国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

月刊薬事 = The pharmaceuticals monthly. 17(8)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 月刊薬事 = The pharmaceuticals monthly
    • 1960~1969 (94)
    • 1970~1979 (120)
      • 1970 (12)
      • 1971 (12)
      • 1972 (12)
      • 1973 (12)
      • 1974 (12)
      • 1975 (12)
        • 17(1) [98]
        • 17(2) [106]
        • 17(3) [120]
        • 17(4) [113]
        • 17(5) [107]
        • 17(6) [91]
        • 17(7) [102]
        • 17(8) [92]
          • 特集 医薬分業 //p23~49
          • 医薬分業のメリット / 水野肇/p23~26
          • 医薬分業と薬物治療 / 名尾良憲/p29~32
          • 医薬分業と保険薬局 / 小林富治郎/p35~38
          • 薬局から見た医薬分業の問題点 / 水野睦郎/p41~44
          • 薬局におけるDI活動 / 秋葉保次/p47~49
          • 臨床薬学 臓器障害から見た医薬品毒性(26)視覚器(その2) / 大庭紀雄/p63~68
          • 症候とそのしくみ 免疫とその新しい解釈 / 橘敏也/p87~94
          • 薬品の突然変異誘発性 / 賀田恒夫/p71~75
          • 医薬品の新薬効分類について / 富安一夫 他/p95~100
          • ニュースメモ 行政――国立病院の値引問題表面化 / 編集局/p102~102
          • ニュースメモ 学術――抗緑膿菌感染症剤の開発 / 編集局/p103~103
          • ニュースメモ 製薬――活発化した新規参入 / 編集局/p104~104
          • ニュースメモ 卸――ボーナスから見る卸の体質 / 編集局/p105~105
          • ニュースメモ 小売――ポスト適配対策 / 編集局/p106~106
          • ニュースメモ 病院――医業利益悪化の一途 / 編集局/p107~107
          • DIの頁 アメリカにおけるDI活動の史的展開〔6〕 / 柴田章彦 ; 高杉益充 他/p77~78,79~80
          • DIの頁 DI実例集 / 国立病院医療センター薬剤科/p83~86
          • DIの頁 海外の副作用情報 / 高杉益充 他/p153~162
          • DIの頁 新製品ダイジェスト //p164~164
          • 漢方知識 漢方薬と薬価基準 / 菊谷豊彦/p51~56
          • 病診薬局 外用コルチコステロイドの新しい基剤FAPG〔1〕 / 高野正彦/p125~129
          • 病診薬局 高カロリー栄養輸液について〔上〕 / 朝長文弥 他/p57~62
          • 病診薬局 注射用固形製剤の溶解後の安定性に関する調査〔その5〕 / 峰正俊 他/p141~151
          • 医薬品の国際一般的名称について<IV> / 稲荷恭三/p131~140
          • 海外ニュース 制酸剤/テトラサイクリンの吸収とムチン/溶出速度などに及ぼす糖衣の影響/シリコン被覆結晶を用いたビタミンC錠の安定性/安全キャップ(小児保護)英国市場へ/血清および唾液中のジゴキシン濃度/肝疾病患者における薬物-タンパク結合/PhenytoinとChlorpheniramineの相互作用 //p114~118
          • 海外の新薬 5HT-Uptake阻止剤FG4963/末梢血流増加剤LL1656/抗不整脈剤Propafenoneの臨床/化学療法剤R802/向精神薬Taclamine/利尿剤Indapamideの臨床/杉含有の鎮痙成分Himachalol/Quinazoline誘導体の気管支拡張作用/麦角アルカロイド誘導体の降圧作用 //p120~122
          • ひろば 朝比奈泰彦先生を偲んで / 柴田承二/p108~109
          • ひろば 学校だより //p110~111
          • グラビア 最新の物流システムを見る //p3~5,7~7,9~
          • グラビア スポット 朝比奈正人 (国立衛生試験所図書館長) //p15~15
        • 17(9) [97]
        • 17(10) [94]
        • 17(11) [112]
        • 17(12) [100]
      • 1976 (12)
      • 1977 (12)
      • 1978 (12)
      • 1979 (12)
    • 1980~1989 (121)
    • 1990~1999 (127)
    • 2000~2009 (13)

月刊薬事 = The pharmaceuticals monthlyの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3409184/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。