国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

東京醫科大學雜誌 = The Journal of Tokyo Medical University. 54(5)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 東京醫科大學雜誌 = The Journal of Tokyo Medical University
    • 1940~1949 (13)
    • 1950~1959 (57)
    • 1960~1969 (59)
    • 1970~1979 (62)
    • 1980~1989 (70)
    • 1990~1999 (70)
      • 1990 (7)
      • 1991 (7)
      • 1992 (7)
      • 1993 (7)
      • 1994 (7)
      • 1995 (7)
      • 1996 (7)
        • 54(1) [45]
        • 54(2) [60]
        • 54(3) [77]
        • 54(4) [49]
        • 54(5) [93]
          • 医療の社会的責任 / 大谷藤郎/p427~427
          • 特別講演 臨床医学研究の論理 / 古賀道之/p429~434
          • 特別講演 再建外科としての臓器移植――その医学並びに社会的医療としての諸問題 / 小﨑正巳/p435~446
          • ヒト子宮内膜よりのPlacental Protein 14(PP14)の産生・分泌に関する検討(英文) / ジョシ・ラナ・バラル ; 鈴木良知 ; 弓立環 ほか/p447~459
          • プロトンポンプインヒビター長期投与の胃粘液量と胃粘膜増殖能に及ぼす影響 / 水口泰宏 ; 河井隆 ; 三輪一彦 ほか/p460~470
          • C型慢性肝炎に対するインターフェロン(IFN)療法の検討 治療中の血中HCV-RNAのモニタリングの有用性 / 額賀春彦/p471~477
          • 筋弛緩特性から見たリニア型骨格筋循環補助ポンプの至適充満条件に関する研究 / 四方達郎/p478~487
          • 後天性免疫不全マウス脾臓細胞におけるLck活性の亢進(英文) / 趙方萄 ; 牧野正彦/p488~495
          • 食物飢餓によるラット下肢筋線維の退行変化について / 上野隆治/p496~509
          • 高齢者多発性脳梗塞患者の視覚誘発電位――痴呆群と非痴呆群の比較 / 田上和/p510~515
          • 症例報告 頭蓋底に発生した類粘液性軟骨肉腫の1例(英文) / 秋元治朗 ; 原岡襄 ; 伊東洋 ほか/p516~521
          • 症例報告 食道に認められた皮脂腺の2例 / 緑川昌子 ; 三治哲哉 ; 半田豊 ほか/p522~525
          • 症例報告 腎不全に陥った急性心筋梗塞後心室中隔穿孔の一治験例 / 平山哲三 ; 曲惠介 ; 長江恒幸 ほか/p526~529
          • 症例報告 肺線維症の経過中に血管炎症候群をきたして死亡した症例 / 阿久津博美 ; 四方達郎 ; 川口聡 ほか/p530~533
          • 医学プラザ 第1回東京医科大学医学教育ワークショップ報告 / 松岡健/p534~541
          • 医学プラザ 東京医科大学病院におけるインフォームド・コンセントに関する医師へのアンケート調査 / 大原達美 ; 名和肇 ; 北村昌之 ほか/p542~545
          • 臨床懇話会 第259回東京医科大学臨床懇話会記録 電撃傷による自殺を試みた,慢性骨髄性白血病を合併した躁うつ病の一例 / 八島章太郎 ; 堀越美重 ; 春成伸之 ; 小谷有理子 ; 向井敏二 ; 平林直次 ; 吉川治/p546~555
          • 総会記事 第137回 東京医科大学医学会総会 //p556~595
          • 評議員会議事録 東京医科大学医学会評議員会 //p596~600
        • 54(6) [71]
        • 54特別号 [166]
      • 1997 (7)
      • 1998 (7)
      • 1999 (7)
    • 2000~2009 (7)

東京醫科大學雜誌 = The Journal of Tokyo Medical Universityの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3422875/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館にご来館いただくか、送信サービスをご利用ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

個人向けデジタル化資料送信サービス(個人送信)を利用するには、国立国会図書館オンラインで利用規約に同意の上、サービスにログインする必要があります。
国立国会図書館オンライン(ヘルプ(11.デジタル化資料送信サービス 3利用規約))
デジタル化資料送信サービス(ログイン画面)
個人向けデジタル化資料送信サービスについて

ログインしても個人向けデジタル化資料送信サービスを利用できない場合は、以下のページをご覧いただき、「11-5 困った時は」に記載の表の「確認する点」に該当するケースがないか、ご確認ください。
国立国会図書館オンライン(ヘルプ(11.デジタル化資料送信サービス))

図書館向けデジタル化資料送信サービス(図書館送信)を利用する場合は、来館予定の図書館送信参加館へ利用方法の確認をお願いします。
図書館向けデジタル化資料送信サービス
図書館送信参加館一覧

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスも利用できます。
遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。