国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

歯科学報 = The journal of the Tokyo Dental College Society. 98(3)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 歯科学報 = The journal of the Tokyo Dental College Society
    • 1900~1909 (116)
    • 1910~1919 (120)
    • 1920~1929 (118)
    • 1930~1939 (121)
    • 1940~1949 (54)
    • 1950~1959 (112)
    • 1960~1969 (120)
    • 1970~1979 (120)
    • 1980~1989 (120)
    • 1990~1999 (120)
      • 1990 (12)
      • 1991 (12)
      • 1992 (12)
      • 1993 (12)
      • 1994 (12)
      • 1995 (12)
      • 1996 (12)
      • 1997 (12)
      • 1998 (12)
        • 98(1) [54]
        • 98(2) [55]
        • 98(3) [69]
          • 教育ノート 新しい地域歯科保健へのアプローチ 第3回 母子歯科保健 Educational Notes for Dentists A New Era of Community Oral Health Part 3.Maternal and child dental health / 眞木吉信/p183~202
          • 臨床ノート 歯科麻酔科学と在宅要介護高齢者歯科診療 9.偶発症と処置 Clinical Notes for Dentists Dentistry for Home-Bound Elderly Patients from the Viewpoint of Dental Anesthesiology 9.Complications and the treatment / 間宮秀樹 他/p203~213
          • 臨床ノート 歯科麻酔科学と在宅要介護高齢者歯科診療本シリーズを終えるにあたって Clinical Notes for Dentists Dentistry for Home-Bound Elderly Patients from the Viewpoint of Dental Anesthesiology Epilogue of this series / 金子譲/p214~214
          • 歯学の進歩・現状 骨誘導タンパク(Bone Morphogenetic Protein)の口腔領域への応用に関する実験的研究 Current Topics in Dentistry Application of BMP in Craniomaxillofacial Surgery / 柴原孝彦/p215~228
          • カラーアトラス 臨床歯科検査を見直す 15.簡易検査の応用(5)塗抹検査I Color Atlas See the Dental Clinical Examination Afresh 15.Simple examination(5)Smear test / 才藤純一 他/p229~231
          • 乳歯列期における切端・尖頭・咬頭頂連続曲線の累年的観察 Original Article Longitudinal Observation of Changes in Consecutive Curve of Incisal Edges,Tip and Cusp Tips in Deciduous Dentition / 桐原俊治 他/p235~266
          • 臨床報告 東京歯科大学千葉病院歯科麻酔科外来で全身管理下に歯科処置を行った症例の臨床統計――1995年1月~12月 Clinical Report A Clinical Observation of Systemic Management in 1995 at the Tokyo Dental College Chiba Hospital Outpatient Clinic / 大門忍 他/p267~272
          • 第263回東京歯科大学学会講演抄録 Abstracts Papers Presented at the 263rd Meeting,Tokyo Dental College Society //p273~297
          • “断章取義”のレトリック / 高江洲義矩/p1~1
          • 学会録事 //p298~300
        • 98(4) [68]
        • 98(5) [50]
        • 98(6) [65]
        • 98(7) [53]
        • 98(8) [62]
        • 98(9) [54]
        • 98(10) [101]
        • 98(11) [50]
        • 98(12) [68]
      • 1999 (12)
    • 2000~2009 (12)

歯科学報 = The journal of the Tokyo Dental College Societyの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3413930/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。