国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

生体の科学. 40(4)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 生体の科学
    • 1940~1949 (4)
    • 1950~1959 (58)
    • 1960~1969 (59)
    • 1970~1979 (59)
    • 1980~1989 (60)
      • 1980 (6)
      • 1981 (6)
      • 1982 (6)
      • 1983 (6)
      • 1984 (6)
      • 1985 (6)
      • 1986 (6)
      • 1987 (6)
      • 1988 (6)
      • 1989 (6)
        • 40(1) [44]
          • [特集] 分子進化 / 日下部眞一/p2~48
          • 中立説から見た分子進化 / 日下部眞一/p2~9
          • 遺伝暗号の可変性 / 山尾文明/p10~17
          • DNAからみた人類進化の歴史 / 長谷川政美/p18~23
          • カルシウム結合蛋白質の進化 / 戸田弘子・他/p24~31
          • 糖脂質からみた動物進化 / 杉田陸海・他/p32~40
          • 免疫グロブリン遺伝子の進化 / 松田文彦/p41~48
          • 連載講座――チャネル研究の新展開 ATPに制御されるKチャネル / 野間昭典/p51~55
          • 実験講座 神経細胞の単離法 / 赤池紀扶・他/p56~59
          • 実験講座 螢光物質(fura-2,BCECF)を用いた細胞内Ca²⁺濃度とpH測定 / 角田康弘/p60~65
          • 神経心理学よりみる「運動発現」の構造 / 山鳥重・他/p66~72
          • 第10回運動生化学研究会を開催して / 跡見順子/p73~76
          • 武田科学振興財団生命科学シンポジウム――Brain Signal Transduction and Memory / 原田伸透・他/p77~79
          • 書評 / 佐藤達夫/p49~50
          • 次号予告 //p72~72
          • あとがき / 石川春律/p80~80
        • 40(2) [47]
        • 40(3) [47]
        • 40(4) [145]
          • 研究室で役に立つ新しい試薬<特集>/p252~524
          • 序 //p252~252
          • I. 基礎試薬(一般実験試薬) //p254~283
          • 蛋白質の分子量マーカー(総論) / 野々村禎昭・他/p254~254
          • 蛋白質の分子量マーカー(各論) / 野々村禎昭・他/p255~259
          • 界面活性剤(総論) / 武居能樹/p260~262
          • 界面活性剤(各論) / 藤田道也/p263~265
          • バッファー (緩衝剤) (総論) / 藤田道也/p266~268
          • バッファー(各論) / 藤田道也/p269~276
          • タンパク質の定量法(総論) / 太田英彦/p277~280
          • ラウリー法・ブラッドフォード法・BCA法・金コロイド法・固相法 / 太田英彦/p281~283
          • II. 蛋白質,その他修飾試薬 //p286~326
          • SH試薬(総論) / 山本啓一/p286~288
          • SH試薬(各論) / 山本啓一/p289~290
          • 光反応試薬(総論) / 岡本洋/p291~294
          • カテコールアミンレセプターのフォトアフィニティラベル / 吉岡正則/p295~296
          • Con Aのフォトラベル / 別府正敏/p297~297
          • ³H-ニトレンジピン / 平田肇/p298~299
          • 粗製筋および脳膜分画におけるPN200-110(Ca拮抗薬)結合部位の同定 / 市田成志/p300~301
          • ビオチン―アビジン試薬(総論) / 須藤和夫/p302~304
          • 核酸の検出 / 藤多和信/p305~305
          • タンパク質の検出 / 須藤和夫/p306~306
          • アビジン-金コロイドの利用 / 急式弘之/p307~307
          • アビジン分子を直接利用する方法 / 徳永万喜洋/p308~308
          • 蛋白質の架橋試薬(総論) / 石川榮治/p309~312
          • m-マレイミドベンゾイル-N-ヒドロキシスクシンイミドエステル(MBC) / 太田英彦/p313~314
          • 螢光ラベル化試薬(総論) / 今井一洋/p315~317
          • フルオロベンゾフラザン(NBD-F,ABD-FおよびSBD-F) / 今井一洋/p318~319
          • 蛋白質(モノブロモビマン,ジブロモビマン,アジドクマリンマレイミド) / 佐藤英助/p320~321
          • カテコールアミン類 : 1,2-ジフェニルエチレンジアミン / 大倉洋甫・他/p322~322
          • カルボン酸類 〔プロスタグランジン(PG)等〕 / 木下俊夫/p323~324
          • グアニジノ化合物 / 三浦敏明/p325~326
          • III. 活性制御試薬 //p328~407
          • 蛋白質分解酵素抑制薬(総論) / 木南英紀/p328~331
          • プロリルエンドペプチダーゼ・インヒビター / 芳本忠/p332~332
          • 酵素に特異的なセリンプロテアーゼインヒビター――特異的基質のホウ酸誘導体 / 木戸博・他/p333~334
          • コラゲナーゼインヒビター(TIMP) / 早川太郎/p335~335
          • カルシウム依存性中性プロテアーゼ阻害剤(E-64) / 川崎博史/p336~336
          • 蛋白質分解酵素関連試薬(総論) / 崎山文夫/p337~340
          • アミノ酸残基特異的エンドプロテアーゼ,やや基質特異性の広いエンドプロテアーゼ,より基質特異性の広いエンドプロテアーゼ,N末端アミノ酸特異的エキソペプチダーゼ,C末端アミノ酸特異的エキソペプチダーゼ,閉鎖N末端アミノ酸特異的ペプチダーゼ / 綱澤進/p341~356
          • プロテインキナーゼ阻害剤(総論) / 加瀬広/p357~360
          • H-7とその誘導体 / 萩原正敏・他/p361~362
          • ML-9とその誘導体 / 石川智彦・他/p363~363
          • K-252誘導体-K-252a,K-252b,KT5720,KT5926,KT5823 / 中西聡/p364~365
          • スタウロスポリン / 玉沖達也/p366~366
          • カルフォスチンC(UCN-1028C) / 玉沖達也/p367~367
          • アーブスタチン(チロシンキナーゼ阻害剤) / 井本正哉/p368~368
          • ゲニステイン / 小河原宏/p369~369
          • カリモデュリン拮抗薬(総論) / 石川智彦・他/p370~373
          • ナフタレンスルフォナマイド誘導体,フェノチアジン誘導体,ジフェニルプロピルアミン誘導体,カルミダゾリウム(R24571),Compound48/80,CGS9343B,Ro22-4839,HT-74 / 石川智彦・他/p374~379
          • 血液凝固関連試薬(総論) / 高田明和・他/p380~384
          • 合成基質・螢光基質,酵素とモノクローナル抗体 / 高田明和・他/p385~387
          • ヌクレオチドおよび類似物(総論) / 清水隆・他/p388~391
          • AMP-PNP / 室伏擴/p392~392
          • ATP γS / 清水隆/p393~393
          • Caged ATP / 原田慶恵/p394~395
          • アデニン関連アナログ / 井上明男/p396~396
          • バナジン酸 / 奥野誠/p397~397
          • ホルボールエステル関連試薬(総論) / 佐野公彦・他/p398~400
          • ホルボールエステル / 佐野公彦/p401~402
          • ジアシルグリセロール / 貝淵弘三/p403~403
          • テレオシジン,メゼレイン,アプリシアトキシン / 佐野公彦/p404~405
          • ブライオスタチン / 中熊秀喜・他/p406~407
          • IV. 膜関連試薬 //p410~450
          • カルシウムチャネル関連試薬 / 長尾拓/p410~413
          • アジドピン / 高橋正身/p414~415
          • PN200-110(イスラジピン) / 山田静雄/p416~416
          • フルナリジン / 赤池紀扶/p417~417
          • BAY K 8644 / 大地陸男/p418~418
          • l-シス-ジルチアゼム / 長尾拓/p419~419
          • ω-コノトキシン / 吉岡亨/p420~421
          • ナトリウムチャネル関連試薬(総論) / 中山仁/p422~425
          • ジェオグラフトキシン(μ-コノトキシン) / 大泉康/p426~427
          • グアニジニウム化合物 / 瀬山一正/p428~429
          • ブレベトキシン / 坂東英雄/p430~431
          • アラキドン酸カスケード修飾試薬(総論) / 清水孝雄/p432~435
          • AA861 / 吉本谷博/p436~437
          • YM638(ロイコトリエンD₄拮抗薬) / 富岡健一/p438~439
          • ネオマイシン(ホスホリパーゼC阻害剤) / 菊池玲・他/p440~440
          • RS-5186(トロンボキセン合成酵素阻害剤) / 山崎光郎/p441~441
          • S-145(トロンボキサンA₂受容体拮抗剤) / 有田斉/p442~443
          • リポソーム関連試薬(総論) / 香川靖雄/p444~448
          • リポソーム修飾用試薬,重合性リン脂質 / 浜本敏郎/p449~450
          • V. セカンドメッセンジャー関連試薬 //p452~483
          • 細胞内カルシウムイオン測定のためのCa²⁺指示薬(総論) / 小川靖男/p452~455
          • fura-2 / 小西真人/p456~456
          • 界面活性剤(Pluronic F127,Cremophor EL) / 唐木英明/p457~457
          • Indo-1 / 杉山卓郎・他/p458~459
          • Aequorin / 井上敏/p460~460
          • GTP結合蛋白関連試薬(総論) / 松田友宏/p461~464
          • コレラ毒素 / 三木直正/p465~465
          • 百日咳毒素(IAP) / 堅田利明/p466~467
          • ジフテリア毒素 / 木戸充・他/p468~468
          • GTP analog / 渡辺康裕/p469~470
          • PI関連試薬(総論) / 竹縄忠臣/p471~475
          • 抗PIP₂抗体,抗PIP抗体 / 深見希代子/p476~476
          • イノシトール1,4,5―三リン酸受容体―IP₃定量への応用 / 深見希代子/p477~478
          • ジアシルグリセロールキナーゼ-ジアシルグリセロール定量への応用 / 竹縄忠臣/p479~480
          • ヘパリン / 飯野正光/p481~481
          • PI関連合成物質 / 尾崎庄一郎/p482~483
          • VI. 糖関連化学物質(試薬) //p486~524,526~526
          • レクチン(総論) / 辻勉・他/p486~491
          • 糖結合特異性 / 山本一夫/p492~493
          • レクチンアフィニティクロマトグラフィ / 松本勲武/p494~494
          • 組織化学への応用 / 川上速人・他/p495~496
          • マイトーゲン / 豊島聰/p497~498
          • 糖鎖分解酵素 (グリコシダーゼ) (総論) / 宮城妙子・他/p499~501
          • ガラクトシダーゼ / 宇田裕/p502~503
          • α-L-フコシダーゼ,N-アセチルヘキソサミニダーゼ / 山下克子/p504~507
          • シアリダーゼ / 宮城妙子/p508~509
          • グリコペプチダーゼ / 高橋禮子/p510~511
          • エンドグリコセラミダーゼ / 山形達也・他/p512~513
          • 糖鎖(総論) / 岩森正男・他/p514~517
          • 含硫シアル酸誘導体 / 木曽真・他/p518~519
          • グルクロン酸糖脂質 / 杉田陸海/p520~520
          • 糖蛋白質糖鎖 / 古川清/p521~522
          • 糖鎖微量分析(螢光標識法) / 長谷純宏/p523~524
          • 次号予告 //p526~526
        • 40(5) [47]
        • 40(6) [47]
    • 1990~1999 (60)
    • 2000~2009 (6)

生体の科学の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3421026/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。