推定. / 吉田正樹 ; 赤沢堅造 ; 藤井克彦 ; 彼末一之/p218~218
          • 1. 研究方法(1―7) 6. パルス磁場勾配NMR法による筋細胞内分子拡散係数の測定. / 吉崎和男 ; 瀬尾芳輝 ; 西川弘恭 ; 森本武利/p218~218
          • 1. 研究方法(1―7) 7. 透析定常法による酵素反応速度論. / 橋本正史 ; 束照正 ; 魚住光郎/p219~219
          • 2. 分子生理(8―16) 8. Nernst-Planck-Poisson方程式の有理関数解. / 品川嘉也/p220~220
          • 2. 分子生理(8―16) 9. レーザー光散乱により調べた膵チモーゲン穎粒の性質. / 藁科彬/p220~220
          • 2. 分子生理(8―16) 10. 不均一系におけるスピン3/2核の核磁気緩和. / 物井宏之/p220~220
          • 2. 分子生理(8―16) 11. リン脂質膜³¹P-NMRスペクトルのSimulation. / 亘弘 ; 西川弘恭 ; 安里令人/p221~221
          • 2. 分子生理(8―16) 12. フラビンセミキノンの共鳴ラマンスペクトル. / 二科安三 ; 志賀潔 ; 亘弘 ; 堀池喜八郎 ; 東城博雅/p221~221
          • 2. 分子生理(8―16) 13. 変種フラビン(8-アミノフラビン)のπ電子構造について. / 志賀潔 ; 二科安三 ; 亘弘 ; 堀池喜八郎 ; 東城博雅/p221~221
          • 2. 分子生理(8―16) 14. アルブミン電気泳動パターンにおよぼす各種タンパク阻害剤の影響. / 川口孝義 ; 松下宏/p222~222
          • 2. 分子生理(8―16) 15. ウシ血漿アルブミン(BPA)分子内SH,S-S交換反応. / 井上洋 ; 恵良聖一 ; 長岡俊治 ; 曾我美勝/p222~222
          • 2. 分子生理(8―16) 16. ナノ秒螢光法による蛋白質-界面活性剤複合体の研究. / 曾我美勝 ; 長岡俊治 ; 井上洋 ; 恵良聖一 ; 芦田広/p222~222
          • 3. 細胞生理(17―40) 17. マウス頭蓋骨由来細胞株(MC 3T3)の樹立. / 小玉博明 ; 天貝裕地 ; 葛西四朗/p223~223
          • 3. 細胞生理(17―40) 18. 神経成長因子(NFG)による副腎髄質細胞の神経様細胞への変化. / 小川正晴 ; 浅見耕司 ; 入交昭彦 ; 石川知一 ; 瀬口春道/p223~223
          • 3. 細胞生理(17―40) 19. マウス・マクロファージに対するカルシウムイオンの影響. / Maria Ori ; 柴芳樹 ; 菅野義信/p223~223
          • 3. 細胞生理(17―40) 20. 細胞間連絡とその形成過程に対する2,3の薬物の影響. / 榎本平 ; 柴芳樹 ; 菅野義信/p224~224
          • 3. 細胞生理(17―40) 21. ラット肝上清中のオリゴヌクレオチド性細胞増殖抑制因子について. / 畠瀬修 ; 倉光誠 ; 松井秀樹 ; 徳田雅明 ; 高橋史生 ; 堀泰雄/p224~224
          • 3. 細胞生理(17―40) 22. ラット培養肝細胞のDNA合成の誘起.(V) / 長谷川薫 ; 大竹英樹 ; 古閑睦好/p224~224
          • 3. 細胞生理(17―40) 23. L細胞の細胞周期におけるATP水準と高分子物質合成について. / 山口久雄 ; 米津武郎 ; 田辺伸悟 ; 岡芳包/p225~225
          • 3. 細胞生理(17―40) 24. 胸腺液性因子(THF)によるT細胞系の分化を反映する新しいパラメーターについて. / 木下喜博 ; 木村修平 ; 木村英一 ; 中森宏/p225~225
          • 3. 細胞生理(17―40) 25. Spontaneous healingへ,Cortisone-Carnosine-systemによる生理学的アプローチ. / 永井甲子四郎/p225~225
          • 3. 細胞生理(17―40) 26. 膵腺房細胞の電気生理――アミノ酸の作用 / 西山明徳 ; 岩月矩之/p226~226
          • 3. 細胞生理(17―40) 27. 電子線照射X線微小部分析法による膵腺房細胞内元素分布. / 中垣育子 ; 佐々木貞雄 ; 村上政隆 ; 森博彦 ; 今井雄介 ; 寺西伸介 ; 志熊道夫/p226~226
          • 3. 細胞生理(17―40) 28. 刺激によって誘発される唾液腺組織K⁺イオンの動的変化. / 加藤和雄 ; 今野健也 ; 西山明徳/p226~226
          • 3. 細胞生理(17―40) 29. メチル水銀による組織呼吸に対する影響とHgおよびKイオンの動きについて. / 大西瑞男 ; 松本保久/p227~227
          • 3. 細胞生理(17―40) 30. イモリ赤血球膜電位に対するCl⁻と温度の影響. / 福島真知世 ; 河野貴美子 ; 雪吹周秀/p227~227
          • 3. 細胞生理(17―40) 31. イカの星状神経節におけるタンパク質のリン酸化. / 堀江秀典 ; 堀英明 ; 吉岡亨 ; 竹中敏文/p227~227
          • 3. 細胞生理(17―40) 32. ³¹P-NMR法による神経細胞内リン化合物の種による比較研究. / 西川弘恭 ; 吉崎和男 ; 森本武利 ; 安里令人/p228~228
          • 3. 細胞生理(17―40) 33. 分離neuronとglia細胞群の環状nucleotide生成系の活性化の調節. / 難波経篤 ; 安藤正人 ; 永田豊 ; 中沢欽哉/p228~228
          • 3. 細胞生理(17―40) 34. ラット顎下腺のホスホジエステラーゼについて. / 横山紀子 ; 阿部まゆみ ; 古山俊介/p228~228
          • 3. 細胞生理(17―40) 35. 血清糖タンパク質に対するラット肝細胞リセプターの生合成. / 中田博 ; 沢村隆也 ; 田代裕/p229~229
          • 3. 細胞生理(17―40) 36. ミトコンドリア膜における蛋白-脂質相互作用. / 藤村博孝 ; 中瀬雄三 ; 玉井靖彦 ; 辻本毅/p229~229
          • 3. 細胞生理(17―40) 37. 脳チューブリンの螢光に対するSH試薬の影響. / 坂井朗子 ; 会沢勝夫 ; 大畑進 ; 山尾満里子/p229~229
          • 3. 細胞生理(17―40) 38. Amino酸の配列順序とその機能に関する一考察. / 大畑進 ; 会沢勝夫 ; 坂井朗子 ; 北原正夫 ; 佐伯美登里 ; 山尾満里子/p230~230
          • 3. 細胞生理(17―40) 39. 高速顕微ラマン分光法による生体膜からのβカロチンの検出. / 会沢勝夫 ; 大畑進/p230~230
          • 3. 細胞生理(17―40) 40. クロマフィン顆粒の誘電分散. / 浅見耕司 ; 小川正晴 ; 入交昭彦/p230~230
          • 4. 膜の生理学(41―59) 41. 腸管壁通過に関する研究-粘膜細胞膜面障害による影響. / 中野昭一 ; 吉岡利忠 ; 成沢三雄 ; 永見邦篤/p231~231
          • 4. 膜の生理学(41―59) 42. 小腸および腎刷子縁膜における共輸送担体の分離精製に関する研究. / 鹿野亜砂子 ; 大沢一爽 ; 星猛/p231~231
          • 4. 膜の生理学(41―59) 43. 腎尿細管におけるp-アミノ馬尿酸分泌のα-ケトグルタール酸による促進作用. / 林曠/p231~231
          • 4. 膜の生理学(41―59) 44. モルモット回腸におけるペプチド誘発(輸送)電位の性質. / 日向正義 ; 河原克雅 ; 星猛/p232~232
          • 4. 膜の生理学(41―59) 45. カドミウムによる蛙皮ナトリウム能動輸送の促進――カルシウム,アミロライドとの拮抗 / 高田真理 ; 林秀生/p232~232
          • 4. 膜の生理学(41―59) 46. 腎尿細管細胞膜に対するCa効果. / 小寺邦彦 ; 窪田隆裕 ; 本田稔 ; 内藤和世 ; 藤本守/p232~232
          • 4. 膜の生理学(41―59) 47. プロスタグランジンのCl能動輸送抑制作用とc-AMP,Caの役割. / 斎藤禎隆 ; 渡辺忠雄/p233~233
          • 4. 膜の生理学(41―59) 48. 胃小胞体膜中のtransport ATPase. / 柏倉正 ; 森井孫俊 ; 竹口紀晃/p233~233
          • 4. 膜の生理学(41―59) 49. HeLa細胞の細胞膜Rb⁺輸送におよぼすPhenazine Methosulfateの影響. / 宮本博司 ; 酒井鉄博 ; 池原敏孝/p233~233
          • 4. 膜の生理学(41―59) 50. 腎Na⁺,K⁺-ATPaseおよびHCO₃⁻-ATPaseへのPMS+NADHの影響. / 蟹池健一/p234~234
          • 4. 膜の生理学(41―59) 51. 海水ウナギ腸の塩および水輸送におよぼすウアバインの影響. / 安藤正昭/p234~234
          • 4. 膜の生理学(41―59) 52. Ouabainによるinsulin-stimulated Na effluxの抑制. / 北里宏 ; 丸中良典 ; 村山公一 ; 西尾恭介/p234~234
          • 4. 膜の生理学(41―59) 53. 膵酵素分泌におよぼすウアバインの影響. / 斎藤俊之/p235~235
          • 4. 膜の生理学(41―59) 54. ラット横隔膜におけるアドレナリン過分極の機序. / 能見光雄 ; 久場健司/p235~235
          • 4. 膜の生理学(41―59) 55. 液体イオン交換性二連pH電極による細胞内pH調節機序の解明. / 松村裕 ; 青木繁幸 ; 梶野興三 ; 藤本守/p235~235
          • 4. 膜の生理学(41―59) 56. 無Na⁺液によるネコ副腎髄質ホルモン放出機構. / 反町勝 ; 西村茂人 ; 山神和比己 ; 大西瑞男/p236~236
          • 4. 膜の生理学(41―59) 57. 唾液腺分泌時の組織インピーダンス変化. / 今井雄介 ; 中張隆司 ; 村上政隆 ; 森博彦/p236~236
          • 4. 膜の生理学(41―59) 58. マウス顎下腺Esterase分泌様式の雌雄における相違について. / 和泉博之 ; 青木健/p236~236
          • 4. 膜の生理学(41―59) 59. 膵腺房細胞の分泌反応,redox stateおよび膜電位におよぼすアセチルコリン濃度の効果. / 菅野富夫 ; 葉原芳昭 ; 斎藤篤志 ; 米沢秀利/p237~237
          • 5. 興奮性膜(60―84) 60. 非対称容量性電流によるNaチャネルの不活性過程. / 村山公一 ; 北里宏 ; 西尾恭介 ; 丸中良典/p238~238
          • 5. 興奮性膜(60―84) 61. ホヤ分裂停止胚におけるKチャネルの発達. / 高橋国太郎 ; 山下直秀 ; 吉井光信/p238~238
          • 5. 興奮性膜(60―84) 62. 細胞内かん流法による単一神経細胞のCa-activated Iκ. / 赤池紀扶 ; 西勝英/p238~238
          • 5. 興奮性膜(60―84) 63. ザリガニ内側巨大神経細胞体の過分極応答. / 有田彰 ; 林秀生/p239~239
          • 5. 興奮性膜(60―84) 64. イソアワモチ神経節細胞の膜電位に対するNaおよびCaイオンの効果. / 後藤司 ; 安楽三男 ; 橋村三郎/p239~239
          • 5. 興奮性膜(60―84) 65. カタツムリ神経細胞bursting activityと細胞内蛋白. / 小野塚実 ; 古市浩康 ; 岩田太一 ; 菅谷英一 ; 津田整 ; 菅谷愛子 ; 阿相皓晃 ; 平野修助/p239~239
          • 5. 興奮性膜(60―84) 66. カタツムリ神経細胞bursting activityとカルシウム. / 古市浩康 ; 小野塚実 ; 小堀敏子 ; 山田清隆 ; 菅谷英一 ; 津田整 ; 菅谷愛子/p240~240
          • 5. 興奮性膜(60―84) 67. 細胞内Ca,Mg,Mnイオンに誘発された神経興奮. / 山岸俊一 ; 古家喜四夫 ; 久木田文夫/p240~240
          • 5. 興奮性膜(60―84) 68. Aromatic amino acid誘導体の巨大神経細胞興奮性に対する作用. / 竹内宏 ; 田村泰子/p240~240
          • 5. 興奮性膜(60―84) 69. TTXの光親和性標識試薬の合成とイカ巨大神経膜への作用. / 堀英明 ; 堀江秀典 ; 竹中敏文 ; 吉岡亨/p241~241
          • 5. 興奮性膜(60―84) 70. ³H-NAP-TTXの電気ウナギ電気器官の形質膜に対する結合能. / 上原政治 ; 植村慶一/p241~241
          • 5. 興奮性膜(60―84) 71. 培養神経細胞に対する細胞内骨格形成阻害剤の作用と細胞膜の活動電位. / 福田潤 ; 亀山正樹/p241~241
          • 5. 興奮性膜(60―84) 72. カエル筋紡錘神経末端における2種類の膜電位振動. / 伊藤文雄 ; 藤墳規明 ; 金子亘弘/p242~242
          • 5. 興奮性膜(60―84) 73. アメフラシの神経の長さについて. / 小池宏之/p242~242
          • 5. 興奮性膜(60―84) 74. 感覚神経線維の直径と絞輪間距離の部位による変化. / 山本哲 ; 坂田三弥/p242~242
          • 5. 興奮性膜(60―84) 75. ³¹P-NMR法による興奮性膜リン脂質のordered structureの解析. / 西川弘恭 ; 吉崎和男 ; 森本武利 ; 安里令人/p243~243
          • 5. 興奮性膜(60―84) 76. Grayanotoxins(GTX)の構造活性相関について. / 瀬山一正/p243~243
          • 5. 興奮性膜(60―84) 77. 半波正弦波過渡電位および電位勾配による筋抵抗容量の解析. / 斎藤忠義/p243~243
          • 5. 興奮性膜(60―84) 78. 筋直流分極の二つの指数函数による解析. / 斎藤忠義/p244~244
          • 5. 興奮性膜(60―84) 79. 培養骨格筋における活動電位の発達に関与する神経性因子について. / 加濃正明 ; 山崎捨夫 ; 佐藤諦吉 ; 山本三恵/p244~244
          • 5. 興奮性膜(60―84) 80. 線維芽細胞の過分極性膜応答におけるCaチャネルの役割. / 岡田泰伸 ; 土屋和興 ; 八尾寛 ; 矢田俊彦 ; 佐々木貞雄 ; 中垣育子 ; 今井雄介/p244~244
          • 5. 興奮性膜(60―84) 81. 培養大脳皮質ニューロンの膜特性変化. / 森順子 ; 芦田広 ; 丸栄一 ; 辰濃治郎/p245~245
          • 5. 興奮性膜(60―84) 82. ザリガニ神経膜の粘弾性変化と興奮性との関連. / 市川修 ; 三好美智夫 ; 日地康武 ; 笠木健/p245~245
          • 5. 興奮性膜(60―84) 83. 灌流されたイカ巨大線維のおそい興奮過程に対する薬物の作用. / 渡辺昭 ; 酒井哲郎/p245~245
          • 5. 興奮性膜(60―84) 84. 神経線維の活動電位とImpedance変化の関係. / 松本政雄 ; 佐野正和/p246~246
          • 6. シナプス(85―109) 85. 脊髄固有ニューロンの二つの違ったシナプス伝達機構について. / 島村宗夫 ; 木暮いく子/p247~247
          • 6. シナプス(85―109) 86. 軸索切断後の舌下神経運動ニューロンのIPSP. / 高田充/p247~247
          • 6. シナプス(85―109) 87. アミノピリジン急速冷却収縮と外液Ca濃度について. / 安楽満男 ; 橋村三郎/p247~247
          • 6. シナプス(85―109) 88. ウシガエル心房筋マスカリン性受容器の脱感作. / 蓮尾博 ; 時政孝行 ; 纐纈教三/p248~248
          • 6. シナプス(85―109) 89. アセチルコリン受容部位におよぼすDEPの効果. / 喜多孝子/p248~248
          • 6. シナプス(85―109) 90. Benzalkonium chlorideの神経筋接合部に対する伝達抑制作用. / 竹内宣子 ; 滝川順子 ; 渋谷統寿/p248~248
          • 6. シナプス(85―109) 91. マスカリン性作用による神経細胞の活動電位変化に見られる脱感作. / 赤須崇 ; 纐纈教三/p249~249
          • 6. シナプス(85―109) 92. ウシガエル交感神経節細胞に対するカテコールアミンの作用. / 持田澄子 ; 登坂恒夫/p249~249
          • 6. シナプス(85―109) 93. 交感神経節細胞におけるcyclic GMP脱分極の発生機序. / 橋口利雄 ; 小林春雄 ; 伊藤順子/p249~249
          • 6. シナプス(85―109) 94. 交感神経節細胞のシナプス下膜に対するCaffeineとCa²⁺の作用. / 久場健司 ; 簑田昇一 ; 加藤栄司 ; 森田喜一郎/p250~250
          • 6. シナプス(85―109) 95. 感覚受容器におけるhigh-gain synapse. / 小原昭作 ; 樋口孝城/p250~250
          • 6. シナプス(85―109) 96. 電気受容器における求心性シナプスの伝達物質とその生物検定. / 梅北峻一 ; 松本百合枝 ; 小原昭作/p250~250
          • 6. シナプス(85―109) 97. 伝達物質放出に対し顕著な増強効果を示す薬物の作用機序. / 前野巍 ; 榎本浩一 ; 一ノ瀬充行/p251~251
          • 6. シナプス(85―109) 98. 種々の浸透圧の無Ca溶液中における自発性伝達物質放出に対する反復刺激の効果. / 喜多弘 ; 成田和彦/p251~251
          • 6. シナプス(85―109) 99. カエルのコリン作働性神経終末からのACh遊離に対する5-HTの作用. / 平井恵二 ; 纐纈教三/p251~251
          • 6. シナプス(85―109) 100. ザリガニ神経筋接合部からのグルタミン酸の遊離. / 竹内昭 ; 小野寺加代子 ; 川越礼子/p252~252
          • 6. シナプス(85―109) 101. 破傷風毒素のIaシナプスに対する作用. / 神田健郎 ; 豊田敦/p252~252
          • 6. シナプス(85―109) 102. 昆虫神経筋接合部に対するクラーレの作用. / 山元大輔 ; 鷲尾宏/p252~252
          • 6. シナプス(85―109) 103. テトロドトキシン耐性スパイク電位の方向性について. / 丹羽昭子 ; 川合述史/p253~253
          • 6. シナプス(85―109) 104. 隆起・ロー斗部神経分泌軸索のシナプス伝達. / 伴みつ子 ; 八木欽治/p253~253
          • 6. シナプス(85―109) 105. バルビタール誘導体と知覚神経細胞のGABA電流. / 東英穂 ; 井口敞恵 ; 西彰五郎/p253~253
          • 6. シナプス(85―109) 106. 単一神経細胞のGABA,GADグルタミン酸の局在とその意義. / 岡田安弘/p254~254
          • 6. シナプス(85―109) 107. ニューロブラストーマ雑種細胞によるシナプス形成. / 東田陽博 ; 三宅彰英 ; 田中恭子 ; 田中達也/p254~254
          • 6. シナプス(85―109) 108. マウスおよびニワトリ骨格筋培養細胞ACh受容体の等電点的比較. / 杉山博之/p254~254
          • 6. シナプス(85―109) 109. Aplysia神経節細胞のACh-receptorsとoniumsとのinteracton. / 染井宏祐 ; 佐々木和彦 ; 松本光比古 ; 佐藤誠/p255~255
          • 7. 脊髄(110―119) 110. 末梢神経刺激による単一筋線維活動. / 本間伊佐子 ; 石山陽事 ; 江部充/p256~256
          • 7. 脊髄(110―119) 111. Substantia Gelatinosaの2種類の細胞の形態と生理学的性質. / 林治秀 ; Dubner,R. ; Bennett,G.J. ; Abdelmoumene,M./p256~256
          • 7. 脊髄(110―119) 112. ヒトの脊髄誘発電位の末梢起源. / 清水裕幸 ; 丸山洋一 ; 遠藤裕 ; 下地恒毅/p256~256
          • 7. 脊髄(110―119) 113. サルの実験的振戦・脊髄内の群化放電. / 大江千広 ; 今井周治 ; 宮崎瑞穂 ; 中島英雄 ; 平井達夫 ; 田崎健 ; 塚原由夫 ; 松島忠夫/p257~257
          • 7. 脊髄(110―119) 114. ヒトの総指伸筋の筋紡錘感度とサーボ仮説. / 赤沢堅造 ; 藤井克彦 ; 彼末一之/p257~257
          • 7. 脊髄(110―119) 115. 2つの反射ループを含む生理的振戦のモデル. / 渡辺瞭 ; 斎藤正男/p257~257
          • 7. 脊髄(110―119) 116. ランダム三角波による筋伸展と筋紡錘発射. / 本間三郎 ; 林謙二 ; 中島祥夫/p258~258
          • 7. 脊髄(110―119) 117. 自転車ペダリング運動加速時の筋収縮特異性について. / 鈴木秀次 ; 渡部士郎 ; 本間三郎/p258~258
          • 7. 脊髄(110―119) 118. バブーン大脳運動領ニューロンの筋伸展に対する反応.――経大脳皮質反射の根拠 / 堺常雄 ; 植村研一 ; James B.Preston/p258~258
          • 7. 脊髄(110―119) 119. 咬合高径を変化させた時の筋活動持続時間について. / 坂井尚 ; 河野正勝 ; 鴨川紘征/p259~259
          • 8. 神経連絡(中枢)(120―131) 120. 三叉神経脊髄路核尾側亜核辺縁層の歯髄ニューロン. / 西川泰央 ; 大野栄 ; 覚道幸男 ; 横田敏勝/p260~260
          • 8. 神経連絡(中枢)(120―131) 121. 家兎の小脳片葉に苔状線維性反応を誘発する視覚性信号の中脳中継核. / 前川杏二 ; 木村実/p260~260
          • 8. 神経連絡(中枢)(120―131) 122. HRP法によるカエル舌咽神経ニューロン中枢路の検索. / 花森隆充 ; 石河延貞/p260~260
          • 8. 神経連絡(中枢)(120―131) 123. 焦点調節系を支配する副交感動眼ニューロン. / 板東武彦 ; 佃健次 ; 塚原仲晃/p261~261
          • 8. 神経連絡(中枢)(120―131) 124. 顔面神経核に対する中脳からの入力. / 田中任 ; 浅原俊弘 ; 竹内義喜/p261~261
          • 8. 神経連絡(中枢)(120―131) 125. カハル間質核細胞に対する入力機構の解析. / 福島菊郎 ; 村上新治 ; 大野幹夫 ; 加藤正道/p261~261
          • 8. 神経連絡(中枢)(120―131) 126. 頸筋運動ニューロンに軸索を送る三叉神経知覚核ニューロン. / 角野隆二 ; 加藤正衛/p262~262
          • 8. 神経連絡(中枢)(120―131) 127. 頸筋求心性線維刺激に応答する三叉神経脊髄路核ニューロン. / 横田敏勝/p262~262
          • 8. 神経連絡(中枢)(120―131) 128. 中心頸核の脊髄小脳路ニューロンに対する前庭入力の様式. / 本郷利憲 ; 佐々木成人 ; 吉田薫 ; 平井直樹/p262~262
          • 8. 神経連絡(中枢)(120―131) 129. 前庭脊髄路細胞に対する上部頸髄求心性線維からの影響. / 平井直樹 ; Brink,E. ; Wilson,V.J./p263~263
          • 8. 神経連絡(中枢)(120―131) 130. 前庭性眼振に関与する橋網様体ニューロン―活動様式,局在および軸索投射. / 中尾召三 ; Markham,C.H./p263~263
          • 8. 神経連絡(中枢)(120―131) 131. 相関解析による大脳皮質運動野の興奮性および抑制性ニューロンの同定. / 遠藤克昭 ; 荒木辰之助/p263~263
          • 9. 脳幹・間脳(132―141) 132. 並列入力による乳頭体の賦活. / 小林宣泰/p264~264
          • 9. 脳幹・間脳(132―141) 133. 甲殻類姿勢反射に関与する腹髄下行性介在神経の役割. / 高畑雅一 ; 久田光彦/p264~264
          • 9. 脳幹・間脳(132―141) 134. 咀嚼筋中の伸張受容器の応答特性に関する研究. / 井上仁史 ; 森本俊文 ; 目岩男/p264~264
          • 9. 脳幹・間脳(132―141) 135. 縫線核刺激によるラット開口反射の抑制. / 田中弘彦 ; 戸田一雄 ; 入来篤史 ; 市岡正道/p265~265
          • 9. 脳幹・間脳(132―141) 136. 単一および複数個のニューロン発火の変動傾向について. / 相川貞男 ; 秋田久直 ; 太田和子 ; 青木亨子 ; 佐藤昭彦 ; 小林勝/p265~265
          • 9. 脳幹・間脳(132―141) 137. 咀嚼リズムに一致する延髄網様体ニューロンの発射活動. / 榎本純男 ; 加藤正衛 ; 中村嘉男/p265~265
          • 9. 脳幹・間脳(132―141) 138. 視床下部離断ラットにおけるニューロン活動について. / 斎藤英郎 ; 藤田正範 ; 牛越淳夫 ; 瀬戸勝男 ; 川上正澄/p266~266
          • 9. 脳幹・間脳(132―141) 139. 唾液核単一ニューロンの反射性応答. / 村上俊樹 ; 吉原正義 ; 中静由利子 ; 石塚健一/p266~266
          • 9. 脳幹・間脳(132―141) 140. 摂食および飲水行動下ラット摂食中枢ニューロンの応答様式. / 佐々木和男 ; 福田正治 ; 村本健一郎 ; 西野仁雄 ; 小野武年/p266~266
          • 9. 脳幹・間脳(132―141) 141. 摂食行動下のサル運動野および眼窩前頭野ニューロンの活動. / 大村裕 ; 清水宣明 ; 喜多均 ; 石塚智 ; 粟生修司 ; 吉松博信 ; 山辺和俊/p267~267
          • 10. 小脳(142―147) 142. reelerミュータントマウス小脳の発育神経化学的研究. / 御子柴克彦 ; 長池一博 ; 高坂新一 ; 高松研 ; 塚田裕三/p268~268
          • 10. 小脳(142―147) 143. 視運動性眼球運動に関係する橋被蓋網様体核から小脳片葉への投射について. / 川崎匡 ; 佐藤悠 ; 加藤功/p268~268
          • 10. 小脳(142―147) 144. 力の継時変化とネコ歯状核のニューロン活動. / 山本健一 ; 小田桐恵/p268~268
          • 10. 小脳(142―147) 145. 小脳表面刺激によるFastigial Nucleusへの影響. / 横山徹夫 ; 植村研一 ; George,W.Dauth ; Sid Gilman/p269~269
          • 10. 小脳(142―147) 146. ネコ小脳皮質における群発陽性波の発現機構. / 下野登士男 ; 尾崎昭弘 ; 畑田耕司 ; 三森康世/p269~269
          • 10. 小脳(142―147) 147. 末梢神経刺激によるプルキンエ(P)細胞応答は段階的か?. / 高比良英輔/p269~269
          • 11. 終脳(148―155) 148. サルの運動野錐体路細胞の形態と軸索伝導速度. / 浜田生馬 ; 酒井正樹/p270~270
          • 11. 終脳(148―155) 149. 運動反応に関係したサル前頭前野ニューロン活動. / 船橋新太郎 ; 久保田競/p270~270
          • 11. 終脳(148―155) 150. 大脳補足運動野下肢支配領域のニューロン活動. / 丹治順/p270~270
          • 11. 終脳(148―155) 151. 運動に先行する大脳皮質緩電位の研究. / 玄番央恵 ; 橋本修治 ; 佐々木和夫/p271~271
          • 11. 終脳(148―155) 152. ネコの大脳皮質体性感覚野,視覚野,聴覚野における誘発応答の生後発達. / 川口三郎 ; 鮫島章郎 ; 山本哲朗 ; 宮田啓史/p271~271
          • 11. 終脳(148―155) 153. ウサギ海馬錐体細胞におけるdisfacilitation. / 藤田安一郎/p271~271
          • 11. 終脳(148―155) 154. 両側前庭半規管の皮質前庭野への投射.(II) / 時々輪浩穏 ; 渡辺悟/p272~272
          • 11. 終脳(148―155) 155. 痙攣波・血流・代謝関連.――リドカイン痙攣をモデルとして / 下地恒毅 ; 松木美智子 ; 羽柴正夫 ; 丸山正則/p272~272
          • 12. 脳波(156―165) 156. アルファブロッキングの包絡線の勾配. / 辰濃治郎 ; 森順子 ; 芦田広 ; 丸栄一/p273~273
          • 12. 脳波(156―165) 157. 脳波周波数成分の頭皮上分布の発達的特徴.(2)精神薄弱児脳波の部位間関係について / 尾崎久記 ; 鈴木宏哉 ; 堅田明義/p273~273
          • 12. 脳波(156―165) 158. ラット歯髄刺激強さと中枢誘発電位の大きさとの関係. / 入来篤史 ; 市岡正道 ; 戸田一雄/p273~273
          • 12. 脳波(156―165) 159. 手各部の電気刺激によるヒトの体知覚性誘発電位. / 及川俊彦 ; 藤谷嘉子 ; T.アリスン ; W.R.ゴック/p274~274
          • 12. 脳波(156―165) 160. Kindling形成過程における光誘発電位. / 小野憲爾 ; 中塚和夫 ; 馬場啓至/p274~274
          • 12. 脳波(156―165) 161. 脳幹障害による聴覚性脳幹電位の頭皮上の変化について. / 橋本勲 ; 石山陽事 ; 本間伊佐子 ; 江部充/p274~274
          • 12. 脳波(156―165) 162. 聴覚性脳幹電位記録における基準部位(耳朶)の電位活性について. / 石山陽事 ; 本間伊佐子 ; 江部充 ; 橋本勲/p275~275
          • 12. 脳波(156―165) 163. 音刺激により誘発される眼険MV反応の基本的性質. / 星名裕子 ; 武尾照子 ; 尾崎俊行 ; 佐々木大輔/p275~275
          • 12. 脳波(156―165) 164. 閃光誘発眼𥇥電位変動の性質.――眼球運動との関連性の面から / 佐々木世智子 ; 尾崎俊行 ; 五十嵐勝朗/p275~275
          • 12. 脳波(156―165) 165. 光眼輪筋反射のlate componentに関する実験的研究. / 安原基弘 ; 内藤博江 ; 西浦公章 ; 服部裕子/p276~276
          • 13. 行動(166―175) 166. 飼育条件によるラットの行動特性の変容と脳グリアの細胞回転. / 楠瀬良 ; 平尾武久/p277~277
          • 13. 行動(166―175) 167. Reaction time and inhibition behavior. / 渡辺俊男/p277~277
          • 13. 行動(166―175) 168. サル大脳連合野と視覚パターン弁別学習. / 菊池礼司 ; 靱負正雄 ; 岩井栄一/p277~277
          • 13. 行動(166―175) 169. MAM小頭症と無処置ラットの明度弁別学習成績への6-OHDA投与の影響. / 松谷天星丸 ; 永吉道子 ; 田丸政男 ; 中原務 ; 塚田裕三/p278~278
          • 13. 行動(166―175) 170. 脳内トリプトファン濃度の明度弁別学習におよぼす影響. / 野村正彦 ; 永田豊/p278~278
          • 13. 行動(166―175) 171. 大脳―赤核シナプスを介する古典的条件応答. / 小田洋一 ; 野津起人 ; 塚原仲晃/p278~278
          • 13. 行動(166―175) 172. 姿勢前傾に先行する抗重力筋活動の休止期. / 岩瀬善彦 ; 内田孝 ; 高梨芳彰 ; 鈴木直人 ; 橋本真徳 ; 山本由美 ; 竹上徹 ; 小山秀樹/p279~279
          • 13. 行動(166―175) 173. 追跡動作における重心移動と下肢筋の活動性.(II) / 三宅彰英 ; 林良一 ; 時々輪浩穏 ; 渡辺悟 ; 山路兼生/p279~279
          • 13. 行動(166―175) 174. 眼球のサッケード運動の応答性と直立姿勢制御. / 橋本真徳 ; 鈴木直人 ; 竹上徹 ; 山本由美 ; 高梨芳彰 ; 小山秀樹 ; 内田孝 ; 岩瀬善彦/p279~279
          • 13. 行動(166―175) 175. 中脳ネコにおける歩行の生起とStage Setting. / 森茂美 ; 河原剛一 ; 青木藩 ; 富山知隆/p280~280
          • 14. 神経化学(176―179) 176. ¹⁴C-デオキシグルコースによる単一培養神経節細胞の刺激依存性ラベリング. / 佐治真理 ; 小幡邦彦/p281~281
          • 14. 神経化学(176―179) 177. マウスの回避学習に伴う高分子合成におよぼすコルヒチン・ビンプラスチンの影響. / 土井昭孚 ; 岸田昭 ; 山口隆昌 ; 村上哲英/p281~281
          • 14. 神経化学(176―179) 178. ラットの発達脳切片におけるChloride transportについて. / 阿相皓晃 ; 高木芳夫 ; 金松知幸 ; 平野修助/p281~281
          • 14. 神経化学(176―179) 179. 筋萎縮症マウス神経組織中のミエリン局在酵素(CNP及びCEH)の活性変化. / 辻繁勝 ; 松下宏/p282~282
          • 15. 視覚(180―217) 180. サル前頭前野における視覚性ニューロン分布とその受容野. / 鈴木寿夫 ; 東正夫 ; 羽田隆吉/p283~283
          • 15. 視覚(180―217) 181. 頭頂連合野の視覚性追跡ニューロンの前庭刺激に対する反応. / 河野憲二 ; 佐々木光美 ; 山下勝幸/p283~283
          • 15. 視覚(180―217) 182. 切片標本による大脳皮質視覚領の可塑性の研究. / 小松由紀夫/p283~283
          • 15. 視覚(180―217) 183. 視覚領細胞への随伴性眼球運動入力. / 渋木克栄 ; 外山敬介/p284~284
          • 15. 視覚(180―217) 184. サル頭頂連合野の視覚ニューロンの奥行識別性. / 酒田英夫 ; 渋谷英敏 ; 河野憲二 ; Harrington,T.L./p284~284
          • 15. 視覚(180―217) 185. 視覚入力をもつ運動野ニューロンの形態と分布. / 小川哲朗 ; 滝森徹/p284~284
          • 15. 視覚(180―217) 186. 図形刺激に対するサル下部側頭回ニューロンの応答性. / 佐藤孝行 ; 河村健 ; 渡辺譲二 ; 岩井栄一/p285~285
          • 15. 視覚(180―217) 187. ネコ皮質視覚野における回帰性抑制回路の証明. / 加藤宏司 ; 伊藤正省 ; 小川哲朗/p285~285
          • 15. 視覚(180―217) 188. 視覚領皮質―外側膝状核投射の生後発達. / 須田耕平 ; 津本忠治/p285~285
          • 15. 視覚(180―217) 189. 市松模様上下半視野刺激時のVECP vs.反転頻度曲線. / 安達恵美子 ; 千葉次郎/p286~286
          • 15. 視覚(180―217) 190. 時空間ランダムパタンを用いた視覚系ニューロンの受容野の分析. / 梶真寿 ; 山根茂 ; 浜田隆史/p286~286
          • 15. 視覚(180―217) 191. ハエ複眼視細胞の受容域の諸型. / 三村珪一/p286~286
          • 15. 視覚(180―217) 192. アゲハチョウの幼虫の視野. / 市川敏夫 ; 立田栄光/p287~287
          • 15. 視覚(180―217) 193. コガネグモ単眼の応答の遠心性調節. / 山下茂樹 ; 立田栄光/p287~287
          • 15. 視覚(180―217) 194. TEAおよびEGTA細胞内注入と昆虫光受容細胞の感度. / 塚原保夫/p287~287
          • 15. 視覚(180―217) 195. 脈絡膜から網膜へのriboflavinの移動. / 藤下成周/p288~288
          • 15. 視覚(180―217) 196. サイクリックヌクレオチドの視細胞機能におよぼす影響. / 松浦哲志 ; 塙功/p288~288
          • 15. 視覚(180―217) 197. ウシガエル網膜桿体の動特性. / 山田雅弘 ; 田内雅規/p288~288
          • 15. 視覚(180―217) 198. 単一杆体の量子応答について. / 田中一郎 ; 田内雅規/p289~289
          • 15. 視覚(180―217) 199. カメ網膜視細胞の配列. / 大塚輝弥/p289~289
          • 15. 視覚(180―217) 200. ラット網膜における化学伝達系関連酵素活性の成長に伴う動態. / 大野拓夫/p289~289
          • 15. 視覚(180―217) 201. コイ網膜の水平細胞と視神経節細胞におよぼすカテコールアミンの影響. / 菅原清/p290~290
          • 15. 視覚(180―217) 202. 網膜内カリウムイオン注入による誘起電位. / 藤本正昭 ; 冨田恒男/p290~290
          • 15. 視覚(180―217) 203. 松果体神経節細胞にみられる膜電位のリズム変動に対する光の影響. / 森田之大 ; 田畑満生 ; 中村孝文/p290~290
          • 15. 視覚(180―217) 204. 明るさの感覚におけるFaraday効果について. / 附田恵/p291~291
          • 15. 視覚(180―217) 205. 網膜双極細胞における受容野構成. / 御手洗玄洋 ; 榊原学/p291~291
          • 15. 視覚(180―217) 206. コイ網膜の錐体および水平細胞に対するGABA拮抗物質の効果. / 宮地栄一 ; 霜田幸雄 ; 村上元彦/p291~291
          • 15. 視覚(180―217) 207. ウグイ網膜の双極細胞・アマクリン細胞・IP細胞の応答と形態. / 橋本葉子 ; 井口三重 ; 海野修 ; 片桐康雄/p292~292
          • 15. 視覚(180―217) 208. 双極細胞におけるON型およびOFF型応答の発生機序. / 金子章道 ; 田内雅規/p292~292
          • 15. 視覚(180―217) 209. コイ網膜双極細胞のglutamateおよびaspartate応答とその膜特性. / 近藤博明 ; 豊田順一/p292~292
          • 15. 視覚(180―217) 210. 甲穀類視葉ニューロンにみられる角感度の尖鋭化. / 鈴木均 ; 田崎京二/p293~293
          • 15. 視覚(180―217) 211. 視神経線維終末からの伝達物質の放出. / 沢田さつき ; 山本長三郎/p293~293
          • 15. 視覚(180―217) 212. 朝鮮シマリス外側膝状体の色覚ニューロン. / 住友一次 ; 杉谷道男 ; 岩間吉也/p293~293
          • 15. 視覚(180―217) 213. 光刺戟に対する外側膝状体細胞の時間特性. / 武林正峯 ; 外池光雄 ; 栗岡豊/p294~294
          • 15. 視覚(180―217) 214. 外側膝状体腹側核細胞の上丘刺激に対する反応性とその視覚特性. / 永田徹 ; 林泰正 ; 森田文夫/p294~294
          • 15. 視覚(180―217) 215. ラット外側膝状体背側核細胞に対する青斑核電気刺激の効果. / 根木哲朗 ; 杉谷道男 ; 岩間吉也/p294~294
          • 15. 視覚(180―217) 216. ネコ視床網様核細胞の反応特性. / 秦順一 ; 林泰正 ; 矢島幸雄 ; 永田徹/p295~295
          • 15. 視覚(180―217) 217. ネコの視運動性眼振における平均的視線方向の移動. / 浜田隆史/p295~295
          • 16. 聴覚(218―231) 218. ネコ聴覚領の帯域雑音ユニットについて. / 斎藤勝則 ; 工藤雅治 ; 丸山直滋/p296~296
          • 16. 聴覚(218―231) 219. 音声弁別の機序.――フォルマント識別ニューロンについて / 丸山直滋 ; 斎藤勝則 ; 工藤雅治/p296~296
          • 16. 聴覚(218―231) 220. 大脳皮質から下丘への遠心性入力について. / 谷口郁雄/p296~296
          • 16. 聴覚(218―231) 221. 定常音から音刺激強度を低下させた際の聴神経活動の特性. / 久野みゆき ; 松裏修四 ; 箕輪靖弘/p297~297
          • 16. 聴覚(218―231) 222. カナマイシン,フロセマイド連続投与時の聴性脳幹反応. / 時本孝行 ; 松裏修四 ; 箕輪靖弘/p297~297
          • 16. 聴覚(218―231) 223. 中央段注入2価陽イオンの蝸牛電位に対する作用. / 浅沼厚 ; 柳沢慧二 ; 田中康夫/p297~297
          • 16. 聴覚(218―231) 224. ヒキガエル両生類乳頭支配神経の興奮性の変化. / 大山浩 ; 須貝外喜夫 ; 矢野二郎 ; 中条正/p298~298
          • 16. 聴覚(218―231) 225. カエル基底乳頭支配神経束における特徴周波数の部位的対応. / 矢野二郎 ; 大山浩 ; 須貝外喜夫 ; 中条正/p298~298
          • 16. 聴覚(218―231) 226. 音声情報の識別機構. / 橋本享/p298~298
          • 16. 聴覚(218―231) 227. 脳幹聴覚伝導路の可塑性について. / 村田計一 ; 堀川順生 ; 船井洋光/p299~299
          • 16. 聴覚(218―231) 228. CM入・出力函数の音圧負荷速度依存性. / 内山平一/p299~299
          • 16. 聴覚(218―231) 229. 有毛細胞器官における順応. / 古河太郎/p299~299
          • 16. 聴覚(218―231) 230. スナネズミの聴神経応答. / 鎌田勉 ; 米沢功至 ; 亀田和夫/p300~300
          • 16. 聴覚(218―231) 231. 筋力に対する音響作用の吟味. / 伊藤秀三郎 ; 藤田佳弘/p300~300
          • 17. 味覚(232―240) 232. 魚類における味蕾の分布と形態. / 鬼頭純三 ; 清原貞夫 ; 山下智/p301~301
          • 17. 味覚(232―240) 233. ほ乳動物味蕾のアデニルシクラーゼ活性. / 野村浩道 ; 浅沼直和/p301~301
          • 17. 味覚(232―240) 234. 味覚刺激に対するラット鼓索神経の初期応答の解析. / 原田秀逸 ; 笠原泰夫/p301~301
          • 17. 味覚(232―240) 235. 幼若ラットの糖に対する鼓索神経反応. / 山田妙子 ; 梅津万里/p302~302
          • 17. 味覚(232―240) 236. 酸順応によるカエル味神経の塩反応の増強. / 杉本久美子 ; 佐藤俊英 ; 大草光高/p302~302
          • 17. 味覚(232―240) 237. 味覚一次ニューロンの時間的放電パターンの分類. / 上田一夫 ; 長井孝紀/p302~302
          • 17. 味覚(232―240) 238. Cyclic AMPの味覚受容への関与. / 下田平幸一 ; 笠原泰夫/p303~303
          • 17. 味覚(232―240) 239. カエル舌咽喉神経求心性応答の逆行性抑制. / 村山伸樹 ; 石河延貞/p303~303
          • 17. 味覚(232―240) 240. 孤束核ニューロンの味覚感受性と橋背側部への投射. / 小川尚 ; 井元敏明 ; 羽山富雄/p303~303
          • 18. 触覚(241―254) 241. 咬合時のゴム硬さ感覚におよぼす顎位の影響. / 渡辺誠 ; 高藤道夫 ; 鹿沼晶夫 ; 刈田啓史郎/p304~304
          • 18. 触覚(241―254) 242. 口腔粘膜における小体様終末の振動刺激にたいする応答. / 坂田三弥 ; 飯塚正人 ; 山崎智/p304~304
          • 18. 触覚(241―254) 243. コオロギ産卵弁にみられる機械感覚毛とその求心性インパルス. / 藍尚礼 ; 平村公代 ; 山口直巳/p304~304
          • 18. 触覚(241―254) 245. 下位離断脳ネコにおける視床痛覚上行路の刺激効果. / 池上司郎 ; 川村浩/p305~305
          • 18. 触覚(241―254) 246. ヒトの皮膚機械受容器からの単一求心線維の発射活動について. / 間野忠明 ; 宮岡徹/p305~305
          • 18. 触覚(241―254) 247. ラット三叉神経中脳路核を経由する歯根膜神経情報. / 天野仁一朗/p305~305
          • 18. 触覚(241―254) 248. ラット慢性疼痛モデルについて. / 山口雄三/p306~306
          • 18. 触覚(241―254) 249. 針刺激の受容器としてのpolymodal receptorの役割. / 川喜多健司 ; 船越正也/p306~306
          • 18. 触覚(241―254) 250. 中隔核―帯状束系と針鎮痛. / 羅昌平 ; 久光正 ; 佐藤孝雄 ; 小堀正雄 ; 米良仁志 ; 武重千冬/p306~306
          • 18. 触覚(241―254) 251. 中脳中心灰白質の刺激による鎮痛,モルヒネ鎮痛と針鎮痛の相互関係. / 村居真琴 ; 田中正明 ; 蜂須貢 ; 小麦弘子 ; 武重千冬/p307~307
          • 18. 触覚(241―254) 252. 口腔周辺からの触覚皮質投射. / 平孝清 ; 松本範雄 ; 佐藤匡 ; 鈴木隆/p307~307
          • 18. 触覚(241―254) 253. ネコの大脳皮質感覚領SIの細胞特性と機能的円柱様構造. / 松本範雄 ; 平孝清 ; 林謙一郎 ; 佐藤匡 ; 鈴木隆 ; 高松隆常/p307~307
          • 18. 触覚(241―254) 254. サル体性感覚野各細胞構築領野への手指投射. / 岩村吉晃 ; 田中美智雄 ; 彦坂興秀/p308~308
          • 19. 嗅覚(255―261) 255. コイ嗅球僧帽細胞における周期的放電の神経機構. / 山口和彦 ; 上田一夫 ; 佐藤真彦/p309~309
          • 19. 嗅覚(255―261) 256. 酢酸エステル類匂い刺激に対するEOG応答より見た食用ガエル嗅粘膜の性質. / 飯島正治 ; 天貝裕地/p309~309
          • 19. 嗅覚(255―261) 257. 臭気濃度の稀釈法と臭気の与え方. / 元木沢文昭 ; 前沢利枝子/p309~309
          • 19. 嗅覚(255―261) 258. 前嗅核(AON)のair pulseに対するtemporal pattern. / 小野田法彦/p310~310
          • 19. 嗅覚(255―261) 260. 各種ニオイ物質に対する嗅覚誘発電位の波形. / 外池光雄 ; 武林正峯 ; 栗岡豊/p310~310
          • 19. 嗅覚(255―261) 261. 赤外線受容器への刺激と応答との関係. / 寺嶋真一 ; ゴリス,R.C./p310~310
          • 20. 筋収縮(262―275) 262. カブトガニ横紋筋の収縮機構について. / 杉晴夫 ; 五味節子/p311~311
          • 20. 筋収縮(262―275) 263. 昆虫飛行筋の張力過渡現象について. / 土屋禎三/p311~311
          • 20. 筋収縮(262―275) 264. 筋の熱産生とIn Vitro熱量変化の測定. / 山田和広 ; 米谷快男児/p311~311
          • 20. 筋収縮(262―275) 265. 動力学的実験時における骨格筋力学的反応の均一性. / 小林孝和 ; 上山章光 ; 平尾紀子 ; 杉晴夫/p312~312
          • 20. 筋収縮(262―275) 266. 等尺性収縮時の骨格筋におけるミオシン突起の挙動. / 八木直人 ; 松原一郎/p312~312
          • 20. 筋収縮(262―275) 267. 骨格筋における短縮時の高時間分解能X線回折. / 田中秀洋 ; 為安司 ; 杉晴夫/p312~312
          • 20. 筋収縮(262―275) 268. 骨格筋収縮中の筋節のゆらぎ. / 馬詰良樹 ; 春日規克 ; 吉岡利忠/p313~313
          • 20. 筋収縮(262―275) 269. RCCにおける筋小胞体活性と抑制因子. / 酒井敏夫 ; 碓井外幸 ; 高橋明/p313~313
          • 20. 筋収縮(262―275) 270. カエル縫工筋におけるT小管・終末槽間の結合に関する超微細構造的研究. / 藤野和宏 ; 有馬利昭 ; 佐藤義昭 ; 高井秀昭/p313~313
          • 20. 筋収縮(262―275) 271. 筋小胞体の膜電位変化とCa ionfluxの関連. / 越田信 ; 堀田健/p314~314
          • 20. 筋収縮(262―275) 272. カエル単一筋線維における興奮収縮連関のホルムアルデヒドとアクロレインによる抑制. / 藤野和宏 ; 佐藤義昭 ; 有馬利昭 ; 高井秀昭/p314~314
          • 20. 筋収縮(262―275) 274. カエルの骨格筋におけるcaffeine拘縮のinactivationについて. / 太田勲 ; 永井寅男 ; 永井格/p314~314
          • 20. 筋収縮(262―275) 275. Dantrolene-Naの骨格筋細胞に作用する部位について. / 山口俊夫/p315~315
          • 21. 平滑筋(276―284) 276. モルモット胃の縦走筋と輪走筋標本の被刺激性の検討と力学定数の測定. / 森谷恵 ; 石沢光郎 ; 薮英世 ; 宮崎英策/p316~316
          • 21. 平滑筋(276―284) 277. 血管壁平滑筋の機能的走向に対する生理学的解析. / 福嶋孝義 ; 大橋俊夫 ; 東健彦/p316~316
          • 21. 平滑筋(276―284) 278. 腸管平滑筋Sr²⁺電流に対するCa²⁺の拮抗作用について. / 猪又八郎 ; 丸山芳夫 ; 三叉知文/p316~316
          • 21. 平滑筋(276―284) 279. 平滑筋に対するカテコールアミンのβ作用. / 那須康典 ; 坂本康二 ; 今永一成 ; 富田忠雄/p317~317
          • 21. 平滑筋(276―284) 280. 胃平滑筋のCa動態におよぼすPhospholipase CおよびOuabainの影響. / 坂井泰 ; 吉田正英 ; 市河三太/p317~317
          • 21. 平滑筋(276―284) 281. ラット子宮縦走筋の収縮性および興奮性と卵巣ホルモン. / 加藤誠志 ; 小笠原利保 ; 長琢朗/p317~317
          • 21. 平滑筋(276―284) 282. 温度上昇時にみられる平滑筋の収縮. / 砂野哲 ; 宮崎英策/p318~318
          • 21. 平滑筋(276―284) 283. 環形動物ユムシ体壁筋の神経伝達候補物質に対する反応. / 宗岡洋二郎 ; 柴芳樹 ; 菅野義信/p318~318
          • 21. 平滑筋(276―284) 284. モルモットtaenia coliに対するイオノフオアの作用. / 中山雪麿/p318~318
          • 22. 心筋(285―302) 285. 膜電位の光学的検出による初期胚心細胞の自発興奮の空間的ひろがりの追跡. / 神野耕太郎 ; 広田秋彦 ; 藤井志郎/p319~319
          • 22. 心筋(285―302) 287. 低濃度塩類-Ringer液灌流でおこした心室細動電位. / 加世田正和 ; 熊谷祐二 ; 円谷豊 ; 和田すみ/p319~319
          • 22. 心筋(285―302) 288. GIK液のカエル心房筋膜電位,膜電流および張力要素におよぼす影響. / 木下和彦 ; 八谷アツ子 ; 後藤昌義/p319~319
          • 22. 心筋(285―302) 289. カエル心房筋の単収縮および無Na拘縮に対するpHの効果. / 越智和典 ; 松村幹郎/p320~320
          • 22. 心筋(285―302) 290. カエル心房筋のK拘縮におよぼす高張液の増強効果. / 河田溥 ; 大場三栄 ; 保利忠康 ; 岸美恵子/p320~320
          • 22. 心筋(285―302) 291. 心外膜側心室筋の第二脱分極の大きさと収縮との関係. / 上山章光 ; 柴山理恵/p320~320
          • 22. 心筋(285―302) 292. 拘縮心筋における等張性短縮について. / 三枝木泰丈 ; 柴田利満 ; 山田恵美子/p321~321
          • 22. 心筋(285―302) 293. 連結橋説による心筋収縮モデル. / 真島英信 ; 樺沢一之 ; 赤沢堅造/p321~321
          • 22. 心筋(285―302) 294. 房室結節の遅い電流系について. / 国分真一朗 ; 小竹寛 ; 野間昭典 ; 入沢宏/p321~321
          • 22. 心筋(285―302) 295. 心室作業筋のKコンダクタンスに対する細胞内Caの効果. / 平岡昌和 ; 岡本康孝 ; 池田和郎/p322~322
          • 22. 心筋(285―302) 296. 心筋のK⁺ conductanceに影響する物質について. / 柳沢輝行 ; 平則夫/p322~322
          • 22. 心筋(285―302) 297. モルモット心室筋細胞膜におけるCaとBaの拮抗作用. / 稲沢実 ; 頴原嗣尚/p322~322
          • 22. 心筋(285―302) 298. 洞房結節におよぼすエピネフリン変時作用のイオン機序. / 野間昭典 ; 小竹寛 ; 入沢宏/p323~323
          • 22. 心筋(285―302) 299. アシドーシスにおける心室性不整脈,特にelectrogenic Na pumpの関与について. / 沢登徹 ; 安谷屋均/p323~323
          • 22. 心筋(285―302) 300. 心室筋膜電流に対するゲンタマイシンの作用. / 日野直樹 ; 大地陸男 ; 柳沢輝行/p323~323
          • 22. 心筋(285―302) 301. Pacemaker potentialにみられる第2級の変動. / 後藤鹿島 ; 宮前俊一 ; 金田能子/p324~324
          • 22. 心筋(285―302) 302. AdenosineとAChの心房作用における相互干渉. / 後藤昌義 ; 八谷アツ子 ; 浦田百美 ; 藤野孝雄/p324~324
          • 23. 自律神経(303―326) 303. 培養アウエルバッハ神経細胞の膜電位,膜抵抗について. / 丸山武夫 ; 中井洋 ; 鈴木泰三/p325~325
          • 23. 自律神経(303―326) 304. 交流刺激に対する平滑筋の収縮反応. / 高井章 ; 富田忠雄/p325~325
          • 23. 自律神経(303―326) 305. モルモット精囊輪走筋におけるアドレナリン性神経支配. / 大川博通/p325~325
          • 23. 自律神経(303―326) 306. 内肛門括約筋の比較生理学的研究. / 中山沃 ; 水谷雅年/p326~326
          • 23. 自律神経(303―326) 307. 直腸―直腸反射における交感神経性抑制. / 高木都 ; 祢屋俊昭 ; 中山沃/p326~326
          • 23. 自律神経(303―326) 308. 放射活性測定によるウサギの胃における迷走神経求心性繊維の走行,終末の分布. / 佐藤実 ; 岩元純 ; 吉崎克明 ; 古谷野速雄/p326~326
          • 23. 自律神経(303―326) 309. Slow ganglionic transmissionにおよぼすカテコールアミンの作用. / 牛島久 ; 片山芳文 ; 西彰五郎/p327~327
          • 23. 自律神経(303―326) 310. エンケファリンのモルモット交感神経節に対する作用. / 柳下芳寛 ; 米村健一 ; 田中育郎/p327~327
          • 23. 自律神経(303―326) 311. 腹腔神経節神経細胞におけるシナプス連絡. / 岩元純 ; 佐藤実 ; 吉崎克明 ; 古谷野速雄/p327~327
          • 23. 自律神経(303―326) 312. 交感神経刺激によるPGE遊離とそのBABに対する影響. / 山本宗平 ; 伊藤嘉紀/p328~328
          • 23. 自律神経(303―326) 313. 胃酸分泌の神経―体液性促進機構におけるfinal common chemomediatorについて. / 藤井一元 ; 高杉純好/p328~328
          • 23. 自律神経(303―326) 314. 中脳脳幹部電気刺激によるイヌの舌および鼻の血管拡張反応. / 永井正則 ; Pleschka,K./p328~328
          • 23. 自律神経(303―326) 315. ネコの脊髄心臓調節組織への上位中枢神経核からの投射.――HRP法(第一報) / 尾内武志 ; 岡田淳一 ; 三浦光彦/p329~329
          • 23. 自律神経(303―326) 316. 心臓求心性神経刺激で誘発される心臓反射. / 佐藤昭夫 ; 佐藤優子 ; 中村はる江/p329~329
          • 23. 自律神経(303―326) 317. 減圧反応を起こす三叉神経.――一次求心性線維 / 照井直人 ; 沼尾嘉信 ; 熊田衛/p329~329
          • 23. 自律神経(303―326) 318. イヌの遠側結腸支配の自律神経活動に対する咽頭腔刺激の効果. / 岡田博匡 ; 深井喜代子/p330~330
          • 23. 自律神経(303―326) 319. ラット喉頭水受容器の飲水および利尿における役割. / 真貝富夫 ; 幾野博/p330~330
          • 23. 自律神経(303―326) 320. 侵害刺激の涙腺活動におよぼす影響. / 新家信行 ; 山本隆 ; 河村洋二郎/p330~330
          • 23. 自律神経(303―326) 321. 皮膚刺激で副腎神経に誘発される反射. / 荒木忠夫 ; 黒沢美枝子 ; 佐藤昭夫/p331~331
          • 23. 自律神経(303―326) 322. 筋からの求心系による自律神経系への緊張性修飾作用. / 熊沢孝朗 ; 只木英子 ; 水村和枝 ; 金奇吾/p331~331
          • 23. 自律神経(303―326) 323. 視床下部と迷走および交感神経膵臓枝との機能的関係. / 大村裕 ; 新島旭 ; 喜多均 ; 石塚智 ; 山辺和俊 ; 吉松博信 ; 粟生修司/p331~331
          • 23. 自律神経(303―326) 324. 前庭交感神経反応に対する小脳の影響. / 石川友衛 ; 宮沢多恵子 ; 藤原孝之/p332~332
          • 23. 自律神経(303―326) 325. 脳血行遮断時の延髄呼吸性ニューロン活動. / 金井浩三 ; 宮川清/p332~332
          • 23. 自律神経(303―326) 326. 体温調節時における交感神経および迷走神経の役割. / 宮本孝甫 ; 安藤あけみ ; 木村祐子/p332~332
          • 24. 循環(327―348) 327. 変形赤血球懸濁液の流動性. / 山下雄平 ; 草地良作 ; 小松明/p333~333
          • 24. 循環(327―348) 328. 隆起動脈壁近傍の血流微細構造. / 新見英幸 ; 山川隆司/p333~333
          • 24. 循環(327―348) 329. ウシガエルの脊髄加温冷却によるリンパ心臓への影響. / 山根正信/p333~333
          • 24. 循環(327―348) 330. ガマの動脈系化学受容器の比較生理的研究. / 石井和子 ; 石井公正 ; 木村純子/p334~334
          • 24. 循環(327―348) 331. 意識および自由行動下動物における心臓交感神経活動と心拍数の解析. / 二宮石雄 ; 西浦直亀 ; 林孝和 ; 岡田芳和/p334~334
          • 24. 循環(327―348) 332. 低酸素状態における循環総合特性モデルの検討. / 岡井治 ; 渡辺瞭 ; 斎藤正男/p334~334
          • 24. 循環(327―348) 333. 中枢性血圧上昇時における心筋の収縮力およびPo₂の変化. / 清水強 ; 花井荘太郎 ; 野村裕子/p335~335
          • 24. 循環(327―348) 334. 心室可変弾性模型のポテンシャルエネルギーと心臓酸素消費量との相関. / 菅弘之 ; 林孝和/p335~335
          • 24. 循環(327―348) 335. 運動負荷後にみられる心電図T波増高について. / 中山章 ; 斎藤俊弘 ; 村山紘 ; 杉山吉克 ; 日野泰夫 ; 水野毅 ; 外岡正英 ; 諸岡信裕 ; 鳩貝文彦 ; 片桐誠 ; 湯村保夫 ; 入江澄子 ; 竹田賢 ; 出口不二夫 ; 稲垣義明/p335~335
          • 24. 循環(327―348) 336. CTによるうっ血性心不全の肺内水分分布の検討. / 諸岡信裕 ; 吉田秀夫 ; 渡辺滋 ; 増田善昭 ; 稲垣義明 ; 木下安弘/p336~336
          • 24. 循環(327―348) 337. コロトコフ音を記録できる新しい自動血圧計について. / 外岡正英 ; 富谷久雄 ; 竹田賢 ; 宿谷正毅 ; 斎藤俊弘 ; 増田善昭 ; 稲垣義明 ; 平井昭 ; 富田光衛/p336~336
          • 24. 循環(327―348) 338. カメラ型小血管径測定装置とその生理学的応用. / 坂口正雄 ; 大橋俊夫 ; 東健彦/p336~336
          • 24. 循環(327―348) 339. 脂質負荷時のウサギにおける微細循環動態(1)急性変化について. / 浅野牧茂 ; 沢登公勇/p337~337
          • 24. 循環(327―348) 340. 腸間膜血管床に対するアミノ酸の作用. / 白鷹増男 ; 奈良佳洋 ; 佐藤登志郎 ; 池田憲昭/p337~337
          • 24. 循環(327―348) 341. 血管壁適応反応と核酸含有量の変化. / 神谷瞭/p337~337
          • 24. 循環(327―348) 342. 骨格筋ischemiaにおけるHct, protein K⁺およびOsmolalityの変動について. / 樋口雄三 ; 福岡正和 ; 伊藤寛志 ; 竹宮隆 ; 長嶋長節/p338~338
          • 24. 循環(327―348) 343. 循環血変化よりみた血管透過性および間質圧. / 三木健寿 ; 能勢博 ; 山田誠治 ; 森本武利/p338~338
          • 24. 循環(327―348) 344. 内頸,外頸動脈間のスチール類似現象による脳血流量制御 / 河合康明 ; 大橋俊夫 ; 東健彦/p338~338
          • 24. 循環(327―348) 345. 交感神経の頭部および脳血管におよぼす作用について. / 畠山一平 ; 島田純一 ; 大久保順子/p339~339
          • 24. 循環(327―348) 346. 血圧振動時における脾,腸,腎および皮膚血管床のreservoir機能. / 竹内亨 ; 宮川清/p339~339
          • 24. 循環(327―348) 347. 寒冷血管規則波の成立機序. / 上田五雨 ; 竹岡みち子 ; 腰原由美/p339~339
          • 24. 循環(327―348) 348. Transposition responseの機序. / 入内島十郎 ; 寺西泰弘 ; 江口千恵子/p340~340
          • 25. 赤血球・酸塩基平衡(349―357) 349. ヘモグロビンおよび血液の炭酸ガス平衡曲線. / 上田至宏 ; 中馬一郎/p341~341
          • 25. 赤血球・酸塩基平衡(349―357) 350. 胎児ヘモグロビンと成人ヘモグロビンのŌ₂平衡機能の比較研究. / 冨田晋 ; 榎泰義 ; 大賀好美 ; 金子昌子/p341~341
          • 25. 赤血球・酸塩基平衡(349―357) 351. DPG結合部位にアミノ酸置換をもつ異常Hb症. / 長井潔 ; 榎泰義/p341~341
          • 25. 赤血球・酸塩基平衡(349―357) 352. ピリドキサールリン酸誘導体の赤血球酸素運搬に対する影響. / 前田信治 ; 昆和典 ; 須田武雄 ; 志賀健/p342~342
          • 25. 赤血球・酸塩基平衡(349―357) 353. 赤血球酸素化のその水素イオン緩衝能におよぼす影響. / 望月政司 ; 新関久一 ; 田村和一/p342~342
          • 25. 赤血球・酸塩基平衡(349―357) 354. 急性アシドーシスによるアンモニア産生の刺激と,尿中排出因子によるその抑制. / 寺尾統彦 ; Tannen,R./p342~342
          • 25. 赤血球・酸塩基平衡(349―357) 355. 塩酸静注による急性代謝性アシドーシスにおける呼吸頻度調節について. / 安達智恵子/p343~343
          • 25. 赤血球・酸塩基平衡(349―357) 356. イヌ全血にCO₂ガス通気する際の〔Na⁺〕,〔HCO₃⁻〕の血漿中出現について. / 棚瀬邦雄 ; 小川昭俊 ; 朝日輝男 ; 島袋盛一 ; 平川千里/p343~343
          • 25. 赤血球・酸塩基平衡(349―357) 357. 鶏胚における呼吸性酸塩平衡障害とその代償. / 田沢皓/p343~343
          • 26. 血液・腎・体液調節(358-376) 358. クレアチニン負荷時のイヌ腎組織酸素分圧と尿・血液の性状. / 田中康夫 ; 中屋重行 ; 本庄良子 ; 鹿嶋敬子/p344~344
          • 26. 血液・腎・体液調節(358-376) 359. 疾走によるNa利尿と尿中成分の変動. / 小郷克敏 ; 井本岳秋/p344~344
          • 26. 血液・腎・体液調節(358-376) 360. Uremic toxins(neurotoxins)の毒性検出の試み. / 松本昭英 ; 米村健一 ; 田中育郎/p344~344
          • 26. 血液・腎・体液調節(358-376) 361. ラット腎のCa-ATPase活性におよぼす副甲状腺および甲状腺ホルモンの影響. / 草野英二 ; 武田和司 ; 浅野泰/p345~345
          • 26. 血液・腎・体液調節(358-376) 362. カエル膀胱膜上皮細胞アデニレートサイクレイスにおけるグアニンヌクレオチドの作用. / 三科孝夫 ; 島田肇 ; 丸茂文昭/p345~345
          • 26. 血液・腎・体液調節(358-376) 363. 毛細血管透過性と血中膠質滲透圧. / 垣内美弘 ; 小山富康 ; 三上智久/p345~345
          • 26. 血液・腎・体液調節(358-376) 364. アドレナリンおよびピロカルピン投与による血中好中球の影響について. / 合志弌隆 ; 大久保信一/p346~346
          • 26. 血液・腎・体液調節(358-376) 365. Phenylhydrazine投与ラットの赤血球変形能と浸透圧抵抗. / 長沢貴志 ; 晒明 ; 小林孝 ; 木村英一/p346~346
          • 26. 血液・腎・体液調節(358-376) 366. 高気圧環境(31 ATA)における血球膜性状の変化. / 佐川寿栄子 ; 今田育秀 ; 白木啓三 ; Hong,S.K. ; 中山英明 ; 松田源彦/p346~346
          • 26. 血液・腎・体液調節(358-376) 367. 赤血球変形能におよぼす血漿蛋白,電解質の相乗効果. / 菊池佑二 ; 堀本和志 ; 垣内美弘 ; 小山富康/p347~347
          • 26. 血液・腎・体液調節(358-376) 368. 赤血球の形態と膜流動性と浮遊液粘度の相互関係. / 須田武雄 ; 昆和典 ; 前田信治 ; 志賀健/p347~347
          • 26. 血液・腎・体液調節(358-376) 369. 播種性血管内凝固(DIC)と赤血球破砕像. / 松田保 ; 横内正利 ; 小河原緑 ; 三浦玲子 ; 関俊子/p347~347
          • 26. 血液・腎・体液調節(358-376) 370. ヒトおよび動物血小板凝集能の比較. / 谷本義文/p348~348
          • 26. 血液・腎・体液調節(358-376) 371. 放射線照射ラット血小板におよぼす影響. / 大柴進 ; 今井英雄 ; 遠藤英二 ; 沢井洋子 ; 有賀豊彦/p348~348
          • 26. 血液・腎・体液調節(358-376) 372. 肝胆系における線溶酵素系に関する研究(第11報) / 大柴進 ; 有賀豊彦 ; 沢井洋子 ; 今井英雄/p348~348
          • 26. 血液・腎・体液調節(358-376) 373. ヒト脾のフィブリン分解因子(SPF)の性質―エラスターゼとの比較. / 永松陽子 ; 岡本歌子 ; 山本順一郎 ; 堀江登 ; 伊藤美智子/p349~349
          • 26. 血液・腎・体液調節(358-376) 374. ヒト血漿中UK Inhibitorの性質について. / 山本紘靖 ; 小枝祐子 ; 椙江勇/p349~349
          • 26. 血液・腎・体液調節(358-376) 375. 哺乳動物の排卵における線溶系酵素の役割. / 美原恒 ; 小杉忠誠 ; 松尾理 ; 赤沢憲治 ; 森憲正/p349~349
          • 26. 血液・腎・体液調節(358-376) 376. 温度運動負荷および緊張による線溶系,カテコールアミンの動態. / 五十嵐紀子 ; 浅田敏雄 ; 大本美弥子 ; 古市英 ; 柴忠明/p350~350
          • 27. 呼吸(377―388) 377. ネコ新皮質脳波における呼吸周期性変動. / 宮川政昭 ; 西川嘉伸 ; 福原武彦/p351~351
          • 27. 呼吸(377―388) 378. 脳幹部呼吸性ニューロン単位発射活動の安定性. / 後藤和利 ; 八反丸善文 ; 福原武彦/p351~351
          • 27. 呼吸(377―388) 379. ネコ頸髄の呼吸性ニューロンの機能特性. / 青木藩 ; 河原剛一 ; 森茂美/p351~351
          • 27. 呼吸(377―388) 380. 延髄腹側部化学感受性野におけるニューロンの周期性活動とH⁺感受性. / 福田康一郎 ; 本田良行/p352~352
          • 27. 呼吸(377―388) 381. ストリキニン投与による呼吸パターンの変化. / 島田久八郎 ; 幾野博 ; 北田泰之/p352~352
          • 27. 呼吸(377―388) 382. Doxapramの呼吸反射への影響. / 西野卓 ; S.Lahiri/p352~352
          • 27. 呼吸(377―388) 383. インピーダンスプレチスモグラフによる呼吸循環機能連続監視装置. / 宮本嘉巳 ; 三上智久/p353~353
          • 27. 呼吸(377―388) 384. 空手動作と呼吸曲線パターン. / 上田五雨 ; 柳平坦徳 ; 竹岡みち子 ; 腰原由美 ; 米村勇 ; 稲葉恒幸 ; 丹下信吾/p353~353
          • 27. 呼吸(377―388) 385. ヒト横隔膜筋電図からみた呼吸リズム調節機構. / 本間生夫 ; 小林啓三 ; 小林康孝 ; 永井猛 ; 酒井敏夫/p353~353
          • 27. 呼吸(377―388) 386. 低酸素および高炭酸ガスの局所投与がウシガエルの肺微小循環に与える影響. / 堀本和志 ; 小山富康/p354~354
          • 27. 呼吸(377―388) 387. 登山家の低酸素および高炭酸ガスに対する換気応答. / 宮村実晴 ; 島岡清 ; 原真 ; 松井秀治/p354~354
          • 27. 呼吸(377―388) 388. 女性性周期における肺胞Pco₂の変動と調節. / 高野成子/p354~354
          • 28. 内分泌(389―411) 389. イヌ・ネコの視床下部神経分泌細胞のリズム放電. / 山下博 ; 稲永清敏/p355~355
          • 28. 内分泌(389―411) 390. 老齢ラットの性周期消失に伴う辺縁-視索前野-視床下部系投射の変化. / 明間立雄 ; 川上正澄/p355~355
          • 28. 内分泌(389―411) 391. 内因性オピオイド・ペプチドのプロラクチン分泌促進機構. / 家入蒼生夫 ; 鈴木仁 ; 下田新一/p355~355
          • 28. 内分泌(389―411) 392. ゴナドトロピン分泌調節中枢機序と脳内オピオイド物質. / 久保勝知/p356~356
          • 28. 内分泌(389―411) 393. 種々のneuropeptidesのLHA-gastrosecretory responseに対する影響. / 白石武昌 ; 井上敦郎 ; 矢内原昇/p356~356
          • 28. 内分泌(389―411) 394. LH,FSHおよびプロラクチン分泌と脳内カテコールアミン代謝回転率. / 本間研一 ; Wuttke,W./p356~356
          • 28. 内分泌(389―411) 395. 耳下腺におけるカテコールアミンのcyclic AMP増加作用の脱感作. / 吉村啓一 ; 根津恵理子 ; 千葉晶子/p357~357
          • 28. 内分泌(389―411) 396. ラットにおける迷走神経性インスリン分泌について. / 坂口武夫 ; 平野鉄雄 ; 山口賢一 ; 福田昭子 ; 新島旭/p357~357
          • 28. 内分泌(389―411) 397. 膵臓ランゲルハンス氏島(ラ氏島)のGABAの役割. / 岡田安弘 ; 谷口洋/p357~357
          • 28. 内分泌(389―411) 398. BK virusによるインスリノーマ(膵島腫)の性質. / 岡田安弘 ; 安東民衛/p358~358
          • 28. 内分泌(389―411) 399. イモリの精巣機能とPolyamine. / 松崎茂 ; 山本清/p358~358
          • 28. 内分泌(389―411) 400. メチル水銀中毒ラットにおける下垂体―副腎皮質系機能の変化. / 安倍紀一郎 ; 田中育郎/p358~358
          • 28. 内分泌(389―411) 401. PHA刺激ヒトリンパ球に対する諸種ステロイドホルモンの単独および相互作用について. / 小川克仁 ; 末田香里 ; 松井信夫/p359~359
          • 28. 内分泌(389―411) 402. 内因性ヒスタミンによるアルドステロン分泌促進. / 相川忠臣 ; 広瀬妙子 ; 松本逸郎 ; 鈴木達二/p359~359
          • 28. 内分泌(389―411) 403. 浸透圧受容におけるアンギオテンシンの役割. / 赤石隆夫 ; 根来英雄/p359~359
          • 28. 内分泌(389―411) 404. ラットの副腎髄質ホルモン分泌におよぼす橋および中脳刺激の影響. / 松井秀夫/p360~360
          • 28. 内分泌(389―411) 405. カテコールアミン分泌細胞におけるアデノシンによるサイクリックAMPの上昇を介するFeed-back調節機構. / 小林和夫 ; 黒田洋一郎/p360~360
          • 28. 内分泌(389―411) 406. 松果体因子のLH分泌抑制効果とくに幼若時において. / 三重野政広 ; 山下英理子 ; 山下一邦/p360~360
          • 28. 内分泌(389―411) 407. 下垂体前葉のホルモン分泌とCa spikeに対するVerapamilの影響. / 小沢瀞司 ; 木村信子/p361~361
          • 28. 内分泌(389―411) 408. TRHのラット12指腸平滑筋に対する作用機構. / 古川恭子 ; 野本照子 ; 渡植貞一郎/p361~361
          • 28. 内分泌(389―411) 409. 甲状腺による神経GH分泌の調節 / 鈴木光雄 ; 掛川忠雄 ; 宮原郷士 ; 大村裕/p361~361
          • 28. 内分泌(389―411) 410. Androgen insensitive(Tfm)マウス顎下腺におけるandrogen-dependent esteroproteaseのT₃による誘導. / 細井和雄 ; 上羽隆夫/p362~362
          • 28. 内分泌(389―411) 411. 下垂体性小人症マウス大脳のミエリン形成不全におよぼすbGHの効果. / 杉崎哲朗 ; 野口鉄也 ; 塚田裕三/p362~362
          • 29. 運動(412―425) 412. 幼若期ラット骨格筋における除神経の影響. / 成沢三雄 ; 永見邦篤 ; 吉岡利忠 ; 中野昭一/p363~363
          • 29. 運動(412―425) 413. 持久運動負荷による筋組織および脂肪組織の微細血管の消長. / 遊佐清有 ; 里吉政子 ; 谷嶋二三男 ; 小川義雄/p363~363
          • 29. 運動(412―425) 414. 健常者における容量変化の安静時および運動時心機能に与える影響. / 小林克也 ; 石田健治郎 ; 田尻英一 ; 韓在哲 ; 戸田常紀 ; 福崎恒/p363~363
          • 29. 運動(412―425) 415. 着地時筋放電に対する落下速度の影響. / 米田継武 ; 石田絢子/p364~364
          • 29. 運動(412―425) 416. 運動性利尿現象と走負荷強度との関連性. / 井本岳秋 ; 小郷克敏/p364~364
          • 29. 運動(412―425) 417. 高尿酸血症者の運動時尿酸代謝. / 伊藤朗 ; 堀内利恭 ; 杉浦崇夫 ; 藤田定彦 ; 山田哲雄 ; 角田聡 ; 井川幸雄/p364~364
          • 29. 運動(412―425) 418. 壮年者の長期トレーニングが血中物質の変化におよぼす影響. / 芝山秀太郎 ; 江橋博/p365~365
          • 29. 運動(412―425) 419. Trainingによるorthostatic toleranceの改変とその機序について. / 佐伯镹 ; 中家優幸 ; 須藤正道 ; 阿部瑞穂/p365~365
          • 29. 運動(412―425) 420. 成人女子の生理機能におよぼすCircuit Weight Trainingの効果. / 木村靖夫 ; 伊藤秀三郎 ; 山崎省一/p365~365
          • 29. 運動(412―425) 421. 筋運動中の深部温と筋放電量との関係(1) / 菊地邦雄 ; 川村毅 ; 岡田泰士 ; 和田実/p366~366
          • 29. 運動(412―425) 422. 運動単位の随意特性. / 倉田博 ; 小川芳徳 ; 増田允 ; 森本茂/p366~366
          • 29. 運動(412―425) 423. 血漿レニン,アンギオテンシン,アルドステロン水準におよぼす運動の影響. / 井川幸雄 ; 鈴木政登 ; 塩田正俊/p366~366
          • 29. 運動(412―425) 424. 長距離選手と投擲選手の下腿温浴時の生理的反応. / 辻田純三 ; 田中信雄 ; 黛誠 ; 綿貫勝 ; 堀清記 ; 荒木勉/p367~367
          • 29. 運動(412―425) 425. 反射性のMT応答に影響する消化管性の因子. / 野田憲一 ; 副田博之 ; 山本佳津枝 ; 鮫島千織 ; 渡辺京子/p367~367
          • 30. 環境・エネルギー代謝(426-437) 426. 16-21,26-31気圧の高圧暴露に際してのヒトの内分泌系の反応. / 松井信夫 ; 田村好弘 ; 岡崎昭太郎 ; 末田香里 ; 小川克仁 ; 山本昌弘 ; 中山英明 ; 竹内久美 ; 大磯ユタカ/p368~368
          • 30. 環境・エネルギー代謝(426-437) 427. 高気圧環境(31 ATA)における血液学的変化と体水分バランス. / 白木啓三 ; 今田育秀 ; 佐川寿栄子 ; Hong,S.K. ; 松田源彦/p368~368
          • 30. 環境・エネルギー代謝(426-437) 428. 寒冷適応獲得過程における循環機能の役割り. / 平田耕造 ; 菅野康幸 ; 柴田裕行 ; 永坂鉄夫/p368~368
          • 30. 環境・エネルギー代謝(426-437) 429. 運動時の汗量および体温上昇度と最大酸素摂取量との関係. / 堀清記 ; 飯塚平吉郎/p369~369
          • 30. 環境・エネルギー代謝(426-437) 430. 短い明暗周期下でのネズミの行動 / 磯部芳明 ; 長谷川泰洋 ; 高羽祥三/p369~369
          • 30. 環境・エネルギー代謝(426-437) 431.大動脈収縮時における糖原分解および解糖系酵素の活性と乳酸およびATPレベルについて. / 橋本道男,橋本揚子,佐藤俊子,桝村純生/p369~369
          • 30. 環境・エネルギー代謝(426-437) 432. 分界状破壊ウサギのブドウ糖代謝に対するストレス反復負荷の影響. / 藤田正範 ; 牛越淳夫 ; 椛秀人 ; 斎藤英郎 ; 瀬戸勝男 ; Meed,J.F. ; 明間立雄 ; 有田順 ; 川上正澄/p370~370
          • 30. 環境・エネルギー代謝(426-437) 433. ラット顎下腺の活性時代謝におよぼすペントバルビタールの影響. / 遠藤司郎 ; 坪井実 ; 駒林隆夫 ; 坂本清也/p370~370
          • 30. 環境・エネルギー代謝(426-437) 434. ラットの蛋白質摂取量におよぼす蛋白質の質の影響. / 岸恭一 ; 井上五郎/p370~370
          • 30. 環境・エネルギー代謝(426-437) 435. ヒスタミンのイヌ血中脂質におよぼす影響. / 坪井実 ; 駒林隆夫 ; 遠藤司郎 ; 坂本清也/p371~371
          • 30. 環境・エネルギー代謝(426-437) 436. 幼児期における窒素出納とエネルギー利用について. / 北野隆雄 ; 小石秀夫/p371~371
          • 30. 環境・エネルギー代謝(426-437) 437. ヒトの体重の減少率について. / 樋口公男 ; 井上美代子/p371~371
          • 31. 体温調節(438―458) 438. ラットにおける発熱と体温調節行動. / 村上悳 ; 坂田義行 ; 森本昭生/p372~372
          • 31. 体温調節(438―458) 439. 環境温低下時の皮静脈血の特性. / 内野欽司 ; 長谷川豪志 ; 増田允/p372~372
          • 31. 体温調節(438―458) 440. 各系統のラットのsalivary coolingについて. / 古山富士弥 ; 高羽祥三 ; 大原孝吉/p372~372
          • 31. 体温調節(438―458) 441. ラット陰のう皮膚加温による尾部皮膚温上昇と血圧上昇の関係. / 土屋勝彦/p373~373
          • 31. 体温調節(438―458) 442. 気管バイパス呼吸時の家兎の熱出納. / 菅野康幸 ; 柴田裕行 ; 林正男 ; 永坂鉄夫/p373~373
          • 31. 体温調節(438―458) 443. 女子軽作業時における皮温変化と温度感覚. / 長田泰公 ; 小川庄吉 ; 吉田敬一/p373~373
          • 31. 体温調節(438―458) 444. 女子における体温調節反応の日周変動 / 丹羽健市 ; 鶴谷知子 ; 中山昭雄/p374~374
          • 31. 体温調節(438―458) 445. 手冷水浸漬に関する研究. / 村上長雄 ; 高島慎助 ; 佐藤尚武 ; 東隆暢 ; 舟橋明男/p374~374
          • 31. 体温調節(438―458) 446. 視束前野温度感受性ニューロンに対する内側前脳束刺激の効果. / 清原寿一 ; 堀哲郎 ; 柴田政章 ; 中島敏博/p374~374
          • 31. 体温調節(438―458) 447. 視束前野薄切片から記録した温度感受性ニューロン活動. / 堀哲郎 ; 中島敏博 ; 清原寿一 ; 柴田政章 ; 堀信顕/p375~375
          • 31. 体温調節(438―458) 448. 発熱ウサギの視床下部温と局所脳血流の関係. / 小坂光男 ; 大渡伸 ; 井元孝章/p375~375
          • 31. 体温調節(438―458) 449. 脳幹の温度受容細胞に対する発熱物質の作用機序について. / 坂田義行 ; 村上悳/p375~375
          • 31. 体温調節(438―458) 450. 視束前野・視床下部温度感受性ニューロンの活動とラット尾血管反応. / 石川洋蔵 ; 中山昭雄 ; 鶴谷知子/p376~376
          • 31. 体温調節(438―458) 451. Leg exerciseによる前腕血流量,前腕組織温度の変動について. / 田村俊世 ; 戸川達男 ; 田中正敏 ; 吉田敬一/p376~376
          • 31. 体温調節(438―458) 452. 発汗中枢活動の末梢汗腺発汗波への反映について. / 大原秀吉 ; 奥田宣明 ; 佐藤春彦/p376~376
          • 31. 体温調節(438―458) 453. 腋窩発汗の特性について. / 菅屋潤壱 ; 小川徳雄 ; 伊藤路子 ; 宮側敏明 ; 朝山正巳/p377~377
          • 31. 体温調節(438―458) 454. 温熱の周期変動に対する発汗特性. / 朝山正巳 ; 小川徳雄 ; 伊藤路子 ; 宮側敏明 ; 菅屋潤壱/p377~377
          • 31. 体温調節(438―458) 455. 温度馴化の発現とカテコールアミンβ受容体の変化. / 倉橋昌司 ; 黒島晨汎/p377~377
          • 31. 体温調節(438―458) 456. 寒冷馴化とポリアミン. / 大野都美恵 ; 黒島晨汎 ; 八幡剛浩/p378~378
          • 31. 体温調節(438―458) 457. グルカゴンによる耐寒性の増強とその機序. / 八幡剛浩 ; 黒島晨汎 ; 大野都美恵/p378~378
          • 31. 体温調節(438―458) 458. ラット寒冷順化過程における膵消化酵素とインシュリン放出反応の変化. / 原田悦守 ; 葉原芳昭 ; 米沢秀利 ; 渋谷泉 ; 菅野富夫/p378~378
          • 32. サーカディアンリズム(459―467) 459. ラット外側膝状体シナプス伝達の日周リズム. / 花田安弘 ; 川村浩/p379~379
          • 32. サーカディアンリズム(459―467) 460. 脳内神経活動のサーカディアンリズムと視交叉上核の神経活動. / 井上慎一 ; 川村浩/p379~379
          • 32. サーカディアンリズム(459―467) 461. 思春期前メスラットにおけるプロラクチン分泌の半日周リズム. / 貴邑冨久子 ; 川上正澄/p379~379
          • 32. サーカディアンリズム(459―467) 462. 睡眼リズムと性ホルモン――ラット間系統差 / 山岡貞夫/p380~380
          • 32. サーカディアンリズム(459―467) 463. ラット血漿コルチコステロンリズムの個体発生――位相角の決定時期 / 渡辺憲治 ; 本間研一 ; 遠藤満智子 ; 広重力/p380~380
          • 32. サーカディアンリズム(459―467) 464. ホルモン概日リズムとZeitgeber-給食サイクルと生物時計の結びつき. / 広重力 ; 渡辺憲治 ; 遠藤満智子/p380~380
          • 32. サーカディアンリズム(459―467) 465. アフリカマイマイの歩行活動に見られるサーカディアン・リズム, / 小笠原卓 ; 田崎京二/p381~381
          • 32. サーカディアンリズム(459―467) 466. ゾウリムシの生理時計機構におけるエネルギー代謝と生体膜の役割. / 長谷川建治 ; 片倉隆 ; 田中舘明博 ; 石川広/p381~381
          • 32. サーカディアンリズム(459―467) 467. 腸管運動からみた体内時計のresetting. / 佐々木隆 ; 古閑利英子 ; 続修二/p381~381
          • 33. 睡眠(468―471) 468. 正常ラットの睡眠-覚醒リズムと睡眠促進物質の効果. / 本多和樹 ; 菰田泰夫 ; 井上昌次郎/p382~382
          • 33. 睡眠(468―471) 469. 電撃痙攣のラットの睡眠におよぼす影響. / 長田清 ; 石川長英 ; 台之尊啓次郎 ; 松本淳治/p382~382
          • 33. 睡眠(468―471) 470. 蛋白質・核酸合成阻害と睡眠. / 上江洲栄子 ; 佐野敦子 ; 松本淳治/p382~382
          • 33. 睡眠(468―471) 471. クロラムフェニコールによる逆説睡眠阻害に対する睡眠促進物質の拮抗的作用. / 長崎紘明,入来正躬/p383~383
          • 34. その他(472―474) 472. 新生児からの性教育. / 高橋誠/p384~384
          • 34. その他(472―474) 473. 有機陰イオンのいわゆる浸透圧性利胆作用の再検討. / 木谷健一/p384~384
          • 34. その他(472―474) 474. サリノマイシンの安全性試験(第2報) / 浅羽裕 ; 渡辺哲郎 ; 角谷隆司 ; 福井正佳 ; 太田秀雄 ; 関園子/p384~384
          • 第57回日本生理学会大会 生理学教育シンポジウム //p397~401
          • 生理学研究のあり方シンポジウム 話題I. 大脳生理学の在り方 / 松本淳治/p402~403
          • 生理学研究のあり方シンポジウム 話題II. 視細胞における光受容機構 / 塙功/p403~403
          • 生理学研究のあり方シンポジウム 話題III. 内分泌生理学の研究から / 山本清/p403~405
          • 会報 日本生理学会昭和55年度第1回常任幹事会議事要録 / 岡本彰祐/p406~407
          • 会報 第57回日本生理学会評議員会および総会議事要旨 //p408~413
          • 会報 昭和54年度第3回日本生理学教育委員会議事録 //p413~413
          • Mountcastle教授の来日について / 酒田英夫/p414~414
          • 第7回(昭和55年度)日産学術研究助成候補推薦要領 //p414~415
          • 学会事務局より / 日本生理学会事務局/p415~415
        • 42(10) [25]
        • 42(11) [31]
        • 42(12) [33]
      • 1981 (11)
      • 1982 (12)
      • 1983 (11)
      • 1984 (11)
      • 1985 (11)
      • 1986 (11)
      • 1987 (11)
      • 1988 (11)
      • 1989 (11)
    • 1990~1999 (111)
    • 2000~2009 (109)
    • 2010~ (11)

日本生理学雑誌 = The journal of the Physiological Society of Japanの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3402461/1

この資料は、著作権の保護期間中であるか、著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開をしていません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館または図書館送信参加館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

図書館送信参加館にご来館になる場合は、来館予定の図書館へ利用方法の確認をお願いいたします。
「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク) 」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

図書館向けデジタル化資料送信サービス(図書館送信)について
図書館送信参加館一覧
遠隔複写サービス の申し込み方

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。