国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

ホルモンと臨床 = Clinical Endocrinology. 27(9)

情報
操作方法

目次・巻号

  • ホルモンと臨床 = Clinical Endocrinology
    • 1950~1959 (81)
    • 1960~1969 (117)
    • 1970~1979 (123)
      • 1970 (13)
      • 1971 (12)
      • 1972 (12)
      • 1973 (12)
      • 1974 (12)
      • 1975 (14)
      • 1976 (12)
      • 1977 (12)
      • 1978 (12)
      • 1979 (12)
        • 27(1) [66]
        • 27(2) [68]
        • 27(3) [63]
        • 27(4) [63]
        • 27(5) [57]
        • 27(6) [72]
        • 27(7) [78]
        • 27(8) [65]
        • 27(9) [90]
          • 小児内分泌学研究<特集>/p933~1053
          • 血中テストステロン,性腺刺激ホルモンと身体発育の関係--7.5~15歳までの男児について / 田口//哲夫/p933~937
          • 小児甲状腺機能亢進症の寛解率を左右する組織学的因子 / 高田//伊久郎/p938~942
          • Syndrome of inappropriate secretion of TSHの1症例 / 才田//耕基/p943~947
          • TSH不応性が疑われる先天性甲状腺機能低下症の2症例 / 前坂//機江/p948~953
          • マス・スクリ-ニングで見いだされたクレチン症の初期治療について--基礎代謝率を指標とした治療法の検討 / 原田//徳蔵/p954~961
          • チェックリストによるクレチン症スクリ-ニングと微量濾紙血液T4測定法 / 猪股//弘明/p962~966
          • クレチン症のマス・スクリ-ニング--大阪地区での実施結果と問題点 / 宮井//潔/p967~976
          • ラットによる人乳中の甲状腺ホルモン量の検討について / 露崎//俊明/p977~984
          • 成長ホルモン分泌刺激試験における偽陰性率に関する検討 / 森//理/p985~990
          • 成長障害を伴う先天奇形群の間脳-下垂体機能 / 河野//登/p991~998
          • 下垂体性小人症に随伴する低血糖症について / 田苗//綾子 ; 日比//逸郎 ; 日比//晶/p999~1004
          • MODYの内分泌機能と治療効果 / 真野//敏明 ; 藤田//英広/p1005~1012
          • 仮性副甲状腺機能低下症における腎尿細管のPTH負荷に対する反応の多様性について / 土屋//裕/p1013~1018
          • クッシング病の1例--間脳下垂体照射と3年間レゼルピン投与を行った例の内分泌学的検討 / 山田//豊/p1019~1024
          • ACTH不応症の13歳男児例 / 太田//倫夫/p1025~1029
          • 先天性副腎不全症におけるハイドロコ-チゾンおよびプレドニゾロン維持量経口投与における吸収ならびに下垂体ACTH抑制効果について / 野崎//豊/p1030~1037
          • 緩徐な男性化を示した先天性副腎過形成の2姉妹例--特に興味ある内分泌学的異常所見の評価 / 野崎//豊/p1038~1047
          • 乾燥濾紙血液による血中17α-hydroxy-progesteroneの測定--21-水酸化酵素欠損症の診断への応用 / 下沢//和彦/p1048~1053
          • TRH酒石酸塩(TRH-T)連続投与に対する各種血中ホルモンの経時的変化 / 三好//正規/p1055~1062
          • 溶媒分配抽出による尿中17-Ketogenic steroids(17-KGS)分画の簡易測定法-2-<シカ>KGSテストキットと溶媒分配の組み合わせによる迅速簡易測定法とその臨床応用 / 五十嵐//良雄/p1065~1071
          • Enzyme Immunoassayによる血中インスリン測定法の基礎的検討--血清蛋白の影響を中心として / 尾崎//史郎/p1073~1078
          • RIAによる抗サイログロブリン抗体の検出--CIS,HTG抗体キットの使用経験 / 宮崎//忠芳/p1079~1082
          • TBGラジオイムノアッセイ法による血中TBG値の臨床的意義 / 仁瓶//礼之/p1083~1090
        • 27(10) [71]
        • 27(11) [66]
        • 27(12) [70]
    • 1980~1989 (148)
    • 1990~1999 (163)
    • 2000~2009 (17)

ホルモンと臨床 = Clinical Endocrinologyの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3406434/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。