国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

リウマチ. 37(3)

情報
操作方法

目次・巻号

  • リウマチ
    • 1950~1959 (3)
    • 1960~1969 (27)
    • 1970~1979 (46)
    • 1980~1989 (61)
    • 1990~1999 (60)
      • 1990 (6)
      • 1991 (6)
      • 1992 (6)
      • 1993 (6)
      • 1994 (6)
      • 1995 (6)
      • 1996 (6)
      • 1997 (6)
        • 37(1) [57]
        • 37(2) [217]
        • 37(3) [69]
          • シェーグレン症候群患者の乾燥症状に対する塩酸ピロカルピンの有用性 / 高屋正敏 ; 市川幸延 ; 山田千穂 ; 保科裕一 ; 堀木照美 ; 内山光昭/p453~457
          • リウマチ疾患における抗カルパスタチン抗体の認識する自己抗原エピトープとその臨床的意義に関する研究 / 安岡秀剛 ; 菅野康夫 ; 渡辺知佳子 ; 金子祐子 ; 岡智己 ; 野島崇樹 ; 松村麻実 ; 藤井隆夫 ; 三森経世/p458~466
          • 米国リウマチ学会のコアセット(ACRコアセット)による慢性関節リウマチの活動性の評価(多施設共同研究) / 岡野裕 ; 秋月正史 ; 近藤啓文 ; 川合眞一 ; 鈴木康夫 ; 竹内勤 ; 松岡康夫 ; 川口鎮司 ; 柏崎禎夫/p467~475
          • 臨床 半月体形成性糸球体腎炎を合併した慢性関節リウマチの1例 / 中村正 ; 有馬省哉 ; 鶴田敬郎 ; 松原三郎 ; 坂口満 ; 若松志保 ; 冨田公夫 ; 束野通志/p476~482
          • 臨床 痙攣重積を示したMPO-ANCA陽性進行性全身性硬化症の1例 / 爪生原貴子 ; 森田須美春 ; 山田克己 ; 馬杉治郎 ; 山田浩幸 ; 長谷川裕 ; 横野浩一 ; 春日雅人/p483~486
          • 臨床 全身型若年性関節リウマチに続発したマクロファージ活性化症候群の1例 / 今川智之 ; 片倉茂樹 ; 森雅亮 ; 相原雄幸 ; 満田年宏 ; 横田俊平/p487~492
          • 臨床 Remitting Seronegative Symmetrical Synovitis with Pitting Edema(RS₃PE)症候群の2症例 / 佐野元昭 ; 岡本晋 ; 山脇健盛 ; 坂内通宏 ; 目黒知己 ; 滝田節 ; 成島勝彦 ; 鈴木則宏/p493~498
          • 臨床 足趾潰瘍・壊疽に中等量のステロイド療法が著効を示した全身性硬化症(CREST症候群)の1例 / 山田悟 ; 亀田秀人 ; 平形道人 ; 大曽根康夫 ; 三森経世 ; 池田康夫/p499~503
          • 反応性関節炎 reactive arthritis / 小林茂人/p504~513
          • 編集長への手紙(Letters to the Editor) 本学会評議員を対象にした「リウマチ医とは」などに関するアンケート調査結果 / 吉野槇一/p514~515
          • 日本リウマチ財団薬効検定委員会報告 日本リウマチ財団薬効検定委員会による抗リウマチ薬・療法の臨床試験実施基準 / 井上哲文 ; 川合眞一 ; 東威 ; 浅井富明 ; 近藤正一/p516~520
          • 総会告知(2)/日本リウマチ学会認定医制度規則の改正および同規則の特例措置について/'97年度(第10次)認定医の募集および資格認定試験/'97年度(日本リウマチ財団リウマチ登録医を対象とした特例措置による)認定医の募集および資格認定試験/'97年度(日本整形外科学会認定リウマチ医を対象とした特例措置による)認定医の募集および資格認定試験/'97年度(第10次)指導医募集/'97年度日本リウマチ学会教育施設募集および継続申請/日本リウマチ学会教育研修会―'97年度RAの病態と治療をめぐるミニ・国際シンポジウム/広畑和志先生の憶い出 //巻頭
          • 96年度第4回幹事会報告/日本リウマチ財団教育研修委員会から/JJR Vol.7-1目次/日本医学会への加盟申請についての公示/サーモグラフィ専門医およびサーモグラフィ技士資格の認定について/おわびと訂正 //p521~530
          • 日本リウマチ学会認定医制度規則 //p531~534
          • 日本医学会だより(No.17) //p535~536
          • 医薬品副作用情報(No.142) //p537~538
          • 緊急安全性情報 ヒト乾燥硬膜の使用中止について //p539~541
          • 緊急安全性情報 気管支拡張剤ベロテック®エロゾル(臭化水素酸フェノテロール定量噴霧式吸入剤)の過量投与と喘息死について //p542~543
          • “リウマチ”投稿・発行規定 //巻末
        • 37(4) [94]
        • 37(5) [63]
        • 37(6) [88]
      • 1998 (6)
      • 1999 (6)
    • 2000~2009 (6)

リウマチの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3424723/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。