国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

食品衛生研究 = Food sanitation research. 27(4)(325)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 食品衛生研究 = Food sanitation research
    • 1950~1959 (9)
    • 1960~1969 (123)
    • 1970~1979 (120)
      • 1970 (12)
      • 1971 (12)
      • 1972 (12)
      • 1973 (12)
      • 1974 (12)
      • 1975 (12)
      • 1976 (12)
      • 1977 (12)
        • 27(1)(322) [62]
        • 27(2)(323) [56]
        • 27(3)(324) [48]
        • 27(4)(325) [63]
          • 巻頭言 Preface / 若松栄一/p5~6
          • 昭和52年度食品衛生関係予算 The Head of a Health Officer Meeting,Coom from all Over the Country //p7~13
          • 全国衛生部(局)長会議概要 The Budget for the Coming of Food Sanitation〔1977〕 //p14~25
          • 食生態学(2)食物消費構造 Food Consumption Structure / 豊川裕之/p43~50
          • 第11回FAO/WHO合同食品規格委員会総会に出席して Report of the 11th Session of the Joint FAO/WHO Codex Alimentarius Commission / 大沢進/p26~41
          • 全国食品衛生監視員協議会だより 北海道ブロック The National Conference of Food Sanitation Inspector.HOKKAIDO Block / 富岡徹/p51~60
          • 全国食品衛生監視員研修会優秀課題 //p61~67,69~100
          • 食品に使用される天然添加物の衛生学的実態調査 Hygienic Studies on the Actual Conditions of Natural Additives in Foods / 田口博人・他/p61~67
          • 食肉販売店におけるスライスハム等の汚染原因の追求と対策 A Stady of the Source of Bacterial Contamination of Sliced Meat-products in Meat-shops and some Mesure of Prenenting Them / 福住元一・他/p69~74
          • 紙容器牛乳の充塡時の環境汚染について Environmental Contaminations of the Paper Container′s Milk on Packaging System / 伊藤勝男・他/p87~93
          • コンビニエンスフーズの衛生学的実態調査 The Actual Condition of the Bacteriological Hygiene of the Convinience Foods / 横尾俊憲・他/p94~100
          • 宴会料理における腸炎ビブリオ汚染状況 Detection of Vibrio Parahaemolyticus on Raw Fish Food Served at Banquets / 堀井昌平・他/p83~86
          • かつお生節におけるヒスタミン産生菌について Histamine Produceing Bacteria in the Raw Dried Bonito / 伊与田清・他/p75~82
          • RSO₃系,RSO系,合成洗剤とタンパク質の複合体生成による生体への影響に関する知見 A Preliminary View of the Subsidiary ill Effects on the Living Dody by RSO₃-Protein and RSO₄-Protein Complex / 富山新一/p101~114
          • 編集後記 The Editor′s Comments / トロイカ/p116~116
        • 27(5)(326) [72]
        • 27(6)(327) [55]
        • 27(7)(328) [66]
        • 27(8)(329) [49]
        • 27(9)(330) [63]
        • 27(10)(331) [59]
        • 27(11)(332) [76]
        • 27(12)(333) [84]
      • 1978 (12)
      • 1979 (12)
    • 1980~1989 (112)
    • 1990~1999 (120)
    • 2000~2009 (12)

食品衛生研究 = Food sanitation researchの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3417212/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。