国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

ホルモンと臨床 = Clinical Endocrinology. 46夏季増刊号

情報
操作方法

目次・巻号

  • ホルモンと臨床 = Clinical Endocrinology
    • 1950~1959 (81)
    • 1960~1969 (117)
    • 1970~1979 (123)
    • 1980~1989 (148)
    • 1990~1999 (163)
      • 1990 (15)
      • 1991 (15)
      • 1992 (16)
      • 1993 (17)
      • 1994 (15)
      • 1995 (17)
      • 1996 (15)
      • 1997 (17)
      • 1998 (18)
        • 46(1) [47]
        • 46(2) [53]
        • 46(3) [47]
        • 46(4) [55]
        • 46(5) [57]
        • 46春季増刊号 [276]
        • 46(6) [47]
        • 46(7) [62]
        • 46(8) [62]
        • 46夏季増刊号 [116]
          • 特集 内分泌--興味ある症例(第32集)/5~222
          • 序文 / 竹内靖博
          • I. 間脳・下垂体 抗精神病薬にて症状が顕性化した不全型中枢性尿崩症の1例 / 原めぐみ/p6~8
          • I. 間脳・下垂体 成長ホルモン療法を行った成長ホルモン分泌不全症患者の最終身長 / 後藤正博/p9~15
          • I. 間脳・下垂体 脳障害を伴ったSIADHの浸透圧性バソプレシンの分泌動態 / 鴨井久司/p16~19
          • I. 間脳・下垂体 副腎皮質機能低下症を合併したTSH産生下垂体腫瘍の1例 / 山下治久/p20~24
          • I. 間脳・下垂体 高血糖を契機に16歳で初めてAlström症候群と診断された1例 / 佐藤佳宏/p24~27
          • I. 間脳・下垂体 プロラクチン(PRL)自己抗体を有する無症候性高PRL血症について / 服部尚樹/p28~30
          • I. 間脳・下垂体 高カルシウム血性クリーゼを伴ったACTH単独欠損症の1例 / 小泉茂樹/p31~36
          • I. 間脳・下垂体 ACTH,コルチゾールの推移と一致した血小板増多を認めた周期性クッシング病の1例 / 久田あずさ/p36~40
          • I. 間脳・下垂体 発熱,尿崩症にて発症したリンパ球性下垂体茎炎と思われた中年男性の1例 / 森田浩/p40~44
          • I. 間脳・下垂体 下垂体機能低下症と尿崩症を呈した内頸動脈瘤の1例 / 山守育雄/p45~48
          • I. 間脳・下垂体 中毒性多結節性甲状腺腫,尿石症,骨関節障害など多彩な合併症を呈した先端巨大症の1例 / 浜口和之/p48~52
          • I. 間脳・下垂体 3年間に3回の周期的変動を示し,内分泌学的負荷試験に対して多様な反応を示した周期性クッシング症候群の1例 / 武内陽子/p53~59
          • I. 間脳・下垂体 mitotaneにてACTHの低下および腫瘍縮小を認めたCushing病の1例 / 小澤恵/p60~64
          • I. 間脳・下垂体 ACTH高値を示した先端巨大症の1例――先端巨大症患者における視床下部-下垂体-副腎(HPA)系の検討 / 長野功/p65~71
          • I. 間脳・下垂体 原発性甲状腺機能低下症,高プロラクチン血症を合併した中枢性尿崩症の1例 / 廣井直樹/p71~75
          • I. 間脳・下垂体 後天性下垂体性ゴナドトロピン単独欠損症と考えられえた1例 / 川崎君王/p75~77
          • I. 間脳・下垂体 4年間経過観察しているlymphocytic infundibuloneurohypophysitis(LIN)と考えられる6歳男児例 / 百井亨/p78~82
          • I. 間脳・下垂体 Refetoff症候群が疑われたTSH産生下垂体腫瘍の1例 / 梶川麻里子/p82~87
          • II. 甲状腺 ステロイドパルス療法中にHTLV-1-associated uveitis(HAU)を発症した悪性眼球突出症合併バセドウ病の1例 / 猿井宏/p90~93
          • II. 甲状腺 甲状腺右葉切除術後に著明な高CPK血症をきたし,これを契機にKennedy-Alter-Sung(KAS)症候群を診断しえた1例 / 新関修/p93~97
          • II. 甲状腺 両側頸部リンパ節に多数の甲状腺組織を認めた異所性甲状腺(舌根部)の1例 / 芦田兆/p98~101
          • II. 甲状腺 Crohn病に合併したamyloid goiterの1例 / 土生聡/p102~104
          • II. 甲状腺 新生児マス・スクリーニングで発見された見かけ上の高TSH血症の母児例――母体の抗マウスIgG抗体(HAMA)の関与 / 矢野公一/p105~110
          • II. 甲状腺 後天性甲状腺機能低下症女児における甲状腺ホルモン治療とLHRHアナログ併用療法 / 中井昭夫/p110~114
          • III. 副甲状腺 多発性腺腫による原発性副甲状腺機能亢進症の1例 / 椿秀三千/p116~119
          • III. 副甲状腺 原発性副甲状腺機能亢進症の術後28年目に副甲状腺癌が明らかとなった1症例 / 安島美保/p120~123
          • III. 副甲状腺 カルシウムセンサー受容体遺伝子異常を同定した散発性高カルシウム尿性低カルシウム血症の1例 / 佐藤孝平/p123~126
          • IV. 副腎 低血糖を呈し,コルチゾール不応症が疑われた高齢者の1症例 / 大江秀美/p128~131
          • IV. 副腎 Cushing症候群副腎腺腫およびACTH非依存性大結節性過形成におけるVasopressin₁aレセプターの発現 / 宗友厚/p131~135
          • IV. 副腎 術前に褐色細胞腫とアルドステロン産生腫瘍の合併を診断しえた1例 / 三宅育代/p136~141
          • IV. 副腎 ACTH高値が持続する橋本病の症例 / 山内美香/p141~145
          • IV. 副腎 画像診断上極めて特異な所見を呈した無症候性クッシング症候群の1例 / 砂川優/p146~149
          • IV. 副腎 新たなタイプの17α-水酸化酵素遺伝子異常の解析 / 山口秀樹/p149~154
          • IV. 副腎 偶発腫瘤として発見された複合型副腎髄質腫瘍の1例 / 月山克史/p154~160
          • IV. 副腎 上皮型Naチャンネル遺伝子の点変異(Pro⁶¹⁶→Ser)を確認しえたLiddle症候群の1同胞例 / 上原吉就/p160~164
          • IV. 副腎 X連鎖型先天性副腎低形成症の18例-DAX1遺伝子解析- / 阿部修司/p165~169
          • IV. 副腎 CytochromeP450c17遺伝子の複合変異(W17X,436+5G⇒T)による完全型17α-hydroxylase/17,20lyase欠損症の1例 / 長島知久/p169~172
          • IV. 副腎 二次性徴,初潮発来,月経周期を認めたSteroidogenic Acute Regulatory Protein(StAR)異常症の3例 / 藤枝憲二/p173~176
          • IV. 副腎 特異なRET原癌遺伝子異常を有するMEN typeII aの4家系例 / 日高博之/p177~182
          • V. 膵・消化器 小児期発症インスリン依存型糖尿病(IDDM)におけるVogliboseの有用性について / 浦上達彦/p184~188
          • V. 膵・消化器 悪性ラ氏島腫瘍切除後7年でWDHA症候群を発症し酢酸オクトレオチドが有効であった1例 / 園木一男/p188~192
          • V. 膵・消化器 日齢4発症の新生児糖尿病の1例 / 田所里枝子/p192~195
          • V. 膵・消化器 IDDM小児におけるβ3アドレナリン受容体遺伝子変異と臨床特性の関連 / 稲田浩/p196~199
          • VI. 性腺・その他 耐糖能障害の改善を観察しえた低リン血症性ビタミンD抵抗性クル病の1成人例 / 中村勤/p202~206
          • VI. 性腺・その他 各種糖負荷試験でLeptin濃度を測定した神経性過食症の1例 / 亀岡慶一/p206~208
          • VI. 性腺・その他 著明な骨塩量減少にエストロゲン欠乏状態が関与したと考えられる若年男性てんかん患者の1例 / 山野由里子/p209~214
          • VI. 性腺・その他 幼少期より多囊胞性卵巣や骨代謝異常を呈するアロマターゼ完全欠損症の1例 / 原田信広/p215~219
          • VI. 性腺・その他 小児期に骨髄移植を受けた女児の性腺機能に関する検討 / 久保田千鳥/p219~222
        • 46(9) [49]
        • 46秋季増刊号 [88]
        • 46(10) [60]
        • 46臨時増刊号 [100]
        • 46(11) [57]
        • 46冬季増刊号 [112]
        • 46(12) [54]
        • 46特別増刊号 [86]
      • 1999 (18)
    • 2000~2009 (17)

ホルモンと臨床 = Clinical Endocrinologyの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3406722/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。