国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

北海道立衛生研究所報 = Report of the Hokkaido Institute of Public Health. 46

情報
操作方法

目次・巻号

  • 北海道立衛生研究所報 = Report of the Hokkaido Institute of Public Health
    • 1950~1959 (13)
    • 1960~1969 (9)
    • 1970~1979 (10)
    • 1980~1989 (10)
    • 1990~1999 (10)
      • 1990 (1)
      • 1991 (1)
      • 1992 (1)
      • 1993 (1)
      • 1994 (1)
      • 1995 (1)
      • 1996 (1)
        • 46 [76]
          • 1 北方系薬用植物の薬理・免疫学的研究(第1報)マウス脾細胞からのIgE抗体産生に及ぼすシソ科植物抽出物の影響 / 小島弘幸 ; 青柳光敏 ; 姉帯正樹 ; 矢野昭起/p1~7
          • 2 チャガ(カバノアナタケ)の変異原性抑制効果について / 齋藤明子 ; 佐藤千鶴子 ; 新山和人/p8~13
          • 1 1995年度の北海道におけるポリオ、インフルエンザおよび日本脳炎の流行予測調査 / 沢田春美 ; 野呂新一 ; 泉敏彦 ; 濱岡直裕 ; 工藤伸一 ; 吉澄志磨/p15~17
          • 2 北海道産魚介類中のクロルデン類残留に関する実態調査 / 新山和人 ; 佐藤千鶴子 ; 齋藤明子 ; 松田和子/p18~24
          • 3 1993~1995年度、輸入農産物中の農薬残留調査 / 佐藤正幸 ; 長南隆夫 ; 橋本諭 ; 堀義宏 ; 高橋哲夫/p25~33
          • 4 アイヌ民族の伝承有用植物に関する調査研究(第1報)食用野生植物のビタミンA、CおよびE含量 / 姉帯正樹 ; 小川広 ; 林隆章 ; 青栁光敏 ; 千田真奈美 ; 村木美幸 ; 安田千夏 ; 藪中剛司 ; 秋野茂樹 ; 矢野昭起/p34~39
          • 5 アイヌ民族の伝承有用植物に関する調査研究(第2報)食用野生植物のビタミンB₁およびB₂含量 / 兼俊明夫 ; 千田真奈美 ; 姉帯正樹 ; 小川広 ; 南収 ; 矢野昭起/p40~45
          • 6 アイヌ民族の伝承有用植物に関する調査研究(第3報)薬用および食用野生植物のヒスタミン遊離抑制作用 / 藤本啓 ; 兼俊明夫 ; 姉帯正樹 ; 青栁光敏 ; 千田真奈美 ; 矢野昭起/p46~50
          • 7 北海道内の水道水質検査機関を対象とした揮発性有機化合物に関する外部精度管理について / 上田祥久 ; 鈴木智宏 ; 伊藤八十男 ; 都築俊文/p51~54
          • 1 1995年度に北海道において流行したインフルエンザ / 野呂新一 ; 濱岡直裕 ; 工藤伸一 ; 吉澄志磨 ; 泉敏彦 ; 沢田春美/p55~56
          • 2 北海道内の食中毒発生状況について(1995年) / 池田徹也 ; 武士甲一 ; 砂川紘之 ; 山木勇夫/p57~58
          • 3 北海道内で発生した食中毒より分離されたサルモネラのプラスミドプロファイル / 池田徹也 ; 武士甲一 ; 砂川紘之 ; 大山徹 ; 牧野壮一 ; 石黒直隆 ; 山本勇夫/p59~60
          • 4 多包条虫ならびにマンソン住血吸虫のUl snRNA遺伝子配列から設計されたPCRプライマー(TK1/TK2)の有用性の検討 / 八木欣平 ; 岡本宗裕 ; 奥祐三郎 ; 大山徹/p61~62
          • 5 フォトダイオードアレイ検出器付き高速液体クロマトグラフイーによる畜産物中の残留サルファ剤及びその代謝物の一斉分析 / 西村一彦 ; 平間祐志 ; 中野道晴/p63~65
          • 6 アイヌ民族の伝承有用植物に関する調査研究(第4報)ヤブマメの試験栽培 / 姉帯正樹 ; 南収 ; 矢野昭起/p66~68
          • 7 川芎中のフェルラ酸の定量 / 青栁光敏 ; 姉帯正樹/p69~71
          • 8 北海道内において製造された医薬品の成分定量――内服用液剤について / 藤本啓 ; 兼俊明夫 ; 中野道晴 ; 堀義宏/p72~73
          • 9 駒ヶ岳噴火に伴う周辺温泉の主要化学成分の動向について / 内野栄治 ; 佐藤洋子 ; 北山正治 ; 都築俊文/p74~78
          • 10 1995年度の輸入食品の放射性セシウム濃度について / 福田一義/p79~81
          • 他誌発表 1 腸管出血性大腸菌O157 :H7感染症によると推定される小児の死亡例―北海道 / 相川孝史 ; 大内裕敬 ; 木浪ゆう子 ; 松薗嘉裕/p83~83
          • 他誌発表 2 The Proper Role of the International Society for Neonatal Screening(ISNS)in Comparisons of Newborn Screening Methodologies / Dianne Webster ; Jean-Louis Dhondt ; Harry Hannon ; Shohei Harada ; Toni Torresoni/p83~83
          • 他誌発表 3 Down Syndrome with Thyroid Dysfunction Detected by Neonatal Screening for Congenital Hypothyroidism / Shohei Harada ; Naoshi Ichihara ; Kenji Fujieda ; Akimasa Okuno/p84~84
          • 他誌発表 4 クレチン症マス・スクリーニングで発見された新生児一過性甲状腺機能異常症の病因 / 原田正平 ; 市原侃 ; 藤枝憲二 ; 奥野晃正/p84~84
          • 他誌発表 5 クレチン症マス・スクリーニング精密検査時の尿中ヨウ化物イオン濃度測定の有用性 / 原田正平 ; 市原侃 ; 松浦信夫 ; 藤枝憲二 ; 福士勝 ; 菊地由生子/p85~85
          • 他誌発表 6 治療の必要な新生児一過性甲状腺機能低下症からみたクレチン症マス・スクリーニングの精密検査基準値の検討 / 原田正平 ; 市原侃 ; 藤枝憲二 ; 奥野晃正/p85~86
          • 他誌発表 7 北海道のマス・スクリーニングで発見されたクレチン症の病型とスクリーニング時甲状腺機能 / 原田正平 ; 市原侃 ; 山野公明 ; 新井純理 ; 本間寛 ; 三上篤 ; 福士勝 ; 菊地由生子 ; 藤枝憲二 ; 奥野晃正/p86~86
          • 他誌発表 8 クレチン症マス・スクリーニング陽性基準の改訂案 / 原田正平 ; 安田敏行 ; 松浦信夫/p87~87
          • 他誌発表 9 先天性甲状腺機能低下症スクリーニングの精度管理 / 成瀬浩 ; 渡辺倫子 ; 原田正平 ; 市原侃 他/p87~88
          • 他誌発表 10 クレチン症マス・スクリーニングにおける検査システムについての全国調査成績 / 山野公明 ; 原田正平 ; 市原侃 ; 新井純理/p88~88
          • 他誌発表 11 マイクロプレート法によるホモシスチン尿症のマス・スクリーニングフィールドサーベイ結果について / 菊地由生子 ; 山口昭弘 ; 福士勝 ; 新井純理 ; 市原侃 ; 木村浩男 ; 望月孝一 ; 山口修一 ; 武村佐智子 ; 石黒満 ; 田崎隆二 ; 梅橋豊蔵 ; 大橋雄子 ; 成瀬浩/p88~88
          • 他誌発表 12 新生児スクリーニング検査実施機関における精度管理指針(案)の作成 / 菊地由生子 ; 福士勝 ; 荒井修 ; 山口昭弘 ; 三上篤 ; 本間かおり ; 市原侃 ; 辻章夫/p89~89
          • 他誌発表 13 α2-Macroglobulin Binds to and Inhibits Mannose-binding Protein Associated Serine Protease(MASP) / Itaru Terai ; Kunihiko Kobayashi ; Misao Matsushita ; Teizo Fujita ; Kazuhiko Matsuno/p90~90
          • 他誌発表 14 References in Titers of IgE,IgG4 and Other IgG Subclass Anti-Der p 2Antibodies in Allergic and Non-allergic Patients Measured with Recombinant Allergen / Atsushi Tame ; Ichiro Kobayashi ; Itaru Terai ; Yukio Sakiyama ; Kunihiko Kobayashi/p90~90
          • 他誌発表 15 新しい補体活性経路MBP Pathwayに関わるMASP(MBP Associated Serine Protease)ELISAの確立 / 寺井格 ; 小林邦彦/p91~91
          • 他誌発表 16 Present State of External Quality Control in Clinical Microbiology in Hokkaido,Japan / Shinsaku Hasegawa/p91~91
          • 他誌発表 17 臨床微生物検査外部精度管理の現状と問題点――1990~94年北海道衛生検査所外部精度管理調査から / 長谷川伸作/p92~92
          • 他誌発表 18 Encephalitozoon-like Organisms in Patients with Alveolar Hydatid Disease:Cell Culture,Ultrastructure,Histoimmunochemical Localization and,Seroprevalence / Koji Furuya ; Chiaki Sato ; Hideki Nagano ; Naoki Sato ; Junichi Uchino/p92~92
          • 他誌発表 19 Primers Designed for Amplification of Echinococcus multilocularis DNA Amplify the DNA of Encephalitozoon-like Spores in the Polymerase Chain Reaction / Koji Furuya ; Hideki Nagano ; Chiaki Sato/p93~93
          • 他誌発表 20 Microsporidian Infection in Patients with Alveolar Echinococcosis / Koji Furuya ; Chiaki Sato ; Hideki Nagano ; Naoki Sato ; Junichi Uchino/p93~93
          • 他誌発表 21 Seroprevalence of Human Alveolar Echinococcosis Demonstrated by Western Blotting in Hokkaido / Hideki Nagano ; Chiaki Sato ; Koji Furuya/p94~94
          • 他誌発表 22 Human Alveolar Echinococcosis Seroprevalence Assessed by Western Blotting in Hokkaido / Hideki Nagano ; Chiaki Sato ; Koji Furuya/p94~94
          • 他誌発表 23 A Polysaccharide Antigen Diagnostic in Human Alveolar Hydatid Disease / Chiaki Sato ; Hideki Nagano ; Koji Furuya/p95~95
          • 他誌発表 24 Note on the First Occurrence of Larval Echinococcus multilocularis in Clethrionomys rex in Hokkaido,Japan / Kenichi Takahashi ; Keisuke Nakata/p95~95
          • 他誌発表 25 Ecological Factors Influencing Prevalence of Larval Echiococcus multilocularis in Vole Populations / Kenichi Takahashi ; Kohji Uraguchi/p95~95
          • 他誌発表 26 エゾシカ寄生マダニ類について / 高橋健一 ; 伊東拓也/p96~96
          • 他誌発表 27 ヒトより脱皮中生存して排出されたPseudoterranova decipiens(Krabbe 1978)Gibson 1983雌幼若成虫の寄生虫学的意義について / 石倉肇 ; 菊地浩吉 ; 赤尾信明 ; 洞庭正良 ; 八木欣平 ; 高橋秀史 ; 佐藤昇志/p96~96
          • 他誌発表 28 Hysterothylacium aduncum(Rudolphi 1802)(Nematoda:Anisakidae)の形態学的研究 / 石倉肇 ; 長澤和也 ; 八木欣平 ; 高橋秀史 ; 佐藤昇志 ; 大谷静治 ; 石倉浩 ; 河合薫子 ; 菊地浩吉/p97~97
          • 他誌発表 29 Female Worm Hysterothylacium aduncum Excreted from Human: A Case Report / Kinpei Yagi ; Kazuya Nagasawa ; Hiroshi Ishikura ; Akihisa Nakagawa ; Noriyuki Sato ; Kokichi Kikuchi ; Hazime Ishikura/p97~97
          • 他誌発表 30 Detection of Echinococcus multilocularis coproantigens in Experimentally Infbcted Dogs Using Murine Monoclonal Antibody Against Adult Worms / Mitsuaki Sakashita ; Hirofumi Sakai ; Hiromi Kohno ; Hong-Kean Ooi ; Yuzaburo Oku ; Kinpei Yagi ; Mamoru Ito ; Masao Kamiya/p98~98
          • 他誌発表 31 A Diagnitic Method for the Definitive Host of Echinococcus multilocularis by Coproantigen Detection / Noriaki Nonaka ; Masayo Iida ; Kinpei Yagi ; Hirofumi Sakai ; Junko Inohara ; Hong-kean Ooi ; Yuzaburo Oku ; Masao Kamiya/p98~98
          • 他誌発表 32 A Survival Strategy of Echinococcus multilocularis presumed by Experimental Studies / Kinpei Yagi ; Takuya Ito ; Masamichi Ishige/p99~99
          • 他誌発表 33 The Application of PCR for the Identification of Echinococcus multilocularis Eggs in Hokkaido / Kinpei Yagi ; Tohru Ohyama ; Munehiro Okamoto ; Tsutomu Kurosawa ; Masao Kamiya/p99~99
          • 他誌発表 34 Simple Method for Detection of Clostridium botulinum Type A to F Neurotoxin Genes by Polymerase Chain Reaction / Koichi Takeshi ; Yukako Fujinaga ; Kaoru Inoue ; Hiroshi Nakajima ; Keiji Oguma ; Tetsuya Ueno ; Hiroyuki Sunagawa ; Tohru Ohyama/p100~100
          • 他誌発表 35 Type A and B Neurotoxin Genes in a Clostridium botulinum Type AB Strain / Yukako Fujinaga ; Kouichi Takeshi ; Kaoru Inoue ; Ryuzi Fujita ; Tohru Ohyama ; Keiji Oguma/p100~100
          • 他誌発表 36 特集・毒素産生菌による感染症「ボツリヌス症」 / 小熊恵二 ; 藤永由佳子 ; 井上薫 ; 武士甲一/p101~101
          • 他誌発表 37 Enzyme-linked Immunosorbent Assay for Extracellular Glutathione Peroxidase in Serum of Normal Individuals and Patients with Renal Failure / Yutaka Yamamoto ; Yasuo Takekoshi ; Noritomo Itami ; Tsutomu Honjo ; Hiroyuki Kojima ; Shoki Yano ; Hidehisa Takahashi ; Ikuko Saito ; Kazuhiko Takahashi/p101~101
          • 他誌発表 38 Immune Complex Transfer Enzyme Immunoassay That Is More Sensitive and Specific than Western Blotting for Detection of Antibody Immunoglobulin G to Human Immunodeficiency Virus Type 1 in Serum with Recombinant pol and gag Proteins as Antigens / Seiichi Hashida ; Kazuya Hashinaka ; Ichiro Nishikata ; Shinichi Oka ; Kaoru Shimada ; Atsushi Saito ; Akihisa Takamizawa ; Hideo Shinagawa ; Shoki Yano ; Hiroyuki Kojima ; Toshihiko Izumi ; Eiji Ishikawa/p102~102
          • 他誌発表 39 Antifungal Activity of Bark Extracts of Conifers / Mitunori Mori ; Masakazu Aoyama ; Shuichi Doi ; Akio Kanetoshi ; Takaaki Hayashi/p102~102
          • 他誌発表 40 Antifungal Constituent from Leaves of Rhododendron dauricum L. / Masaki Anetai ; Shinsaku Hasegawa ; Hiroyasu Kaneshima/p103~103
          • 他誌発表 41 キバナオウギの施肥条件が生育、収量および黄耆の配糖体含量に及ぼす影響 / 姉帯正樹 ; 桂英二 ; 故南山豊 ; 三浦豊雄 ; 金島弘恭 ; 山岸喬/p103~103
          • 他誌発表 42 Visualization of Yellowish-orange Luminescence from Cuprous Metallothioneins in Liver of Long-Evans Cinnamon Rat / Kenji Nakayama ; Masashi Okabe ; Kazuhiko Aoyagi ; Osamu Yamanoshita ; Toyo Okui ; Tohru Ohyama ; Noriyuki Kasai/p104~104
          • 他誌発表 43 キャピラリーFTD-GCによる玄米および大豆中15種有機含窒素系農薬の一斉分析法 / 堀義宏 ; 沼沢光輝/p104~104
          • 他誌発表 44 Genetic Analysis of Neurotoxins and Nontoxic Components of Clostridium botulinum Types C and E / Keiji Oguma ; Yukako Fujinaga ; Kaoru Inoue ; Nobuhiro Fujii ; Noriko Yokosawa ; Toshihiro Watanabe ; Tohru Ohyama ; Kouichi Takeshi ; Katsuhiro Inoue/p105~105
          • 他誌発表 45 Characterization of Nontoxic-nonhemagglutin Component of the Two Types of Progenitor Toxin(M and L)Produced by Clostridium botulinum Type D CB-16 / Tohru Ohyama ; Toshihiro Watanabe ; Yukako Fujinaga ; Kaoru Inoue ; Hiroyuki Sunagawa ; Nobubiro Fujii ; Katsuhiro Inoue ; Keiji Oguma/p105~106
          • 他誌発表 46 Mutagenicity of O-Diazoacetyl-L-serine(Azaserine)and 6-Diazo-5-oxo-L-norleucine(DON)in a Soybean Test System / Yoshinobu Katoh ; Masahiko Maekawa ; Yoshio Sano/p106~106
          • 他誌発表 47 Female-Predominant Occurrance of Spontaneous Gastric Adenocarcinoma in Cotton Rats / Shiro Kawase ; Hiroshi Ishikura/p106~106
      • 1997 (1)
      • 1998 (1)
      • 1999 (1)
    • 2000~2009 (1)

北海道立衛生研究所報 = Report of the Hokkaido Institute of Public Healthの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3424196/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館にご来館いただくか、送信サービスをご利用ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

個人向けデジタル化資料送信サービス(個人送信)を利用するには、国立国会図書館オンラインで利用規約に同意の上、サービスにログインする必要があります。
国立国会図書館オンライン(ヘルプ(11.デジタル化資料送信サービス 3利用規約))
デジタル化資料送信サービス(ログイン画面)
個人向けデジタル化資料送信サービスについて

ログインしても個人向けデジタル化資料送信サービスを利用できない場合は、以下のページをご覧いただき、「11-5 困った時は」に記載の表の「確認する点」に該当するケースがないか、ご確認ください。
国立国会図書館オンライン(ヘルプ(11.デジタル化資料送信サービス))

図書館向けデジタル化資料送信サービス(図書館送信)を利用する場合は、来館予定の図書館送信参加館へ利用方法の確認をお願いします。
図書館向けデジタル化資料送信サービス
図書館送信参加館一覧

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスも利用できます。
遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。