国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

日本皮膚科学会雑誌 = The Japanese journal of dermatology. 101(13)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 日本皮膚科学会雑誌 = The Japanese journal of dermatology
    • 1950~1959 (39)
    • 1960~1969 (121)
    • 1970~1979 (131)
    • 1980~1989 (140)
    • 1990~1999 (140)
      • 1990 (14)
      • 1991 (14)
        • 101(1) [76]
        • 101(2) [76]
        • 101(3) [164]
        • 101(4) [81]
        • 101(5) [82]
        • 101(6) [77]
        • 101(7) [94]
        • 101(8) [89]
        • 101(9) [122]
        • 101(10) [102]
        • 101(11) [96]
        • 101(12) [71]
        • 101(13) [169]
          • 会頭講演 多形滲出性紅斑 / 今村貞夫/p1451~1461
          • 土肥記念国際皮膚科学交換講座 The Past,Present and Future of Dermatology in the United States / John S.Strauss/p1462~1462
          • 招請講演 1. The Reconstruction of Human Skin in vitro:A New Tool for Physiology,Pathophysiology and Pharmacology / Louis Dubertret/p1463~1463
          • 招請講演 2. Immunological Effects of UV Radiation / Margaret L.Kripke/p1464~1464
          • 招請講演 3. 所謂“Myofibroblast”の組織内形成 / 小林隆/p1465~1466
          • 招請講演 4. Pathogenesis and Pathogenesis Related Treatment of Acne / Harald Gollinick/p1467~1467
          • 招請講演 5. 皮膚科学――過去,現在そして未来 / 金永杓/p1468~1469
          • 招請講演 6. ある皮膚科医の夢 / 呂耀卿/p1470~1472
          • 招請講演 7. 中国の皮膚科医の現状と未来 / 陳錫唐/p1473~1475
          • 招請講演 8. Cutaneous T-Cell Lymphoma / Loren E.Golitz/p1476~1476
          • ミニレビュー 1. 自己免疫性水疱症――特に天疱瘡の治療について / 森岡真治 ; 小川秀興/p1477~1479
          • ミニレビュー 2. 表皮水疱症のトピックス / 三橋善比古/p1480~1482
          • ミニレビュー 3. 好酸球と皮膚疾患 / 津田真五/p1483~1486
          • ミニレビュー 4. 皮膚と補体 / 白石聡/p1487~1488
          • ミニレビュー 5. 皮膚血管炎の発症機序 / 川名誠司/p1489~1491
          • ミニレビュー 6. 輸血後GVHD(術後紅皮症)と皮膚科医の役割――特に免疫組織学的迅速診断について / 飯島正文/p1492~1497
          • ミニレビュー 7. 抗真菌剤――最近の進歩 / 田中壮一/p1498~1501
          • ミニレビュー 8. 皮膚真菌症のトピックス / 松本忠彦/p1502~1504
          • ミニレビュー 9. 熱傷の治療――自家他家(異種)混合移植,人工皮膚を中心に / 井沢洋平 ; 横尾和久/p1505~1508
          • ミニレビュー 10. 外来小手術――縫合しない治療法 / 立花隆夫/p1509~1510
          • ミニレビュー 11.メスを使わない皮膚表面外科最近の進歩 / 冨士森良輔/p1511~1513
          • ミニレビュー 12. 乾癬の治療――最近の話題 / 段野貴一郎/p1514~1516
          • ミニレビュー 13. ビタミンD外用療法 / 加藤泰三/p1517~1519
          • ミニレビュー 14. 黄色腫 発症から臨床まで / 多田譲治/p1520~1523
          • ミニレビュー 15. サルコイドーシス 最近の話題 / 岡本祐之/p1524~1526
          • ミニレビュー 16. 化粧品による接触皮膚炎 / 松永佳世子/p1527~1530
          • ミニレビュー 17. 白斑の治療 / 堀川達/p1531~1534
          • ミニレビュー 18. SLEの皮膚病変の予後 / 衛藤光/p1535~1536
          • ミニレビュー 19. PSS――治療の現状 / 前田学/p1537~1540
          • ミニレビュー 20. 薬剤性光線過敏症 / 上出良一/p1541~1543
          • ミニレビュー 21. ポルフィリン症 発症から臨床まで / 野中薫雄/p1544~1546
          • ミニレビュー 22. 皮膚疾患とHLA / 小沢明/p1547~1551
          • ミニレビュー 23. らい――最近の話題 / 尾崎元昭/p1552~1554
          • ミニレビュー 24. ライム病 / 馬場俊一/p1555~1557
          • ミニレビュー 25. 最近の梅毒 / 津上久弥/p1558~1561
          • ミニレビュー 26. エイズの皮膚症状 / 赤城久美子/p1562~1564
          • ミニレビュー 27. ATLと皮膚 / 城野昌義/p1565~1566
          • ミニレビュー 28. 癌遺伝子と皮膚疾患 / 小林仁/p1567~1569
          • ミニレビュー 29. 皮膚の発癌 / 堀真/p1570~1572
          • ミニレビュー 30. 毛の生物学 / 伊藤雅章/p1573~1576
          • ミニレビュー 31. 皮膚と性ホルモン / 板見智/p1577~1579
          • ミニレビュー 32. 末梢神経系腫瘍の免疫組織化学 / 高田実/p1580~1582
          • ミニレビュー 33. IV型コラーゲンの最近の知見 / 多島新吾/p1583~1584
          • ミニレビュー 34. 皮膚とProtein Kinase C / 猪原慎一/p1585~1589
          • ミニレビュー 35. 皮膚におけるGrowth Factor / 橋本公二/p1590~1591
          • ミニレビュー 36. Lichenoid Tissue Reaction / 塩原哲夫/p1592~1595
          • ミニレビュー 37. 薬疹のアレルギー機序 / 池沢善郎 ; 大沢純子/p1596~1598
          • ミニレビュー 38. ステロイドスルファターゼ / 吉池高志/p1599~1600
          • ミニレビュー 39. 皮膚とNeuropeptide / 岸本三郎/p1601~1604
          • ミニレビュー 40. 皮膚と線溶系 / 伊崎誠一/p1605~1608
          • ミニレビュー 41. 皮膚とインターロイキン / 山田秀和/p1609~1610
          • ミニレビュー 42. 皮膚における細胞間接着 / 古川福実/p1611~1619
          • ミニレビュー 43. 接触過敏症 / 片山一朗/p1620~1622
          • ミニレビュー 44.シクロスポリンによるT細胞の機能抑制機序――最近の知見 / 古江増隆/p1623~1625
          • ミニレビュー 45. 膠原病の自己抗体 / 稲垣安紀/p1626~1628
          • ミニレビュー 46. 抗角層抗体と抗表皮細胞質抗体 / 岩月啓氏/p1629~1632
          • ミニレビュー 47. 表皮基底膜部の構成成分とその意義 / 堀口裕治/p1633~1636
          • ミニレビュー 48. 皮膚微小血管内皮細胞 / 窪田泰夫/p1637~1640
          • シンポジウム / 二階堂修/p1641~1726
          • I 光と皮膚の老化 1. 細胞の老化・培養細胞系における老化 / 二階堂修/p1641~1643
          • I 光と皮膚の老化 2. 角層の老化 / 田上八朗/p1644~1646
          • I 光と皮膚の老化 3. 真皮の老化と紫外線 / 辻卓夫/p1647~1649
          • I 光と皮膚の老化 4. 皮脂と老化 / 山本綾子 ; 芹沢重男 ; 伊藤雅章 ; 佐藤良夫/p1650~1652
          • I 光と皮膚の老化 5. 老化と活性酸素 / 宮地良樹/p1653~1654
          • I 光と皮膚の老化 6. 光老化の防止 / 堀尾武 ; 宮内洋子 ; 岡本祐之 ; 段野貴一郎/p1655~1658
          • II これからの皮膚科はどうあるべきか―ばら色の皮膚科を築くために― 1. はじめに / 堀嘉昭 ; 田上八朗/p1659~1659
          • II これからの皮膚科はどうあるべきか―ばら色の皮膚科を築くために― 2. 大学病院に診療の場を置く立場から / 井上勝平/p1660~1662
          • II これからの皮膚科はどうあるべきか―ばら色の皮膚科を築くために― 3. 一般療病院での診療を通して / 杉浦丹/p1663~1664
          • II これからの皮膚科はどうあるべきか―ばら色の皮膚科を築くために― 4. 一般診療病院での診療と皮膚外来医として / 大原国章/p1665~1666
          • II これからの皮膚科はどうあるべきか―ばら色の皮膚科を築くために― 5. 研究者として,女医として / 宮川幸子/p1667~1669
          • II これからの皮膚科はどうあるべきか―ばら色の皮膚科を築くために― 6. これからの皮膚科学の研究について / 島田眞路/p1670~1671
          • II これからの皮膚科はどうあるべきか―ばら色の皮膚科を築くために― 7. 個人病院に診療の場を置く立場から / 牧野孝三/p1672~1674
          • II これからの皮膚科はどうあるべきか―ばら色の皮膚科を築くために― 8. 地域医療の経験を通して / 加藤友衛 ; 小林明博/p1675~1676
          • II これからの皮膚科はどうあるべきか―ばら色の皮膚科を築くために― 9. 過去46年の経験から / 吉田良夫/p1677~1678
          • III 皮膚科における遺伝子工学の応用 1. 分子生物学の原理と手技 / 安達健二/p1679~1680
          • III 皮膚科における遺伝子工学の応用 2. デスモゾーム蛋白の分子生物学 / 橋本隆/p1681~1686
          • III 皮膚科における遺伝子工学の応用 3. 水疱性類天疱瘡抗原の分子生物学的解析 / 田中俊宏/p1687~1689
          • III 皮膚科における遺伝子工学の応用 4. 先天性結合織病に対する遺伝子解析 / 新海浤 ; 片桐一元/p1690~1692
          • III 皮膚科における遺伝子工学の応用 5. 先天性白皮症(チロシナーゼ陰性型)の遺伝子異常 / 富田靖/p1693~1695
          • III 皮膚科における遺伝子工学の応用 6. 水疱・帯状疱疹ウイルス感染の分子疫学的解析とDNA診断 / 横井清 ; 本田まりこ ; 新村眞人 ; 本籐良/p1696~1698
          • III 皮膚科における遺伝子工学の応用 7. 疣贅状表皮発育異常症病変の悪性化とヒトパピローマウイルス / 安立あゆみ ; 平岩厚郎 ; 大橋勝 ; 清野透 ; 石橋正英/p1699~1701
          • IV アラキドン酸カスケードと皮膚疾患 1. 乾癬とアラキドン酸カスケード / 飯塚一/p1702~1706
          • IV アラキドン酸カスケードと皮膚疾患 2. 乾癬とアラキドン酸代謝物 / 竹松英明/p1707~1710
          • IV アラキドン酸カスケードと皮膚疾患 3. アトピー性皮膚炎とアラキドン酸カスケード / 井階幸一/p1711~1713
          • IV アラキドン酸カスケードと皮膚疾患 4. 蕁麻疹とアラキドン酸カスケード / 山田悟 ; 高路修 ; 木村勇 ; 坪井賢朗 ; 沼田恒実 ; 山本昇壯/p1714~1716
          • IV アラキドン酸カスケードと皮膚疾患 5. 各種皮膚潰瘍に対するProstaglandin E₁の局所軟膏治療剤としての検討 / 森崎清一郎/p1717~1718
          • IV アラキドン酸カスケードと皮膚疾患 6. 乾癬皮疹に対するプロスタグランジンE外用の効果とその作用機序についての基礎的検討――好酸球とケラチノサイトとの細胞間相互作用への影響 / 片山洋/p1719~1722
          • IV アラキドン酸カスケードと皮膚疾患 7. 乾癬に対するエイコサペンタエン酸内服・外用治療効果 / 小泉洋子 ; 大河原章 ; 飯塚一 ; 松尾忍/p1723~1726
          • 一般演題・CPC / 庄司昭伸/p1727~1730
          • 症例報告 / 秋山真志 ; 吉田法子 ; 和泉達也 ; 海老原全 ; 杉浦丹/p1731~1733
          • 第90回日本皮膚科学会総会記事 //p1734~1754
        • 101(14) [100]
      • 1992 (14)
      • 1993 (14)
      • 1994 (14)
      • 1995 (14)
      • 1996 (14)
      • 1997 (14)
      • 1998 (14)
      • 1999 (14)
    • 2000~2009 (14)

日本皮膚科学会雑誌 = The Japanese journal of dermatologyの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3403936/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。