国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

最新醫學 = The medical frontline. 44(3)(516)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 最新醫學 = The medical frontline
    • 1940~1949 (21)
    • 1950~1959 (75)
    • 1960~1969 (124)
    • 1970~1979 (120)
    • 1980~1989 (122)
      • 1980 (12)
      • 1981 (12)
      • 1982 (13)
      • 1983 (12)
      • 1984 (12)
      • 1985 (12)
      • 1986 (12)
      • 1987 (13)
      • 1988 (12)
      • 1989 (12)
        • 44(1)(514) [143]
        • 44(2)(515) [136]
        • 44(3)(516) [138]
          • 特集 救急と画像診断―その適応と選択 //p453~593
          • 序論 / 藤井正道/p453~453
          • 救急における画像診断の限界と問題点 //p454~464
          • 救急医療と総合画像診断 / 石川徹/p454~460
          • 救急センターの立場から / 芦川和高/p461~464
          • 救急疾患の画像診断――症候を中心に //p465~486,487~528,529~580,581~592
          • 脳血管障害 / 小野由子/p465~473
          • 頭頸部 / 黒﨑喜久/p474~479
          • 脊髄 / 宮坂和男/p480~486
          • 呼吸器 / 佐藤雅史/p487~492
          • 循環器疾患 / 西村恒彦/p493~500
          • 消化器救急の画像診断 / 坂本力/p501~511
          • 泌尿器系の救急画像診断 / 小林剛/p512~520
          • 骨,関節,軟部組織,四肢の救急と画像診断 / 山口敏雄/p521~528
          • 頭部顔面部外傷の画像診断 / 塚本浩/p529~546
          • 胸部外傷のX線診断 / 酒井文和/p547~557
          • 腹部鈍的外傷のCT / 加地辰美/p558~565
          • 小児特有の救急疾患の画像診断的アプローチ / 青木克彦/p566~574
          • 産婦人科 / 山下康行/p575~580
          • 鈍的骨盤外傷 / 西口弘恭/p581~592
          • 救急における画像診断の将来への展望 / 藤井正道/p593~593
          • 臨床 //p594~611
          • 老年高血圧患者におけるジレバロールの体内動態の検討 / 北村公博 ほか/p594~603
          • 子宮頸部腺癌および内膜癌に対するCDDP-Vindesine療法の試み――中間報告 / 伊原由幸 ほか/p604~611
          • 症例 //p612~620,621~638
          • 後腹膜悪性傍神経節腫の1例――免疫組織化学的並びに電顕的観察 / 松本一仁 ほか/p612~620
          • 免疫複合体の増加と低補体価を認め,多発性神経炎の自覚症状を伴わなかったCrow-Fukase症候群 / 八田善弘 ほか/p621~627
          • 超音波下エタノール注入療法が著効を呈した原発性副甲状腺機能亢進症の1例 / 寺田典生 ほか/p628~631
          • グルカゴン-インスリン療法にて減黄効果を得た胆汁うっ滞性黄疸の1例 / 宮田清典 ほか/p632~638
          • 研究 //p639~669
          • 新しい腫瘍マーカーを求めて――ムチン糖鎖反応性単クローン抗体の有用性 / 山科郁男/p639~644
          • 開腹手術後の癒着防止に関する基礎的研究 / 立崎達男/p645~655
          • 高齢患者の特性に基づく複雑性尿路感染症の難治度分類 / 公文裕巳 ほか/p656~669
          • 告知板 第7回「国際人工臓器学会世界会議」のお知らせ //p669~669
          • 次号予告 今日の日本の寄生虫病――その特徴と対策 //p670~671
        • 44(4)(517) [161]
        • 44(5)(518) [133]
        • 44(6)(519) [135]
        • 44(7)(520) [133]
        • 44(8)(521) [136]
        • 44(9)(522) [147]
        • 44(10)(523) [148]
        • 44(11)(524) [132]
        • 44(12)(525) [133]
    • 1990~1999 (138)
    • 2000~2009 (15)

最新醫學 = The medical frontlineの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3410041/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。