国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

日本皮膚科学会雑誌 = The Japanese journal of dermatology. 106(13)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 日本皮膚科学会雑誌 = The Japanese journal of dermatology
    • 1950~1959 (39)
    • 1960~1969 (121)
    • 1970~1979 (131)
    • 1980~1989 (140)
    • 1990~1999 (140)
      • 1990 (14)
      • 1991 (14)
      • 1992 (14)
      • 1993 (14)
      • 1994 (14)
      • 1995 (14)
      • 1996 (14)
        • 106(1) [70]
        • 106(2) [96]
        • 106(3) [108]
        • 106(4) [81]
        • 106(5) [227]
        • 106(6) [66]
        • 106(7) [75]
        • 106(8) [87]
        • 106(9) [81]
        • 106(10) [78]
        • 106(11) [70]
        • 106(12) [62]
        • 106(13) [184]
          • 会頭講演 膿疱性乾癬 / 大河原章/p1551~1555
          • シンポジウムI:光と皮膚 Photoimmunology / Paul R.Bergstresser/p1556~1558
          • シンポジウムI:光と皮膚 サンバーン細胞 / 花田勝美/p1559~1561
          • シンポジウムI:光と皮膚 日焼けとメラニン生成 / 船坂陽子/p1562~1564
          • シンポジウムI:光と皮膚 光老化――紫外線の皮膚弾力性および弾性線維微細構造への障害性 / 武馬吉則 ; 芋川玄爾/p1565~1567
          • シンポジウムI:光と皮膚 紫外線発癌 / 上田正登/p1568~1570
          • シンポジウムI:光と皮膚 薬剤性光線過敏症――new quinolone系薬剤の光感作性 / 橋本洋子 ; 堀尾武/p1571~1572
          • シンポジウムI:光と皮膚 新しい光線過敏性疾患「UVS症候群」 (UV-sensitive syndrome):その臨床と診断 / 伊藤寿樹 ; 山泉克 ; 小野友道/p1573~1575
          • シンポジウムI:光と皮膚 光線療法 / 段野貴一郎/p1576~1578
          • シンポジウムII:Dermatopharmacology Dermatopharmacology Antiallergic Drugs(抗アレルギー薬) / 山本昇壯/p1579~1581
          • シンポジウムII:Dermatopharmacology Pharmacology of Vitamin D in the Skin / Kunihiko Yoshikawa ; Teruaki Kobayashi/p1582~1585
          • シンポジウムII:Dermatopharmacology Dermatopharmacology of Immunosuppressant / 中川秀己/p1586~1588
          • シンポジウムII:Dermatopharmacology Action Mechanisms of Antifungal Agents(抗真菌剤の作用機序) / 北島康雄/p1589~1591
          • シンポジウムII:Dermatopharmacology Drug Metabolism and Dermatological Drug Therpy / 川久保洋/p1592~1593
          • シンポジウムIII:分子生物学 免疫学的自己寛容の成立 / 小野江和則/p1594~1596
          • シンポジウムIII:分子生物学 遺伝子治療 現状と展望 / 葛巻暹/p1597~1599
          • シンポジウムIII:分子生物学 皮膚線維芽細胞によるエラスチン遺伝子発現の制御 / 多島新吾/p1600~1601
          • シンポジウムIII:分子生物学 表皮のDNAバイオロジー / 山西清文/p1602~1607
          • 教育コースI:全身の中の皮膚 Skin Signs of Internal Disorders / Peter J.Lynch/p1608~1611
          • 教育コースI:全身の中の皮膚 全身におよぶ皮膚 / 溝口昌子/p1612~1613
          • 教育コースI:全身の中の皮膚 皮膚科医の内科修練,研修 / 幸田弘 ; 望月良子/p1614~1615
          • 教育コースI:全身の中の皮膚 他科との対診――まとめを兼ねて / 井上勝平/p1616~1619
          • 教育コースII:皮膚外科 Non-Surgical Treatments for Basal Cell Carcinoma / J.Richard Taylor/p1620~1621
          • 教育コースII:皮膚外科 植皮術――適応と基本手技 / 大原國章/p1622~1623
          • 教育コースII:皮膚外科 顔面腫瘍の手術法 / 臼田俊和/p1624~1625
          • 教育コースII:皮膚外科 粉瘤のへそ抜き療法 / 上出良一 ; 伊藤高史 ; 谷野千鶴子/p1626~1628
          • 教育コースII:皮膚外科 Suction Blister / 川端康浩/p1629~1630
          • 教育コースII:皮膚外科 培養表皮の作成と応用 / 橋本公二/p1631~1632
          • 教育コースII:皮膚外科 先天性巨大母斑の取り扱い方 / 熊野公子/p1633~1635
          • 教育コースII:皮膚外科 下肢静脈瘤の積極的治療法 / 伊藤孝明/p1636~1638
          • 教育コースII:皮膚外科 Qスイッチルビーレーザーによる太田母斑および他の色素性皮膚病変の治療 / 渡辺晋一/p1639~1641
          • 教育コースII:皮膚外科 腋臭症の外科療法 / 菅原光雄/p1642~1644
          • 教育コースIII:遺伝子診断 DNA診断 基礎知識の整理 / 酒井正春/p1645~1647
          • 教育コースIII:遺伝子診断 チロシナーゼ陰性型眼皮膚白皮症 / 松永純 ; 富田靖/p1648~1649
          • 教育コースIII:遺伝子診断 表皮水疱症 / 沢村大輔 ; 玉井克人 ; 梅木薫 ; 野村和夫 ; 橋本功/p1650~1651
          • 教育コースIII:遺伝子診断 神経線維腫症2の遺伝子診断 / 本田まりこ ; 新村眞人/p1652~1653
          • 教育コースIII:遺伝子診断 皮膚リンパ腫の遺伝子診断 / 戸倉新樹/p1654~1656
          • 教育コースIII:遺伝子診断 PCR法による感染症のDNA診断 / 杉田泰之/p1657~1659
          • 教育コースIII:遺伝子診断 メラノーマと皮膚癌における遺伝子異常 / 山崎自子 ; 斎田俊明/p1660~1661
          • 教育コースIII:遺伝子診断 出生前診断とその倫理ならびに遺伝相談 / 清水宏/p1662~1664
          • 教育コースIV:アトピー性皮膚炎 アトピー性皮膚炎の歴史と問題点 / 矢尾板英夫/p1665~1669
          • 教育コースIV:アトピー性皮膚炎 アトピー性皮膚炎の疫学 / 上田宏/p1670~1672
          • 教育コースIV:アトピー性皮膚炎 免疫機能異常としてのアトピー性皮膚炎 / 片山一朗/p1673~1674
          • 教育コースIV:アトピー性皮膚炎 アトピー性皮膚炎のスキンケア / 宮地良樹/p1675~1676
          • 教育コースIV:アトピー性皮膚炎 アトピー性皮膚炎の外用療法 / 西岡清/p1677~1678
          • 教育コースIV:アトピー性皮膚炎 痒みに対する対策 / 山本昇壯/p1679~1681
          • 教育コースIV:アトピー性皮膚炎 特殊療法の評価(民間療法を含む) / 青木敏之/p1682~1683
          • 教育コースV:接触皮膚炎 Cellular Basis of Induction of Contact Hypersensitivity and Tolerance / J.Wayne Streilein ; Iwao Kurimoto ; Tadamichi Shimizu ; Ruoping Dai ; Hironori Niizeki ; Stefano Bacci ; Toshiaki Nakamura ; Pascale Alard/p1684~1687
          • 教育コースV:接触皮膚炎 アレルギー接触皮膚炎の発症機序 / 相場節也/p1688~1690
          • 教育コースV:接触皮膚炎 接触皮膚炎の臨床 / 松永佳世子/p1691~1693
          • 教育コースV:接触皮膚炎 接触皮膚炎の基礎と臨床――サイトカインネットワークを中心に / 片山一朗/p1694~1695
          • 教育コースV:接触皮膚炎 キク皮膚炎に対する経口減感作療法について / 夏秋優/p1696~1697
          • 教育コースV:接触皮膚炎 菊皮膚炎におけるトレランスとサイトカイン / 早川和人/p1698~1700
          • 教育コースV:接触皮膚炎 ニッケル皮膚炎 / 石井則久/p1701~1702
          • 教育コースV:接触皮膚炎 金皮膚炎とAngiolymphoid Hyperplasia with Eosinophilia(ALHE) / 出光俊郎/p1703~1705
          • 教育コースVI:皮膚付属器 基礎科学と臨床の実施 / 荒瀬誠治 ; 高安進 ; 伊藤雅章/p1706~1707
          • 教育コースVI:皮膚付属器 毛包――特にHair Cycleについて / 安達健二/p1708~1712
          • 教育コースVI:皮膚付属器 円形脱毛症患者における発毛現象への浸潤リンパ球の関与 / 坪井廣美 ; 藤村響男 ; 立田美奈子 ; 寺田英司 ; 勝岡憲生/p1713~1715
          • 教育コースVI:皮膚付属器 円形脱毛症のSADBE療法の長期観察 / 高木美樹 ; 伊藤雅章/p1716~1718
          • 教育コースVI:皮膚付属器 Sebaceous Glands Structure and Function / Thomas Jansen ; Silke Michelsen ; Gerd Plewig/p1719~1721
          • 教育コースVI:皮膚付属器 痤瘡の発症と治療 P.acnesを中心に / 西嶋攝子/p1722~1723
          • 教育コースVI:皮膚付属器 内分泌よりみた痤瘡の病態とその治療 / 相澤浩/p1724~1725
          • 教育コースVI:皮膚付属器 多汗症の治療 / 小林衣子/p1726~1728
          • 教育コースVI:皮膚付属器 汗腺の基礎 / 大津山實/p1729~1731
          • 教育コースVII:皮膚病理I 難治性血管炎の病因論 / 吉木敬/p1732~1734
          • 教育コースVII:皮膚病理I 皮膚血管炎の臨床像と病理組織像 / 木村鉄宣 ; 西山茂夫/p1735~1737
          • 教育コースVII:皮膚病理I 丘疹の多発,Buerger病様の指趾壊疽,および側頭動脈炎を伴った木村氏病の1例 / 城野昌義 ; 木村達 ; 森誠一 ; 小野友道/p1738~1739
          • 教育コースVII:皮膚病理I Polyangiitis Overlap Syndrome / 萱島研一 ; 木藤正人 ; 小野友道/p1740~1742
          • 教育コースVII:皮膚病理I メチマゾールによるLupus-like SyndromeにともなったANCA-associated Vasculitis / 川内康弘 ; 額賀裕美 ; 大塚藤男/p1743~1745
          • 教育コースVII:皮膚病理I アレルギー性肉芽腫性血管炎の1例 / 南辻泰志 ; 斎藤和哉 ; 嵯峨賢次 ; 神保孝一 ; 前田和男/p1746~1748
          • 教育コースVII:皮膚病理I Rheumatoid Vasculitis / 田村俊哉 ; 橋本喜夫 ; 飯塚一/p1749~1750
          • 教育コースVII:皮膚病理I 腹部症状が強かったアナフィラクトイド紫斑病の1例 / 飯島茂子 ; 望月太郎 ; 真嶋州一 ; 川内康弘 ; 岩田充 ; 大塚藤男/p1751~1752
          • 教育コースVII:皮膚病理I 動脈血栓症を伴った抗リン脂質抗体症候群 / 細川一義 ; 小林仁 ; 熊切正信 ; 大河原章 ; 高橋達郎/p1753~1754
          • 教育コースVII:皮膚病理I コレステロール結晶塞栓症の1例 / 岩本孝 ; 森誠一 ; 肥後順子 ; 木藤正人 ; 小野友道/p1755~1759
          • 教育コースVII:皮膚病理I コレステロール結晶塞栓症(Cholesterol Crystal Embolization;CCE)の8例 / 大西泰彦 ; 大原國章 ; 関顕/p1760~1763
          • 教育コースIX:皮膚病理II 皮膚アポトーシス細胞の電顕的観察 / 葉狩良孝/p1764~1765
          • 教育コースIX:皮膚病理II ケラトヒアリンとトリコヒアリンの違いは? / 山本明美/p1766~1767
          • 教育コースIX:皮膚病理II 汗腺と乳房外ページェット病における陰性荷電部位の分布と酵素消化性 / 嵯峨賢次/p1768~1769
          • 教育コースIX:皮膚病理II リンパ球系細胞の表面形質 光顕から免疫電顕へ / 岩月啓氏/p1770~1772
          • 教育コースIX:皮膚病理II In vitroでみた表皮基底膜部の形成 VII型コラーゲンの沈着とanchoring fibrilの形成 / 三橋善比古/p1773~1775
          • 教育コースIX:皮膚病理II 自己免疫性表皮下水疱症の診断法 酵素抗体法による免疫グロブリン等の沈着部位の検索 / 堀口裕治 ; 今村貞夫/p1776~1778
          • 教育コースIX:皮膚病理II 遺伝性棘融解性疾患(ダリエ病,ヘイリー・ヘイリー病)と自己免疫性棘融解性疾患(天疱瘡)における棘融解細胞の違い / 多田讓治 ; 橋本健/p1779~1781
          • 教育コースIX:皮膚病理II 原子間力顕微鏡の生物応用――特にコラーゲン細線維解析をはじめとした皮膚科領域への可能性 / 牛木辰男/p1782~1784
          • 教育コースIX:皮膚病理II おわりに / 三原基之/p1785~1785
          • 教育コースVIII:治療の最前線I 強皮症の新しい治療法 / 石川治/p1786~1788
          • 教育コースVIII:治療の最前線I 類天疱瘡におけるテトラサイクリン療法 / 橋本隆/p1789~1790
          • 教育コースVIII:治療の最前線I シクロスポリンによる治療 / 中川秀己/p1791~1794
          • 教育コースVIII:治療の最前線I 壊疽性膿皮症,扁平苔癬におけるシクロスポリン療法 / 落合豊子 ; 森嶋隆文 ; 岡本竹春/p1795~1797
          • 教育コースVIII:治療の最前線I 悪性黒色腫に対する養子免疫療法 / 山﨑直也/p1798~1800
          • 教育コースVIII:治療の最前線I モノクローナル抗体療法(メラノーマ) / 影下登志郎/p1801~1802
          • 教育コースX:治療の最前線II 重症アトピー性皮膚炎患者の治療歴からステロイド外用療法,脱ステロイドを考える / 川島眞/p1803~1804
          • 教育コースX:治療の最前線II アトピー性皮膚炎の治療に用いた外用剤による接触皮膚炎 / 東禹彦/p1805~1807
          • 教育コースX:治療の最前線II アトピー性皮膚炎に対するPUVA療法 ステロイド外用剤に代わる治療法か? / 堀尾武/p1808~1810
          • Keynote Speech-III Effects of IgG Antimelanocyte Antibodies on T Cell Antigen Expression in Patients with Active Vitiligo / Hsin-Su Yu ; Kee-Lung Chang ; Chia-Li Yu ; Hui-Fang Li ; Meng-Tse Wu ; Chieh-Shan Wu ; Ching-Shuang Wu/p1811~1814
          • Keynote Sneech-VII The Epidemiology of Melanoma in Australia / Robin Marks/p1815~1818
          • 特別企画:computer in dermatology Office Dermatologyにおけるパーソナルコンピュータ(PC) / 藤澤重樹/p1819~1821
          • 特別企画:computer in dermatology Office Dermatologyにおけるパーソナルコンピュータ(Mac) / 佐伯光義/p1822~1823
          • 特別企画:computer in dermatology インターネットとはどういうものか / 上出良一/p1824~1826
          • 特別企画:computer in dermatology インターネットの実際 / 磯田憲一/p1827~1828
          • 特別企画:computer in dermatology 大学を含む教育研究機関でのインターネットの活用 / 谷口芳記/p1829~1831
          • 特別企画:computer in dermatology 皮膚科開業医とインターネット / 太田孝/p1832~1833
          • 特別企画:computer in dermatology 北海道の医療におけるネットワークの現状 / 大川洋平 ; 中村正弘 ; 辰巳治之 ; 神保孝一/p1834~1836
          • 特別企画:computer in dermatology 皮膚科における画像取り込み方法の比較検討 / 新盛英世 ; 橋本公二/p1837~1839
          • 特別企画:computer in dermatology 皮膚科における画像処理技術の研究応用 / 沼原利彦/p1840~1841
          • 特別企画:computer in dermatology 医学文献情報のインプット,アウトプット――EndNote Plusの活用 / 多田羅勝義/p1842~1844
          • 質疑応答のまとめ シンポジウム / 飯塚一 ; 西川武二/p1845~1845
          • 質疑応答のまとめ 一般演題 / 鈴木啓之 ; 伊崎誠一/p1845~1852
          • 質疑応答のまとめ ワークショップ / 玉置邦彦/p1852~1852
          • 質疑応答のまとめ 教育コース / 菅原光雄/p1852~1854
          • 質疑応答のまとめ 抄録訂正 //p1854~1855
          • 第95回日本皮膚科学会総会記事 //p1856~1878
        • 106(14) [80]
      • 1997 (14)
      • 1998 (14)
      • 1999 (14)
    • 2000~2009 (14)

日本皮膚科学会雑誌 = The Japanese journal of dermatologyの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3404006/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。