国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

ホルモンと臨床 = Clinical Endocrinology. 35増刊症例特集

情報
操作方法

目次・巻号

  • ホルモンと臨床 = Clinical Endocrinology
    • 1950~1959 (81)
    • 1960~1969 (117)
    • 1970~1979 (123)
    • 1980~1989 (148)
      • 1980 (12)
      • 1981 (13)
      • 1982 (14)
      • 1983 (15)
      • 1984 (14)
      • 1985 (15)
      • 1986 (15)
      • 1987 (16)
        • 35(1) [70]
        • 35(2) [69]
        • 35(3) [75]
        • 35(4) [79]
        • 35(5) [77]
        • 35(6) [58]
        • 35春季増刊号 [138]
        • 35(7) [55]
        • 35夏季増刊号 [119]
        • 35(8) [56]
        • 35(9) [65]
        • 35増刊症例特集 [144]
          • 序文 / 入江実
          • I. 間脳・下垂体 下垂体腫瘍摘出後再発しCB-154で寛解したCushing病の1例 / 隠岐尚吾/p8~11
          • I. 間脳・下垂体 乳汁漏出を伴い,少量のdexamethasoneで抑制されたCushing病の1例 / 光川知宏/p12~14
          • I. 間脳・下垂体 ホルモンの周期性分泌を示すCushing病に機能性腺腫様甲状腺腫を合併した1例 / 田中博志/p14~17
          • I. 間脳・下垂体 O,p'-DDD,下垂体照射併用治療によりCushing病の寛解と脂肪肝の改善をきたした1例 / 柳川達生/p18~20
          • I. 間脳・下垂体 副腎摘出術約5年後GH・PRL過剰分泌を呈したCushing症候群の1例 / 深町雄三/p21~23
          • I. 間脳・下垂体 Empty sellaを伴ったACTH単独欠損症に原発性甲状腺機能低下症を合併した1例 / 岸田繁/p24~27
          • I. 間脳・下垂体 Empty sellaを合併したACTH単独欠損症 / 名取省一/p27~32
          • I. 間脳・下垂体 汎下垂体機能低下症を呈し,低Na血症にて発症したPrimary Empty Sella Syndromeの1例 / 奥野仙二/p32~35
          • I. 間脳・下垂体 多彩な下垂体機能低下状態を示したEmpty Sella Syndromeの1例 / 犬飼敏彦/p35~38
          • I. 間脳・下垂体 原発性副甲状腺機能亢進症とCushing症候群を伴ったEmpty Sellaの1例 / 五十嵐美晴/p38~43
          • I. 間脳・下垂体 一過性の頭部CT異常を伴ったSheehan症候群の1例 / 坂根貞樹/p43~45
          • I. 間脳・下垂体 TSH分泌不全が糖質コルチコイド投与により改善した1例 / 田所直子/p46~49
          • I. 間脳・下垂体 汎下垂体機能低下症を伴ったTRH欠損症の1女性例 / 木佐森茂樹/p50~53
          • I. 間脳・下垂体 乳汁分泌を伴う慢性血液透析患者の1男性例 / 斉藤司/p54~56
          • I. 間脳・下垂体 バセドウ病に合併したプロラクチン産生下垂体腫瘍の1例 / 紅粉睦男/p56~59
          • I. 間脳・下垂体 無月経や乳汁分泌を伴わない高プロラクチン血症の1例 / 岡田耕治/p59~61
          • I. 間脳・下垂体 視床下部-下垂体機能低下を伴ったいわゆるRud症候群の1例 / 横田行史/p62~64
          • I. 間脳・下垂体 頭蓋内germinomaの5例 / 青山訓子/p64~68
          • I. 間脳・下垂体 過去3年間に見出された頭蓋咽頭腫13例の臨床的検討 / 五味渕一三/p68~72
          • I. 間脳・下垂体 白血病および悪性リンパ腫の長期生存例における低身長について / 落合秀江/p72~75
          • II. 甲状腺 全身型甲状腺ホルモン不応症の1例 / 高橋亮一/p78~80
          • II. 甲状腺 慢性関節リウマチに続発し,甲状腺機能低下症を呈したアミロイド甲状腺腫の1例 / 青柳直樹/p81~84
          • II. 甲状腺 著明な甲状腺機能低下を呈した続発性アミロイドーシスの1例 / 戸川雅樹/p84~87
          • II. 甲状腺 多彩な骨病変を呈し,高齢出産に至ったクレチン症の1例 / 安部純/p87~89
          • II. 甲状腺 転移部位の機能障害により悲惨な経過をとった甲状腺分化癌の3例 / 佐藤薫/p89~92
          • II. 甲状腺 甲状腺機能亢進症を呈した甲状腺癌骨・肺転移の1例 / 小内亨/p92~94
          • II. 甲状腺 TBII陽性甲状腺機能低下症に合併した眼球突出症の1例 / 玉置治夫/p95~98
          • II. 甲状腺 原発性甲状腺機能低下症に対する治療中に機能亢進症を発症した1例 / 笠木寛治/p99~101
          • II. 甲状腺 同時発症をみた甲状腺中毒性周期性四肢麻痺の兄弟例 / 竹尾高明/p102~104
          • II. 甲状腺 未治療で経過観察中のTBII持続的強陽性の甲状腺腫例 / 石原隆/p105~107
          • II. 甲状腺 結節性甲状腺腫摘出後にバセドウ病を発症した1例 / 長井啓介/p107~110
          • II. 甲状腺 Free-T₃高値を示した眼窩内腫瘍の1例 / 秋山仁/p110~112
          • II. 甲状腺 パルス療法を試みたGraves' ophthalmopathyの5例 / 永山雄二/p112~114
          • II. 甲状腺 10年以上の寛解の後に再発をみた亜急性甲状腺炎の3例 / 山本蒔子/p114~117
          • II. 甲状腺 慢性関節リウマチに慢性甲状腺炎ならびにアミロイド甲状腺腫を合併した1例 / 長嶺元久/p117~120
          • II. 甲状腺 非定型的甲状腺癌の2例 / 大間知健史/p120~123
          • II. 甲状腺 多発性機能性結節性甲状腺腫の2例 / 三笘和美/p124~126
          • II. 甲状腺 放射線外照射が奏功し,¹²³Iの取り込みを認めた再発甲状腺髄様癌の1例 / 大谷享/p126~129
          • II. 甲状腺 汎血球減少症を伴った甲状腺機能亢進症の1例 / 鈴木良知/p129~131
          • II. 甲状腺 母体のヨード過剰摂取によると思われる新生児一過性甲状腺機能低下症の1例 / 遠矢和彦/p131~133
          • II. 甲状腺 Fucosyl-GM1関与の考えられた甲状腺炎-腎炎合併の1例 / 松浦幹夫/p133~136
          • II. 甲状腺 腺腫様甲状腺腫像を示した,先天性と思われる甲状腺機能亢進症の1例 / 稲田浩/p136~138
          • II. 甲状腺 SIPPLE症候群家系調査におけるテトラガストリン負荷試験の有用性 / 加藤真/p138~140
          • II. 甲状腺 甲状腺原発の形質細胞腫の1例 / 岸田敏博/p141~142
          • II. 甲状腺 EMO症候群を伴った腺腫様甲状腺腫の1手術例 / 吉村雅裕/p143~145
          • II. 甲状腺 甲状腺原発の平滑筋肉腫の1例 / 吉岡正和/p145~147
          • III. 副甲状腺 尿崩症および肺カルチノイドを伴った多発性内分泌腺腫症(MEN)TypeIの1例 / 三浦良/p150~153
          • III. 副甲状腺 多発性内分泌腺腫症I型の1例 / 高木正和/p153~156
          • III. 副甲状腺 多内分泌腺腫症I型の2例 / 武宮三三/p157~158
          • III. 副甲状腺 著しい高カルシウム血症を呈した「生化学型」原発性上皮小体機能亢進症の2例 / 鳥本雄二/p159~161
          • III. 副甲状腺 急性腎不全で術前に急死した上皮小体機能亢進症の1例 / 篠崎登/p161~165
          • III. 副甲状腺 家族性低リン血性くる病の母子例に対する1-αD₃治療の効果について / 長谷村泰子/p165~169
          • III. 副甲状腺 ビタミンD大量投与に反応した禿頭を伴うビタミンD依存性くる病II型の3例 / 黒田泰弘/p169~172
          • III. 副甲状腺 Cleidocranial disostosisと偽性副甲状腺機能低下症I型とを合併した1例 / 池原千衣子/p172~175
          • IV. 副腎 O,p'-DDDおよびCisplatin併用療法を試みたアンドロゲン産生副腎皮質癌の1女児例 / 近藤琢磨/p178~182
          • IV. 副腎 Pseudohyperaldosteronism(Liddle症候群)の1例 / 竹内和久/p182~187
          • IV. 副腎 エリスロポイエチン活性高値を伴う赤血球増多症およびvon Recklinghausen病を合併したBartter症候群の1例 / 石田博/p187~190
          • IV. 副腎 異所性CRF・ACTH産生症候群を呈したMEN I型,II型重複例の1例 / 橋本浩三/p191~193
          • IV. 副腎 肺・関節結核にRifampicin投与後,急性副腎不全を併発した1例 / 関東繁/p194~196
          • IV. 副腎 両側性内分泌非活性副腎皮質腺腫の1例 / 髙﨑泉/p196~199
          • IV. 副腎 内分泌学的症状を示さなかった巨大副腎皮質癌の1例 / 中野優/p200~202
          • IV. 副腎 副腎癌によるCushing症候群の1例 / 斉藤史郎/p202~205
          • IV. 副腎 男性ホルモン系ステロイドホルモンが高値であった副腎皮質腺腫によるCushing症候群の1女性例 / 橋上好久/p205~209
          • IV. 副腎 精神分裂病と診断されていた両側副腎皮質結節性過形成によるCushing症候群の1例 / 板垣英二/p209~213
          • IV. 副腎 副腎腫瘍摘出後高カルシウム血症をきたした甲状腺癌全摘,Cushing症候群の1例 / 筒井一哉/p213~216
          • IV. 副腎 新生児期に診断し得た先天性副腎低形成の1男児例 / 豊田茂樹/p217~220
          • IV. 副腎 Beckwith-Wiedemann症候群のadrenal cytomegaly / 鈴木準/p220~222
          • IV. 副腎 摘出睾丸におけるチトクロームP-450 scc Iの低下を認めたPrader症候群の1例 / 南聡/p222~224
          • IV. 副腎 胸腺原発のカルチノイドによる異所性ACTH症候群の1例 / 足立公一/p225~227
          • IV. 副腎 ライ症候群様症状で発見されたACTH不応症の1例 / 川村仁志/p228~230
          • V. 膵・消化器 特発性血小板減少性紫斑病,慢性甲状腺炎を合併したI型糖尿病の2例 / 棚橋忍/p232~234
          • V. 膵・消化器 インスリノーマにおける局在診断と外科的治療 / 高見博/p235~237
          • V. 膵・消化器 部分的下垂体前葉機能低下症を合併したインスリノーマの1例 / 山脇泰秀/p237~241
          • V. 膵・消化器 長期の臨床経過をとり,高インスリン血症にもかかわらず耐糖能異常を呈したインスリノーマの例 / 原田真理子/p242~244
          • V. 膵・消化器 Tuberous sclerosisにZollinger-Ellison症候群を合併した1例 / 菅博明/p245~247
          • V. 膵・消化器 Overlap症候群を合併したインスリン依存性糖尿病の1例 / 小西和孝/p247~251
          • V. 膵・消化器 インスリン頻回注射療法で糖代謝の著しい改善が得られた小児糖尿病の4例 / 木村三郎/p251~253
          • V. 膵・消化器 膵内分泌機能低下を伴った膵外分泌機能不全症の1例 / 長秀男/p254~257
          • V. 膵・消化器 家族性インスリン受容体増多症の1家系 / 岡本卓/p257~261
          • V. 膵・消化器 Near total pancreatectomyにより低血糖をコントロールし得たNesidioblastosisの1例 / 花木啓一/p261~264
          • VI. 性腺・その他 サリドマイド胎芽病に認められた睾丸機能低下症の2例 / 濵田吉通/p266~267
          • VI. 性腺・その他 Testotoxicosisの長期観察例 / 奥野晃正/p268~270
          • VI. 性腺・その他 男性性分化発生学上興味のある完全女性外性器を持つ染色体47XY,+21の1例 / 雨宮伸/p270~273
          • VI. 性腺・その他 腎性尿崩症を呈したNephronophthisisの1例 / 井上実/p273~277
          • VI. 性腺・その他 先天性腎性尿崩症の年長例の臨床および治療に関する検討 / 永渕茂雄/p277~279
        • 35(10) [66]
        • 35(11) [64]
        • 35秋季増刊号 [161]
        • 35(12) [61]
      • 1988 (15)
      • 1989 (19)
    • 1990~1999 (163)
    • 2000~2009 (17)

ホルモンと臨床 = Clinical Endocrinologyの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3406547/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。